縮まない太良の牡蠣の旬の時期はいつ?おすすめ牡蠣小屋3選!

スポンサードリンク

縮まないまま大きな牡蠣焼きを楽しめる佐賀県太良町の「太良の牡蠣」正式には「太良竹崎カキ」をご存知ですか。

普通、牡蠣といえば焼いたら縮むものですが、太良のものは焼いても本当に縮まないのです。牡蠣エキスもたっぷり閉じ込められた太良の牡蠣を是非ご賞味ください。

しかし、牡蠣ってシーズンものですよね。岩ガキなら夏場に旬を迎えますが太良の牡蠣は普通のものなので冬がシーズンのはずです。

  • 太良の牡蠣の旬の時期は?
  • おすすめの牡蠣小屋は?

などについて、ご紹介していきます。

牡蠣のイラスト

太良の牡蠣はこのシーズンを狙うべし!

ボリューム満点の佐賀県太良の竹崎カキは秋~春先までがシーズンです。具体的には11月から3月の間が狙い目です。焼いても縮まない牡蠣を狙って県外のナンバープレートをつけた観光客もたくさん訪れます。

竹崎カキの特徴

  • ぷりぷりとして1つ150gという重み
  • 水分が少ない為、焼いた時に身が縮みにくい
  • 牡蠣汁はたっぷり出て来る
  • 口に含んだら甘味と旨みが広がる

口に含んだら甘味と旨みが広がるのは、生育している有明海の塩分濃度が一般的な海より薄い為です。また、焼いた時に身が縮みにくいので、牡蠣本来の味が濃く感じられるのです。このように良い事尽くしです。だから太良の牡蠣は満足できて美味しいのです!

スポンサードリンク

太良町でおすすめの牡蠣小屋はこの3つ!

今や全国に牡蠣小屋がありますが牡蠣小屋の発祥は太良町と言われています

牡蠣小屋には牡蠣の他にも有名な竹崎カニやイカや貝類が食べられます。牡蠣めしもありますし、牡蠣は殻付きで持ち帰り用にお得なお値段で購入できます。

イカのイラスト

太良の竹崎カニはワタリガニの種類です。有明海の干満の差にひそむプランクトンなどは絶好のカニのエサとなり、これまた特別においしいエキスを蓄えられるカニになるという仕組みです。牡蠣のシーズン以外でもこの竹崎カニが食べられる年中おいしいスポットです。

太良の有明海沿い国道207号線には多数の数えられないほどの牡蠣小屋が並んでいて、「たらカキ焼き海道」と呼ばれています。多すぎてどこに入ったらいいのかわからないという方のために私のおすすめ店を3つご紹介します。

太良の牡蠣ならココがおすすめ1:勇栄丸(ゆうえいまる)

<勇栄丸の特徴>
  • オーシャンビューの客席は足がすくむほどで、下界は海の景色!
  • ポイントカード持参で炭代が無料になる!
<勇栄丸のメニュー>
  • 炭代:1テーブル300円
  • 竹崎牡蠣:1かご1,000円で10個ぐらい入っています。
  • サザエ:1個200円
  • はまぐり:1かご500円
  • 他に竹崎カニ、帆立、カキフライなど
<勇栄丸の店情報>
  • 住所:佐賀県藤津郡太良町大字太良4227-7
  • 営業時間:10:00~17:00(10~3月までの営業)
  • 店休日:元旦
  • 駐車場:多数あり

太良の牡蠣ならココがおすすめ2:大成丸海産

<大成丸海産の特徴>
  • 白浜海水浴場目の前の砂浜と有明海が眺望できる
  • アヒージョなどの変わりメニューもいただける
<大成丸海産のメニュー>
  • 炭代:1テーブル200円
  • 竹崎牡蠣:1かご1,000円
  • カニめし:1,000円
  • 竹崎カニ:1匹小サイズ1,500円ぐらいからの時価
  • エビ、イカなど
<大成丸海産の店情報>
  • 住所:佐賀県藤津郡太良町大浦丁1878-1
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 店休日:不定休
  • 駐車場:40台

太良の牡蠣ならココがおすすめ3:三宝

<三宝の特徴>
  • 海岸沿線ではあるのですが道路をはさんで海と反対側に位置する!(海は見えます)
  • なのに、おすすめの理由は牡蠣の時期は店休日がないこと!(元旦が休日の小屋が多い中こちらは営業しており、助かりました)
  • 海の幸が豊富(海鮮土産屋のイメージ、あれもこれも選びたくなります)
  • たくさん食べてもお買い得だった気分になれる店
<三宝のメニュー>
  • 炭代:1テーブル300円
  • 竹崎牡蠣:1かご1,000円
  • 竹崎カニ:1匹1,000円~
  • ほたて:1枚300円(ほたてを勧められます。おいしい焼き加減を見に来て教えてくれます。)
<三宝の店情報>
  • 住所:佐賀県藤津郡太良町大浦丁野上2454-4
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 店休日:なし(夏が不定休)
  • 駐車場:あり

海のイラスト

まとめ

太良の牡蠣のおすすめ時期やおすすめの牡蠣小屋などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

佐賀県太良町は有明海に面しています。有明海といえば広大な干潟で有名です。干潟ってスゴイ。理由は、どこまでも続く干潟で歩いて遠くまで行けるので楽しく遊べたのが、時間が経つと激変しています。

実際に宿泊したホテルの夕方の景色では、真下には三輪車がありました。それなのに…翌朝は夢でもみているかのように、その三輪車の場所は波などのレベルではなく既に海水に浸っています。車1台分は浸っている深さです。干潟ってこんなにも干潮と満潮の差があるのだと思い知らされました。

その有明海はおいしい海の幸の宝庫です。思いっきり海の味を楽しむことができるので、ドライブコースにするも良いのですが、太良町には多数の宿泊施設があります。

海辺のホテルや民宿を利用してみてください。竹崎カニや牡蠣を堪能して絶景の海を見られる露天温泉につかって楽しく過ごせます。縮まない太良の牡蠣を是非お召し上がりください。感動しますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする