アロマオイルで香水の代用?!簡単なアロマ香水の作り方とは?

スポンサードリンク

普段に使う香水がアロマオイルを使って手作りで代用出来るってご存知ですか?

アロマオイル(精油)は植物から抽出した天然100%のエキスで、それぞれに香りの違いがあります。

それを使って香水を作ると自分の好きな香りになるようにブレンドをすることが出来るので、同じ香りを付けている人が他にはいない自分だけの香りを纏うことができるのが魅力です。

普段使っている香水に飽きてきたという方や市販の香水に好みのものがないという方はアロマオイルを使って香水を作ってみてはいかがでしょうか?

ここではアロマオイルを使って作るとても簡単な香水代用品の作り方についてお伝えしていきます。

アロマオイルのイラスト

アロマオイルで作る手作り香水は楽しい!

アロマオイルをストレス対策や日々の癒しアイテムとして取り入れている方は多いですよね。でもアロマオイルで作った香水を使っている方はまだまだ少ないんです。

手作りの香水で使用するアロマオイル(精油)にはそれぞれ香りの違いや効能があるという事はご存知の方も多いと思います。

香水のイラスト

アロマオイル(精油)は植物から抽出された天然成分100%のエキスなので、それぞれの植物が持つ効能には美容面や健康面で多くの効果が期待がされています。

そのため、手作りの香水でアロマオイルを使用する際にもアロマテラピー効果(アロマによる療法)を味わうことができてしまうのです。

アロマオイルはもちろん好きな香りで選んでも良いですし、取り入れたい効果をメインに選ぶのもおすすめです。

また、アロマオイルを使って作る香水は合成の香料による香水と違い、ふわ〜っと優しく香るのが特徴です。出先でちょっと気分転換に使用するなど、気軽に使うことができます。

アロマオイルで作る香水代用品の魅力は何と言っても「香りを作る楽しさがある」ということです。季節に合わせて好きな香りをいくつも作ることが出来ますし、気分や体調に合わせて香りを選ぶ事も出来ます。

自分が一番好きな香り、一番癒される香りを纏うことが出来るので気持ちも前向きになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アロマオイルを使った香水代用品の作り方とは?

それではアロマオイルを使って作る香水代用品の作り方についてお伝えしていきますね。まず、用意するものは

  • アロマオイル(精油)
  • エタノール
  • 保存用遮光瓶

です。ここで使用するのはパフュームオイルやフレグランスオイルではなく、植物からエキスを抽出した天然成分100%の精油です。

また、水溶性アロマオイルは香りの種類も多く、香りの持続性も比較的あるものもありますが、乳化剤を使っている場合もあるのでお肌に直接付着しても大丈夫なものかどうか事前に確認をしてくださいね。

  1. 材料を用意したら、保存容器にエタノール10mlにアロマオイル20滴〜を目安に入れてよく振り混ぜます。
  2. アロマオイルをブレンドして香りを作る場合は全部のアロマオイルの合計が20滴〜になるようにブレンドしてくださいね。
  3. アロマオイルの滴数はオーデコロン程度で良いのかパフュームにするのかどうかによって変わってくるので、香りを嗅ぎながら調節してみてください。

アロマオイルは合成の香料に比べると香りの持続性があまりありません。なるべく香りを持続させたい場合は、ベンゾインやベチバーなどの香りの保留剤の役割があるアロマオイルを取り入れると良いですよ。

女性のイラスト

まとめ

アロマオイルを使って香水の代用品を作ることについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

アロマオイルを使って作る代用品の香水は、作り始めると自分の好きな香り作る楽しさにハマる人がたくさんおります。

また、作り方や材料もとても簡単なものなので朝の隙間時間にササっと作って季節やその日の気分に合わせた香り纏うこともできます。

香りはその日の気分を前向きにしてくれるアイテムの一つなので、ぜひ香り作りの楽しさを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする