ホホバオイルの気になる効能とは?おすすめな2つの使い方!

スポンサードリンク

アロマオイルを芳香浴で取り入れている方は多いですよね。アロマオイルを使うのに慣れてきたら芳香浴以外の使い方もしてみたいと思いませんか?

アロマオイルはスキンケアやマッサージに取り入れる事ができ、それぞれの植物の効能や香りによる効果にも期待する事ができます。

アロマオイルをスキンケアやマッサージなど直接お肌に使用する際に欠かせないのが「キャリアオイル」です。アロマオイル(精油)は植物から抽出した天然成分100%のエキスで、その植物の成分が凝縮されたとても濃いエキスです。

そのため、アロマオイルをスキンケアやマッサージなどに使用する際はアロマオイルを直接お肌に塗る事は出来ないので、キャリアオイルなどで希釈して使うのが基本です。また、水には溶けにくいという性質を持つアロマオイルも油には簡単に馴染んでくれます。

キャリアオイルにはホホバオイルやローズヒップオイル、スイートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイルなど様々な種類があり、それぞれのキャリアオイルに効能があります。中でも特に人気のキャリアオイルがホホバオイルです。

ここではアロマオイルをこれからスキンケアやマッサージなどに取り入れたいと思っている方へ、キャリアオイルとしておすすめのホホバオイルについてお伝えしていきます。

美しい髪の女性のイラスト

おすすめなのはこんな人!ホホバオイルの気になる効能

さて、アロマオイルをスキンケアやマッサージに取り入れようと思い立ったらキャリアオイルを選ぶことからスタートですが、どのキャリアオイルを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そんな方におすすめなのが「ホホバオイル」なのです。ホホバオイルは乾燥肌・混合肌・脂性肌、様々なタイプのお肌に使用する事が出来るという特徴があり、キャリアオイルを初めて購入する方にもおすすめです。

ホホバオイルは人の肌に馴染みやすい成分で出来ていて、お肌を健康に保ってくれる効果が期待出来ます。

もちろん頭皮や髪への効果も発揮してくれることも期待できます。私も肌荒れやニキビ、毛穴の黒ずみなどの肌トラブル時にホホバオイルをスキンケアに取り入れて改善した経験があります。

また、湿疹や炎症などの皮膚炎やアレルギー症状の緩和の効果も期待できます。さらに、ホホバオイルは保湿力にも優れているので、普段のスキンケアにはもちろんですが日焼け後の敏感なお肌へもぴったりです。

その他、ホホバオイルには抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも期待できます。

スポンサードリンク

キャリアオイルにホホバオイル!使い方を紹介

ホホバオイルの効能については先にお伝えしました。

キャリアオイルにホホバオイルを選べば自分の肌の状態が変化しても万能に使うことが出来そうですね。

そんなホホバオイルをキャリアオイルとして使用するおすすめの使い方は、マッサージオイルやヘアケアです。

ホホバオイルを使ったマッサージオイル

マッサージオイルを作る場合はホホバオイル全体量に対して〜5%の割合のアロマオイル(精油)をよく混ぜます。

マッサージに使用するアロマオイルは症状に合わせて選んでも良いですし、香りを重視してその日の気分や体調に合わせて選んでも良いですね。

何種類かのアロマオイルをブレンドするのもおすすめです。マッサージオイルは足や腕、背中、腰など全身に使用することができます。

ちなみに私は気持ちを前向きにさせてくれるが期待できるオレンジスイートやリラックス効果のあるバニラやベンゾイン、ゼラニウムなどの精油を使うことが多いです。やはり好きな香りが一番リラックス出来るかもしれませんね。

ホホバオイルを使ったヘアケア

ヘアケアにホホバオイルを使用する場合は、ホホバオイル10mlに対して〜5滴ほどのアロマオイルを混ぜます。

お風呂上がりのドライヤー前に使用しても良いですし、頭皮クレンジングとしての使用もおすすめです。

ホホバオイルでの頭皮クレンジングは、頭皮の汚れが綺麗になり臭いが気になる時期にはピッタリです。またホホバオイルには優れた保湿効果があるので、頭皮クレンジング後は髪の毛はしっとりとして心地よい重みでまとまりますよ。

まとめ

今回はホホバオイルをキャリアオイルとする2つの使い方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホホバオイルは様々な肌タイプや症状に使用することが出来るとても優秀なキャリアオイルですね。初めてキャリアオイルを購入する方はまずはホホバオイルから揃えると良いかもしれません。

ホホバオイルがあればお手持ちのアロマオイルの使い方の幅もきっと広がりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする