シミを隠すメイク方法|シミ隠しに効果的な化粧下地の色は?

スポンサードリンク

シミを隠すメイクアイテムといったらコンシーラーですが、そのコンシーラーをもってしてもなんだかシミが上手く隠れない・・・。

コンシーラーを使ったところだけ厚塗り感があって不自然な気がする・・・。

シミが気になり始める20代後半以降の女性であればこんなことってありませんか?

そんな時は使用している化粧下地やファンデーションの色を見直してみると良いかもしれませんよ。なんとなくいつものベースメイクに気になるシミはコンシーラーで部分対策、という方法を繰り返していませんか?

コンシーラーさえあればシミは隠せると思い込んでいませんか?

もちろんシミを隠すのに一番効果的なアイテムはコンシーラーですが、どうしても気になるシミだけを重点的に重ねてしまうので違和感のある仕上がりになってしまうことがあります。

シミを上手に隠すには化粧下地の色にも選び方のコツがあります。ここでは気になるシミを隠したいという女性におすすめの化粧下地の色についてお伝えしていきます。

化粧品のイラスト

化粧下地とコントロールカラーに違いはあるの?意外と知らずに使っているアイテムの疑問

みなさんの多くはファンデーションを塗る前に化粧下地を使っているのではないでしょうか?

またコントロールカラーも組み合わせているという方も多いですよね。

ところで下地とコントロールカラーの違いについてはご存知でしょうか?

意外とこの両者の違いについて知らずに使っていたという方も多いようです。

まず化粧下地についてですが、こちらはその上に塗るファンデーションのノリや持ちを良くしてくれるというものです。

毛穴をカバーしたり化粧崩れを防ぐという役割があるので、ファンデーションをスーッとムラなく乗せられます。

クリームタイプやリキッドタイプ、パウダータイプなどどのタイプのファンデーションを使う場合も化粧下地を使用した方が仕上がりはキレイになります。

また、皮脂が気になるという方も化粧下地を使用しておけばファンデーションの色ムラを防ぐことが出来ます。

次にコントロールカラーについてですが、こちらはくすみや赤み、青みなどお肌全般の色に関する補正をしてくれるというものです。

適した色を使用すればお肌がグンと明るく綺麗に見えますし、シミを隠す際には実は重要な役割を果たしてくれるのです。

コンシーラーと合わせて使うなら化粧下地兼コントロールカラーで色んな肌悩みが解決できる!色は○○がおすすめ!

コントロールカラーは広範囲のシミにも対応できますし、あらかじめコントロールカラーで整えておけばコンシーラーを使用する量も少量で良いので自然な仕上がりになります。

コントロールカラーを使用すればお肌全体をカラー補正してくれるので、シミのある箇所だけをコンシーラーで隠すのに比べて隠した箇所が目立つこともなく周りのお肌の色と馴染みがよくなります。

最近では化粧下地とコントロールカラーが一体になったものがあります。コンシーラーと組み合わせて使うならこの化粧下地兼コントロールカラーがおすすめです。

もちろん化粧下地とコントロールカラーを使い分けても良いと思いますが、化粧下地、コントロールカラー、コンシーラー、ファンデーション・・・と重ねれば重ねるほどメイクがヨレやすくなりますしお肌への負担も多くなります。

特にシミが気になる箇所にはコンシーラーをついつい何度も重ねてしまいますよね。コントロールカラーには様々なカラーがありますが、シミにはイエローやオレンジがおすすめです。

イエローやオレンジのコントロールカラー機能がある化粧下地を選べば、これだけでほとんどシミが気にならなくなる場合もあります。

また隠したいシミが多い時もコントロールカラーは欠かせませんね。

まとめ

コンシーラーは部分的なシミを隠すのには便利ですが、ついつい重ね過ぎてしまうと厚塗り感や悪目立ちしてしまうことがありますよね。

コンシーラーを使用する前にコントロールカラー機能のある化粧下地でカラー補正をしておくと、コンシーラーを使用してもとても自然な仕上がりになりますよ。

コンシーラーをより効果的に使うためにも化粧下地やコントロールカラーを使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする