メロンパンの名前の由来とは?家庭で食パンがメロンパンに変身?

スポンサードリンク

大人になればメロンパンはメロンの味ではないことは理解しますが、小さいころは「メロン」という名前に取りつかれて、いつかはメロンが入った本物のメロンパンがあるはずだと思っていたものです。

メロンパンは上にかぶせられたクッキー生地に特徴があります。由来は諸説あるようですのでいくつかご紹介していきます。また、食パンにクッキー生地をのせれば家庭でメロンパンの味が楽しめます。簡単なレシピなのでそれもご紹介します。

メロンパンのイラスト

メロンが入っていなくても「メロンパン」と呼ぶ名の由来とは?

メロンパンにはメロンの果肉も果汁も入っていません。メロンパンと呼ぶようになった由来は諸説あります。どの説が正しいかは想像の世界のままです。しかし、それぞれ納得できる内容なのでご紹介します。

由来1:表面がマスクメロンの模様に似ている!

容易に連想できます。マスクメロンに見立てて作ったというよりは、上部の生地に格子状の切れ目を入れたのが、マスクメロンの筋のようだったからメロンパンになったと言われています。一般的にはこの説で知られています。

しかし、さらに現実味がありそうな説があります。

由来2:メレンゲパンがなまっていつしかメロンパンに!

上部などにのせるクッキー生地がメレンゲ(卵白と砂糖を泡立てたもので、焼くと軽い焦げ目がつきサクサク食感になる)で作られていたというのですが、メレンゲで作られたメロンパンは今まで自分はみたことがありません。

もしもこの説が正しいのなら、たまには流通していても良いような気がしますが…はたして真相は?

由来3:メロンエッセンスを加えて作っていた!

現在では、メロンパンという名前に近づける為にメロンクリームを入れたり表面を緑に着色したりと工夫されています。歴史的には1910年頃に日本で発祥となっているので、その時代にメロンエッセンスなど使っていたのでしょうか?疑問が残ります。

このような説がありますが、やはり単純に①の格子状がメロンに似ていたというのがスッキリして納得いきます。

メロンパンの発祥はいつ?どこで?

メロンパンは日本が発祥の地とされています。外国人が日本のメロンパンがおいしいと聞いて、日本にやってくるほどです。この発祥についても諸説ありました。

フランスの焼き菓子であるガレットを元にして発明した!

パン職人がフランスパンとドイツパン双方の製法に精通していて、それぞれの技法などを生かして作られたと言われています。

駒込木村屋が作った新しい菓子パンだった!

その形状がメロンパンに似ている為、これが発祥ではないかと言われています。

日本人がアメリカから持ち帰った。
メキシコ菓子コンチャやドイツのストロイゼルクーヘンが前身

などが由来ではないか?といった諸説があります。

メロンパンを食パンアレンジで簡単に作る方法とは?

メロンパンは表面のサクサク、ザクザク、カリカリという食感が美味しいです。中身は正直普通のパンです。

このメロンパンの表面さえ作れれば、家庭で簡単にメロンパンが食べられます。極端に言えば食パンがなくてもメロンパンの表面だけを作って食べることが出来ます。おいしいですよ。

尚、パンが上に飛び出すタイプのトースターでは作れません。横にして焼けるトースターやIHが必要です。

食パン2枚分の作り方

食パンをつかってメロンパンを作る方法について説明します。

  • 室温で柔らかくしたバター30gに砂糖30gを入れ、すり混ぜる。
  • 薄力粉50gを入れてゴムベラ(なければしゃもじ)で切るように混ぜる。
  • ボロボロの状態の②を袋に入れて軽く冷やす(溶け出ない程度の固さまで)。
  • 食パンに③を広げ、縦横にバターナイフの側面などを使って格子を描く。
  • ④にグラニュー等をまんべんなくかける。
  • 食パンを10分程焼く(クッキー生地がサクサクになるまで)。

生地だけではサクサクカリカリでグラニュー等をふることでザクザク感が出ます。余ったら冷蔵庫に置いておけば、次回使えます。朝の食パンアレンジにいかがですか?

まとめ

メロンパンの名前の由来は、想像した通り単純にメロンの模様に似ているというものでした。メロンパンの表面は自宅で超簡単にできます。お子様でも感覚を覚えれば自分で出来てしまうでしょう。

実は、このメロンの表面レシピはもともとクッキーシュ―用でした。シュークリームの上がメロンパンのサクサクのような感じのものがありますね。あのシュークリームが出来上がるのです。サクサク感は何にでも応用出来ます。

いつも作っていると軽量せずにスプーン何杯分のような感覚でテレビを見ながらでも作れます。是非、お試しください。サクサクのメロンパンがいつでも食べられますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする