やらなきゃ損?大根の保存の仕方!大根葉炒めや切り干し大根への有効利用!

スポンサードリンク

道の駅などで新鮮な大根をまるごと1本手に入れたものの、豚汁やぶり大根などに使っても使っても無くならない…そう思っているうちにとうとう大根が黒ずんできたり、しなびてきたりと残念な姿になってしまうことがあります。

家族が多い自分でさえも、いつも間にか使えない状況の大根になっていたことがあります。

そんな日々ともおさらばできます!大根の保存には大きなコツは2つだけです。そらなら、やらなきゃ損!そう思えてきます。

そして、通常の食べ方の他に、大根葉の活用や大根の皮だって数日間お世話をするだけで簡単に食材として有効利用できます。簡単な事柄ばかりなので是非、真似してみてください。

大根

大根を買ったらまずやりたい!大きく2つの作業が保存を長くする秘訣!

大根を買ったら2つの作業をすることで、より長く保存することができます。大根の保存方法は色々と紹介されていますが、すぐ使うから大丈夫…なんて思ってやらないこともあるのではないでしょうか?肝心かなめの2つ!これだけはやっておきましょう。

大根の保存に大切な事1:大根の葉の部分は切り落とす

大根の葉は成長し続けます。その為、大根の栄養分や水分が葉にとられないように、葉の部分を切っておきます。大根を横にして葉の付け根部分から2~3cmほどのところで切り落とします。

大根の保存に大切な事2:新聞紙で巻いて冷蔵庫で保存する

大根などの根菜は育った時のように縦で保存するようにと良く言われますが、長い大根を野菜室で縦に置くのはなかなか難しいです。

そこは気にしない!気にしてほしいのは、大根の乾燥を防ぎ、水分を蒸発させないことです。軽くぬらした新聞紙に大根をくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保管します。

煮物用に大根を保存する際に冷凍庫もおすすめ!

大根を冷凍保存することもおすすめしたいのですが、冷凍すると水分量減少により食感が変わり、サラダなどで食べることはできなくなります。でも…冷凍保存すると煮物の味つけが上手く行きます。冷凍することが面倒だと思わない方にはおすすめします。

「冷凍保存した大根は味がしみるのでおでんや煮つけが簡単にできる!」

冷凍保存すると大根の組織破壊が進み、味がしみやすくなります。その為、煮物などをすると美味しく仕上がります。

冷凍庫での保存の仕方

  1. 大根を使う用途をイメージしてカット(おでんや豚汁など好みの形)
  2. 表面の水気をペーパーで拭いて冷凍保存袋に並べる(重ならないようにすると取り出しやすいが重なってもOK)
  3. 袋を締める最後に中の空気をストローなどで可能な限り吸い出して真空パックのようにペッタンコにする
  4. 冷凍庫へ(1ケ月程保存可能)

冷凍庫で保存した大根の使い方

煮物などには冷凍庫から取り出したままをすぐに調理に使用します。

大根おろしも冷凍可能で、おろしてから同様に冷凍保存します。大量に作って保存すると便利です。

実は簡単!大根を保存する時に出た大根葉と大根の皮の有効活用方法!

大根葉をほんの数日の水替えを行うだけで葉が成長してごはんのお供になることは知っていても、まさか自分が切り干し大根まで作るとは想像していませんでした。時短料理が大好きな面倒なことが苦手な自分でも作ることができる簡単な切り干し大根の作り方もご紹介します。

大根葉の有効活用

白い大根の部分を2,3cm残した状態のままコップなど小さい容器に浸します。毎日(基本的には毎日ですが忘れることもあり!)水を入れ替えるだけで、1週間もすると20cmほどに葉が伸びます。

ただし、大根葉の根元に新芽が残っていない程にカットした大根葉は成長しないので若干、小さな葉が見えるものを買いましょう。

大根葉の調理:大根葉の根元あたりからカットして軽く洗います。1cmぐらいにカットしたらフライパンでしょうゆとごま油で味付けして完成!ごはんにのせて食べましょう!

大根の皮の有効活用

調理で切った大根の皮を捨てずに長さ10cmぐらい、幅5~8mm(1cmよりは細い程度)に切り、ザルなどに置くだけ!あとは、太陽があたる室内において乾燥させる。

寒暖などの差で乾燥して縮まっていくので昼夜の温度差は大歓迎!注意点は屋外に置くと鳥につつかれてしまう為、陽の当たる部屋での室内干しが良いです。先端が丸く縮むので指で可能な限りのばしてあげます。これを1週間程繰り返すと乾燥します。

大根の皮(切り干し大根)の調理

大根の皮を熱湯で10分ほどつけて戻す。1口サイズにカットしてシーチキン、塩もみきゅうりとマヨネーズ、酢醤油で味付けして食べます。

まとめ

大根の保存には葉をカットして濡れた新聞紙を使うことでしっかり長持ちさせることが出来ます。大根葉は栄養があると言われています。炒めると少しになってしまいますが、少しずつでも体に摂り入れてみましょう。

切り干し大根は煮つけにするものだと思っていましたが、給食で人気なメニューとして洋風切り干し大根サラダというのがありました。

ご紹介したシーチキンとマヨネーズを使うレシピです。こんな食べ方ならお子様も大好きなメニューになることでしょう。では、大きな大根を無駄なく惜しげなく全部食べてしまいましょう。いただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする