油を捨てる方法|牛乳パックに入れるは有り?

スポンサードリンク

天ぷらをカラッと揚げるには、たっぷりの油が良い…わかってはいるけれど、たくさん油を使うとその後の処理が面倒です。

油を捨てるには固める薬剤や、固まる工夫や何かに浸みこませるなど色々ありますね。牛乳パックに入れる方法は賛否ありますが、いったいこれはお勧めできるのか?お勧めの理由は何なのか?みんなはどうしているのか気になります。

牛乳はあまり飲まないから油を捨てる方法に牛乳パックは利用できないという方の為に、他の捨てる方法もご紹介しますので、どうぞ最後までご覧下さい。

牛乳パックのイラスト

油を捨てるのに牛乳パックがお勧め!

油は可燃ゴミです。その為、通常のゴミ袋にいれることが出来ます。油を捨てる時には牛乳パックに入れれば、破けないし漏れにくいからお勧めです。

<捨てる油を牛乳パックに入れる方法>

  1. 空になった牛乳パックの上部(飲み口のところ)の封を完全に開ける。
  2. 小さなボロ布をパック半分ぐらい入れる(新聞紙でもOKですがあまり油を吸いません)。
  3. 油をゆっくり牛乳パックに注ぐ。
  4. 上部を元の形に戻す。できれば、上部を戻した後、そこを少し押すと蓋の部分がぺちゃんこになります。=牛乳パック全体が直方体になるともっと良い。

※牛乳パックはどうせ捨てるので洗わなくて結構です。

※こぼれないように。上部を蓋にするので多すぎてあふれそうなら無理に1本に入れようとしない。

<注意点>

油は冷えてから入れましょう。

理由①熱い油で火傷の恐れがあるから

理由②天かす火事のように、油とすきま空気で酸化反応による火事にならないように

絶対に油は排水溝に流さないでください。熱いうちは流れているように見えますが冷めたら固まり、後々の排水詰まりの原因になります。

ちなみに牛乳パックで油を捨てるのをあまりお勧めしない人の理由は、新聞紙があまり吸わないからのようです。しかし、やはり次の理由からもやはり、牛乳パックに油を入れて捨てることをお勧めします。

油を捨てる時に牛乳パック!まだいい事あり!

牛乳パックは日ごろから生ごみ入れに利用しておく!

我が家では流しの中に三角コーナーは置いていません。生ごみ水切り袋もありません。というのは流しの中に何かを置くと、ヌメリ取りなど手入れが面倒…それだけの理由です。

その為、牛乳パックを流しに1本置いて、それに生ごみをどんどん入れていくのです。牛乳パックのゴミがいっぱいになったら、パックごとゴミにポイっとすればよいので楽です。それに…。

牛乳パックは紙が強い=結構ギュウギュウに詰め込むことが出来る=ゴミ袋の中で場所を取らない=指定のゴミ出し袋代節約になる。

と良い事ばかり。その為、油を捨てる時には生ごみも入った牛乳パックの中に注いでいます。すると少々熱いままの油でも生ごみとからみあって火事の危険なく捨てることが出来ます。

油を捨てる際に、牛乳パック以外の方法

お一人でたっぷりの油を使って、多すぎる油を捨てる方法がないかなあと困っている方に、牛乳パック以外の方法をご紹介します。

<ポリ袋>

身近にあるコンビニの小さ目の袋など、貯まってしまい困っていませんか。あれは、生ごみや紙くずを捨てる時に使うと、空気を抜けばコンパクトになるのでゴミ出し袋の中に、よりたくさんのゴミを入れることができ、節約にもつながります。

油を捨てるにはビニールに穴が開いていると困るので袋を二重にして使うことをお勧めします。

<固まる市販の薬剤>

市販の油凝固剤はもちろん良いですが、購入費用がもったいないので自分は使いません。その代わりになるものが…

<片栗粉、小麦粉>

熱いうちに油と同等程度振り入れます。市販の薬剤のようには固まりませんが、ザラッとした感じにやさしく固まるので袋に入れて捨てることが出来ます。これも、捨てる際には冷めてからにしてください。

まとめ

油を捨てるとき、牛乳パックを利用する方法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

普段から牛乳パックを生ごみ用にしておけば、牛乳パックをリサイクルに出しに行く手間も省け、一石二鳥以上です。大変良い方法ですが、お伝えしましたように、くれぐれも熱い油ではなく冷ましてから捨ててくださいね。

油はだいたい5回も使えば色が濃くなってドロっとしてきます。もう替え時です。我が家は天ぷらは週1程度の頻度で家族人数が多い為、わざわざオイルポットに入れるまでもなく油が減っています。

ちょうど捨てるには良い量です。一人暮らしの方は、油を使うのは手間の方が気になって天ぷらは敬遠がちですが、片栗粉で固める方法だと苦になりませんね。お菓子作りも含め油物も是非、安心して料理してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする