クッキーとビスケットとクラッカーやサブレ!何が違う?違いを教えて!

スポンサードリンク

お菓子作りが大好き!

クッキーは得意だけれど、サブレが食べたいと言われて、はて?サブレって膨らんでいるもの?食感が違うもの?そもそも違うものなの?と全くレシピのイメージがわきません。

一度知っておいた方が良いかなと思い、結果を皆さまにもお伝えします。どうせ調べるならビスケットとかクラッカーの違いも見てみます。イメージ的にはクラッカーは砂糖を不使用でパイ生地に近いもの。

ビスケットとサブレは同じもの…だなんて思っているのですが、どうなることやら。では、これらの違いを知るために1つ1つご紹介していきます。

クッキーのイラスト

クッキーってどんなものをそう呼ぶの?

国によってクッキーの定義は違います。

  • アメリカ:ビスケットやクッキーは全てクッキーと呼びます。
  • イギリス:柔らかくてもちもちとした食感があるものがクッキーと言っています。
  • 日本:糖分と脂肪分の合計が40%以上のものがクッキーです。

調べてみると面白い!国によってこんなにも定義が違うんですね。アメリカみたいに大雑把な分類に比べ、日本はこんなにも細かい定期が設定されております。内容は別としても国の特徴がつかめた感じです。

ビスケットってどんなもの?

ビスケットも国によって定義が違います。

アメリカのビスケット

スコーンのようにふくらみのあるものをビスケットと呼びます。

確かに、ファーストフードのケンタッキーフライドチキンで販売されている、ハニーメープルを付けながら食べるパンのようなものはビスケットという名前です。ベーキングパウダー使用により、ふっくらしたものが出来上がります。

イギリスのビスケット

硬くてサクサクの食感であるものをビスケットと言います。

日本のビスケット

硬めに焼いた菓子をビスケットと呼び、砂糖とバターが40%以下のものがビスケットという定義があります。

ケンタッキーフライドチキンのビスケット

ビスケットと言われて思い浮かべるのは、グリコが販売しているビスコという幼児期から食べているお菓子です。あの硬さがビスケットだというイメージが定着しています。

その為、ケンタッキーフライドチキンのビスケットが柔らかいので、どうしてビスケットという名前にしたのだろうと疑問に思っていましたが、定義が違うのですね。

スポンサードリンク

クラッカーってどんなの?

クラッカーも国によって定義が違います。

  • アメリカ:塩味の焼き菓子のことをクラッカーと呼びます。
  • イギリス:薄く焼いたものなのでクラッカーではなくビスケットと呼びます。
  • 日本流:イースト発酵した甘くない生地で、パンとお菓子の間の位置づけでクラッカーと呼びます。

アメリカではクラッカーを食べる人が多いですね。塩やバターなど多く使うので、あまりたくさんは取らない方が良いと思うのですが…。

クラッカーのイラスト

サブレってどんなの?

サブレはフランスの基本的にはお菓子です。小麦粉に対し、バターなどの量が大変多い為、サクッ、ザクッとした食感になります。また、フランスでは焼き菓子といえばサブレになります。

アメリカ・イギリスのサブレ

サブレはフランスのお菓子の為、定義がありません。ベーキングパウダーが入っていないと硬めで膨らみがないため、アメリカ的にはクッキーとひとまとめになるのでしょう。

また、イギリスではべーキングパウダー不使用のお菓子はビスケットとなるので、サブレという定義はありません。

日本のサブレ

バターなどの比率がビスケットやクッキーより2倍多いもの。豊島屋の鳩サブレーが有名です。一見クッキーなのですが、とてもやわらかくて美味しいです。バターがたくさんはいっているからだったんですね。

バターのイラスト

日本流の見解でいくと、サブレというのはクッキーを食べるより油脂量が多いってことになります。なるほど。自分はよくお菓子を作りますが、レシピ検索の際に砂糖やバターが少ないものを選んでいます。

その為、自分はサブレを作ったことが無かったのですね。少しでもカロリーオフで作れれば嬉しいですから、これからもサブレは作らないかもしれません。

まとめ

クッキーとビスケットとクラッカーやサブレ、すべて似たようなお菓子ですが違いはわかりましたでしょうか。

国によって定義の違いはありますが、日本では砂糖やバターなどの材料の割合で異なってくることがわかりました。

お店のクッキーなどは美味しいものもあります。しかし、そう感じるときはバターの風味がしっかりしていて、結構カロリーが高いんだなあと思いながら口にしています。

しかし、自宅で作ればカロリーは計算できるし風味より味が好みであれば良いので、そこそこカロリーは抑えて作ることができます。ちなみにクラッカーがバターも多くカロリーが高いと思ったのですが、そうでもないようです。

カロリーは1枚当たりでいくと、クッキーやビスケットが他のサブレ、クラッカーより若干だけ高かったです。ほんの少しだけですけれど。

正直、この部類のお菓子は全てバターと砂糖が使われており、炭水化物の小麦粉もたっぷり使いますので、ついつい食べ過ぎると高カロリー摂取につながります。気を付けてください。

4種類は違うようで近い存在でしたし、日本があまりに定義を作ってしまっているので、このような疑問も生まれるのでしょう。

アメリカみたいに大雑把な気分になるのもいいなあと思いながら、大好きなお菓子を食べて癒されて、現実では裏面の1枚あたりのカロリーを見て、調節して食べていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする