バレンタインデーに高価なマカロンを贈るのは意味がある?

スポンサードリンク

毎年訪れる2月14日のバレンタインデーそしてその1ケ月後のホワイトデーに何を贈ろうかと悩みます。彼氏と一緒に女性が食べる為にランクアップしたゴディバやベルギーチョコレートを購入する方もいますね。

その中、チョコレートではなくマカロンという選択肢も定番になりました。カラフルでマカロンカラーという名前ができる程、可愛い色でクシュッと崩れて甘く広がる美味しさはあっという間に日本でも知られるようになりました。

そのマカロンは買うととっても高い!しかし、マカロンを贈ることは大きな意味があるのです。男性がその意味を理解してくれるかどうか?

それは、このような記事で広げていかなくては。簡単なマカロンレシピも準備しましたので、普段レシピサイトなどご覧になられない方もご挑戦ください。では、マカロンの特別な意味とは何か探っていきます。

マカロンのイラスト

バレンタインデーに贈るマカロンは「○○な人」という意味があった!

なんと、気になるマカロンの意味は「大切な人」「特別な人」「特別な存在」なのです。

マカロンは高いです。あんなに小さいのに1つ200円程、いえ、それ以上もあります。そのことから、高価なものを渡すほどの大切な特別な人という意味になりました。

意味を知ってしまうと、次にマカロンをもらったらドキッとしてしまいます。と同時に200円が〇個だから…と合計価格を計算する現実的な人もいるでしょうね。

バレンタインデーのみならず、ホワイトデーにもマカロンを選ぶ意味も同じ?

男性がホワイトデーにマカロンを選ぶ理由はバレンタインデー同様に「大切な人」の他に勲章などの敬意もあらわしているのだそうです。

ただ、男性で値段を気にしながら食べ物を買う人を自分はあまり見かけたことがありません(きちんと気にしている男性には申し訳ないですが…)。その為、男性がどこまで値段を気にして高価なものをプレゼントした気持ちになっているのかは、疑問に思うところです。

男性が女性への贈り物をするときにマカロンのように可愛い色とりどりのものだと、これでいっか…と値段を気にせず手に取ってしまうのかもしれません。

何はともあれ、もらうとやっぱり嬉しいマカロンです。自分で買うのは高いですからね。

スポンサードリンク

結婚式にはマカロンタワーを使うけど、その意味も大切な人?

最近の結婚式会場にはマカロンタワーが置いてあり可愛いです。例えるならば魔女の縦長の帽子のような形でその側面に色とりどりのマカロンがペタペタ貼り付けられている置物です。本物のマカロンだと潰れたり、割れたりするので粘土細工であることが多いです。

結婚式でマカロンタワーを置くのは、丸い形がメダルを表し、勲章であり特別なことを意味する縁起物になるのからです。

フランスにはシュークリームを重ねて高さの分、祝福されているという縁起物のお菓子がありますが、それよりも、はるかに可愛いい見栄えの良いマカロンタワーです。このマカロンが全部本物だったら良いなあなんて思ってしまいます。

バレンタインデー!特別な人に手作りマカロンはいかがですか?

高価なマカロンとこれだけお伝えしたというのに、実はマカロン製作費用はお安いです。恐らく壊れやすい為、ロス分が値段に反映し、高くなった?と推測します。

大切な人に「マカロンを作った」と自慢してみませんか?型など不要で、覚えやすい35gという数字で手軽に安くすぐに作れます。

マカロンの作り方50個分(中に挟んで組にすると25個分)

<材料>

①卵白1個分

②グラニュー糖35g

③粉砂糖35g、アーモンドパウダー35g

<作り方>

  1. ①を1分ぐらいハンドミキサーで泡立てる
  2. ②を加えソフトクリームのように先端にツノが立つまで泡立てる(4分ぐらい)
  3. ③を加え下記注意点の通りマカロナージュする
  4. 絞り金でオーブンシートを引いた鉄板に絞る
  5. 1時間放置(表面が乾いて指につかないくらい)
  6. オーブン140℃で15分⑦チョコやジャムなどを挟む

マカロナージュの工程が勝負です。ボールの側面にゴムベラ(なければしゃもじなど)で中身をこすりつけるように1周、反対方向に1周。これを5回ぐらい繰り返し、すくってドテッはダメで、タ・ラ・リぐらいの落ちた生地でリボン形ができるくらいが最高!

周囲も「えっ手作り?」と驚いてくれ滅多に食べられないマカロンが、大量に食べられることで更に喜んでもらえます。マカロナージュさえ成功すれば簡単に作れます。

まとめ

バレンタインデーやホワイトデーにマカロンを送る意味についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

マカロンは高価=大切、特別という連想は出来ます。高いから購入する際、本当に迷いますね。今回は

  • バレンタインデーにマカロンを贈るのは「大切な人」「特別な存在」という意味があった。
  • ホワイトデーのマカロンも同じ意味があった。
  • マカロンには勲章などメダルのような形から「勲章・敬意」という意味もあった。

ことがわかりました。我が家のラガーマン大学生は料理に縁遠いのですが「食べたくなった」といってマカロンを夜に突然1人で作るほどに簡単です。特別な意味を持つほど高価なマカロンを作れるなんて、女性として更に「特別な存在」になるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする