呼子のイカのシーズン(旬)はいつ?おすすめは1人1パイの活き造り!

スポンサードリンク

九州に転勤で来た人が口々に「九州のイカは透明だ!」と言います。

そして、佐賀県の呼子を紹介して、実際にそこに行ってみると

何でこんなにイカが安いの?

「東京でもイカの活き造りは食べることができるけど、高いもん!」

と興奮気味になっていました。

イカの活き造りって高そう…。いえいえ、呼子の名物であるイカはお手頃価格で食べられます。格式ある料理店って高そう…。いえいえ、大丈夫!是非、九州、佐賀県に行くなら寄ってほしい風情ある呼子の町並み、そして漁港です。

そんな呼子のイカが旬の時期や、おすすめの食べ方をご紹介します。生のイカが苦手な人でも活き造りを注文しています。いったい、なぜでしょう?

想像を膨らませながら読んでみてください。もう、たまりません。早く食べたくなります。

イカのイラスト

呼子のイカのシーズン(旬)はいつ?

佐賀県呼子は名物となっておりますが、そのシーズン(旬)はいつかご存知でしょうか。答えを言うと、呼子の名物イカは年中食べられます。年中、旬のようなものです。

佐賀県北部海岸線の唐津市に位置する呼子でとれるイカは「剣先イカ(けんさきいか)」です。その名の通り先が剣のようにとがっているのでこのように呼ばれます。

剣先イカはヤリイカの種類で王様とも呼ばれる甘味を感じられるイカで、加熱しても固くなりにくいという特徴をもちます。通常は真冬以外の時期に水揚げされるイカです。

真冬以外の時期に水揚げなら、「真冬に行ったら駄目ではないのか?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

真冬には今度は大き目で太った形の厚みある身の「あおりイカ(ミズイカとも言われる)」も水揚げされます。あおりイカが目当てなら、この真冬のシーズンしかありませんが、単にイカ目的ならオールシーズンいけるのです。

どちらも新鮮なままイカの活き造りで食べることができます。時期を気にせず行けるので、お休みのドライブの計画に入れてみてください。

  • 真冬以外:剣先イカ
  • 真冬:あおりイカ
スポンサードリンク

呼子のおすすめ「イカの活き造り」!値段は?

呼子に来たら、やっぱり「イカの活き造り」は、はずすことができません。

では、佐賀県呼子のイカは実際のところ、どれぐらいの値段で食べることができるのでしょうか。気になりますね?

気になるお値段ですが、なんと1人1パイの立派なイカの活き造りがついた定食が「2,500円」前後で食べられます。1パイというのは、聞き慣れない方もいるかも知れませんが、まるごと一匹のことを言います。

イカの活き造りなんて接待や大人数で食べるもの…なんて思っていませんか?呼子では大学生のドライブだというのに、イカの活き造りを注文しています。

大勢のグループで割り勘しているのでは?いえ、カップルで来ても必ず注文します。生のイカが苦手であっても、刺身を食べなければ後で全部、天ぷらなどに再調理してくれます。

イカの活き造り定食の内容

イカの活き造り定食は内容はどんなものなのでしょうか。だいたい、こんな感じになっております。

【価格】2,000~2,500円ぐらい

  • 注文するといけすから網でイカを取り上げます。
  • イカの活き造り、赤だし味噌汁、サラダ、魚の煮つけ、ごはん、香の物、イカしゅうまい、デザートなど
  • イカの活き造りは最初は醤油で刺身をいただきます。
  • 残った胴体やゲソ(足)は天ぷらや塩焼きなどにしてくれます。

イカの活き造りの楽しみ方は?

イカの活き造りの楽しみ方について簡単に紹介したいと思います。

イカの活き造りが来たらまず、ツンツンとお箸でイカを触ってみてギラギラッとイカの斑点ができるのを楽しみます。子供はびっくりして、それ以降手をつけなくなる可能性がありますのでご注意を。

ただ、「本当に新鮮なんだなあ」と思う瞬間でもあり、同時に透明度のある綺麗なイカに見とれてしまいます。シャキッと歯で噛めてしまう身は噛んでいるうちに甘味が増してきます。呼子のイカだ~と毎度喜んでしまいます。

活き造りの後の残ったイカというよりは活き造りはとりあえず楽しんで、天ぷらのイカが楽しみでもあります。衣とイカがわかれることがなくシャキッと切れる天ぷらは格別です。

イカの活き造り定食でお腹いっぱいになっていても、

「イカの天ぷらはまだ食べたい、もう1パイ追加しようか。」

と思ってしまうほど美味しいです。その為、せっかく活き造りを頼んでも細く切られたイカの刺身はほぼ残して天ぷらにしてもらう人もいます

天ぷらにするのに別料金は不要です。イカの活き造り=残りの調理までがセット価格です。

イカの天ぷらのイラスト

呼子のイカは活き造りの他にどんな料理がおすすめ?

呼子といえばイカの活き造りの有名ですが、その他にも「イカしゅうまい」というのが人気です。

イカしゅうまいの味や食感は…簡単に言えば「イカしんじょ」です。ふわっふわで、酢醤油につけて食べるとイカの甘味や、店によってはイカの食感も楽しめます。あんかけにアレンジしている店もあります。

フードプロセッサーでイカをすり身にして大き目のしゅうまいの形にして、皮は包むのではなく、細く切った皮をすり身の周りにまぶしつけてヒラヒラの衣のような感じにして、それを蒸したものがイカしゅうまいと呼ばれています。

呼子萬坊というレストランが発祥といわれる料理でもあり、呼子名物になっています。呼子ではイカをとってもとっても余るほどあったことから加工できるイカしゅうまいというメニューが生まれたと言われています。

恐らく特に注文しなくても、呼子で定食を注文すると必ずと言っていいほどついてきます。また、持ち帰りや通販などもあります。

シュウマイのイラスト

まとめ

佐賀県の呼子のイカについて熱く語ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

呼子はイカの種類にこだわらなければ、オールシーズンでイカ料理を楽しむことができます。

イカの活き造りは呼子に観光に行くならぜひ食べてほしいし、呼子に行ったといえば恐らく「イカすごかったでしょ。」と聞かれるので、食べないで帰ってはもったいないです!

1人1パイついた定食でこの値段!と嬉しくなるし、食べても嬉しくなる呼子のイカはおすすめです。書いているだけで口の中で甘い噛みごたえが再現されてきました。

むしょうに食べたくなるイカの活き造り定食、新鮮なイカが食べられる佐賀県呼子へどうぞ足をお運びください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする