カレーを辛くするにおすすめの香辛料!ガラムマサラって知ってますか?

スポンサードリンク

おやっ。今日のカレーは何故だか辛くないな。もう既にカレーのトロミはついているのに、どうしよう。辛さだけを強くしたいなあ。子供用カレーを大人向けに辛くしたいなあ。そんなつぶやきでこのページにたどり着いたかと思います。

市販のカレールーの中には、およそ30種類以上のスパイスが入っています。何を入れたら辛くなるのでしょうか?

カレーを辛くするお勧めの香辛料をご紹介します。また、せっかく香辛料をカレー用に買ってそれ以外に使わなければもったいないだけです。その香辛料を使った簡単レシピもご紹介していきます。

カレーのイラスト

カレー辛くする香辛料は?その特徴でお好きに配合!

カレーを辛くする香辛料でお勧めなのは、こしょう系のブラックペパーや唐辛子系のカイエンペパーです。

ブラックぺパーなら常備している家庭も多いでしょう。では、他にカレーの香辛料の中で辛さを感じさせるのは次のスパイスです。それぞれの特徴をみて、求めている辛さにあわせて足してみましょう。

こしょう系

●ピリッとして舌をつくような刺激的な辛さと香りが特徴

こしょう、ブラックペパー、ホワイトペパー(白いコショーの為、ホワイトカレーなど料理の色を邪魔したくない時に使用)

唐辛子系

●口の中が一瞬で熱くなるような辛さが特徴

チリパウダー、カイエンペパー、チリペパー、唐辛子、レッドペパー

にんにく

●鼻につくピリッとした辛さが特徴(熱を加えると辛さが若干弱くなる)

しょうが

●ピリッとした辛さが特徴(熱に弱い為、最後に使うと良い)

ガラムマサラ

●インドで調合されている混合スパイスの総称

インドでは家庭によって配合が違います。一般的にはカルダモン、ブラックペパー、クローブ、クミン、コリアンダー、シナモンなどカレーの辛さと香りが詰まったスパイスになっています。

ガラムマサラは聞きなれないかもしれませんが、恐らくスパイス売り場には1本はあると思います。これ1本でカレーの風味や辛さ調整が可能です。

我が家はカレーの時は食卓に1本置いて、家族は皆それぞれの味の微調整をしています。また、市販ルーを使わないスパイスだけのカレーを作るときも、最後はこれで調整します。重宝します。

スポンサードリンク

カイエンペパーやガラムマサラの他の利用法

100円程度とはいえ、せっかく珍しいカイエンペパーやガラムマサラを買うのであれば、他に応用したいし、それができなければ購入をためらいますよね。簡単レシピをご紹介します。

カイエンペパー

赤味のある唐辛子の粒子でピリッと辛みがあるため、色と辛みにアクセントを作る!

(レシピ)

スープ:ビシソワーズやホワイト系のポタージュなどを器に盛り、最後に中央に1、2回振りかけます。

→ 彩りが作れる上に、少しピリッとした感じが全体の味を引き立たせます。

そのほかアヒージョの最後に加えたり、焼いた鶏肉にかけたりすると良いです。

ガラムマサラ

(レシピ)

・マッシュルーム炒め:マッシュルームを油で炒め、ガラムマサラと塩を振りかけるだけ!

・スパイシーコロッケ:コロッケの下味に、加えます。

→ 共にカレーの香りが食欲をそそります。ビールのおつまみにもお勧めです。

・そのほか、ナシゴレンやチャーハンなどに加えると良いです。

カレー

いつもの市販カレールーが今日は辛くない理由

市販のカレールーでいつも通りに作ったつもりなのに、辛くないということがあります。その理由として一番多いのが

「ジャガイモなどでトロミが出ているので、ルーを規定量入れていない可能性大!」

なのです。レシピ通りに野菜や水のgを量って作る方は大丈夫ですが、意外に手慣れた主婦などがやりがちなのです。適当に野菜を鍋に入れ、水もひたひたで、そこで…「ルーを良い感じのトロミが出るくらいに適当に入れてしまう」ことで何となくカレーっぽくなります。

しかし、味見をしてみると辛くないしカレーの味が薄いのです。しかし、これ以上ルーを入れるとドロンドロンになりそう…というのが良くある失敗です。

野菜などは適当でも最後には、トロミではなく、鍋に入っている分量に見合った量のルーを入れましょう。既に鍋の中がドロンドロン状態であれば、水でのばしてからルーを足すと良いです。

まとめ

カレーを辛くする香辛料についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

辛みを足すスパイスは、結構ありました。できればガラムマサラは1本持って置くと便利です。瓶の香辛料は賞味期限が結構長く2年ほど可能です(それぞれの期限をご確認ください)。その為、他の利用法を2,3レシピ知っておけば、宝の持ち腐れにはなりません。

辛くするスパイスでご紹介したものは、一般的に流通しているものです。スパイスは使い始めると味のバリエーションができて楽しいです。

少しずつ、種類を増やしてみませんか?スパイス売り場をのぞいてみましょう。最終的には市販のカレールーに頼らないスパイスカレー(意外に簡単で、カロリーを抑えて安価に作れます!)も夢ではありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする