カレーを辛くする方法に「ラー油」ってアリ?

スポンサードリンク

カレーを辛くするには、塩コショウやガラムマサラなどスパイスを足してみるのは試しています。しかし、ラー油ってどうなのでしょうか。

ラー油は餃子や変わり物ではラーメンに入れることがありますし、食べるラー油が流行った頃はカレーに入れるラー油なんかも店にありました。果たしてカレーにラー油を入れるとどうなってしまうのか?

入れるならどんなラー油がお勧めなのか?では、見ていきましょう。

カレーのイラスト

カレーにラー油を入れるとどんな味?この技あり?

YES!個人的にはとっても美味しいです。この裏技アリです!

味の変化は?

■子供も食べられるように甘口カレーを使った場合

→ ラー油の味がかなり濃く辛くなります。油感もあります。

■中辛以上の大人のカレーに使った場合

→ しっかりラー油とカレーがマッチして、ラー油で全体の辛さが引き立ちます。

それもそのはずです。メーカーのHPにはスパイス検索欄に「カレーの辛さ調整スパイス」というのが設けられていて、そこにラー油一式が掲載されています。裏技というよりは、メーカー的には、ごく普通にカレーの辛くする方法としてラー油を提案しているようです。

カレー

カレーを辛くするのにラー油を使用した料理方法は?

煮込むときなのか?辛みが飛ばないように最後に入れるのか?それともお皿の上で個々に入れるのか?どれも間違いではないものの、辛くするという点ではどれが一番良いと思いますか?

辛くしたい時には、皿に盛った後に、直接ラー油をかける!と良いです。

注意点…最初からたくさんかけずに、少しずつ増やしていきましょう。カレー味を感じないくらいラー油をかけて口の中がホットな状態になってしまってはカレーのスパイス達が役目を果たせず可愛そうです。

ちなみに煮込む時に入れると、辛みがややまろやかになっていきます。ツンとくる辛みを欲するのでしたら、直前が断然おすすめです。

スポンサードリンク

カレーを辛くするラー油の豆知識

そもそもラー油とは?

植物油(一般的にはごま油、まれになたね油など)に唐がらしの辛みを付けた物です。その為、辛みはメーカーによって違ってきます。

ご存知だと思いますが色は光沢のあるオレンジ色や赤味のあるものなど様々です。これもメーカーにより色々ですが、唐がらし成分で赤くなっているのに加え、パプリカなどの赤味色素を配合して鮮やかな色になっていることもあります。

味の調整は

  • ゆっくり加熱すると辛味成分が抽出できる!
  • 加熱し過ぎると苦みがでる!
  • 一味唐がらしや七味唐がらしを一緒に加熱するとより辛みのある調味油にもなる!

ラー油=辣油の「辣」の意味は?

熱を伴う辛さという意味があります。

以上のことより、カレーを辛くする方法としてはラー油が役割を十分果たしてくれます。もっともっと辛くしたい時には、一度、ラー油に唐辛子を入れてゆっくり加熱してから使うとより一層辛みを味わえます。

少量のオイルの為、焦がさないようにゆっくり弱火で見張りながら調理下さいね。

カレーを辛くするラー油のおすすめ商品

ラー油は食べるラー油ブーム以来、スパイスメーカー以外でもご当地ラー油などたくさん店頭に並んでいますが、お勧めをご紹介します。

<大量に使う人の常備として>

ハウス食品 カレーホット270g 715円ぐらい

  • 業務用ですが270gなので市販のドレッシング程度の大きさ
  • カレー1皿に小さじ2分の1程度で辛さとスパイシーさを増すことができる!

<家庭用>

ユウキ食品 激辛四川ラー油 55g 300円ぐらい

  • 四川特有の花椒の香り
  • 中華料理店の唐揚げスパイスの柑橘の風味のようなスパイスが足されているイメージ!四川風の辛みと香りが良いカレーになる!

<家庭用>

ハウス食品 辛みオイル31g 150円ぐらい

  • カレー風味のラー油
  • カレーパートナーシリーズでカレーにトッピングする為のラー油。カレーに入っているスパイスなどの香辛料が入っているので、よりカレー風味もつけつつ、辛みもつけることが出来る!これでスープカレーも作れるほどのカレーに適したオイル!

まとめ

カレーを辛くする方法としてラー油はあり!だということがわかっていただけたでしょうか。

アリなんてもんではないですね。隠し味としてお勧めしたいです。しかもメーカーによってラー油にも特徴があるので、色々試してみると良いですね。激辛好きの方にはラー油に唐辛子をさらに加えるなんて、かなり辛みを楽しめそうですね。

カレーの香りもさることながら、ごま油や花椒の香りも楽しめるラー油はおすすめです。少量ずつ使うことがほとんどなので一度に食べ比べることは難しいですが、是非、毎回違うメーカーを試して辛いカレーをお楽しみください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする