キャラ弁が苦手な人にオススメの 100均グッズ!

スポンサードリンク

キャラ弁が苦手で、作るつもりはないものの何かとお弁当箱が華やかになれば良いなあと思っている人は多いのではないでしょうか?

子供だましではありますが100均ショップを最大限活用することでいつものお弁当であっても「何か可愛い感じ」に仕上がります。カップやバラン(おかずとおかずを壁でしきるアレ)はもちろんのことキャラ弁が苦手な人でも超簡単で便利に使えるグッズがあればいつものお弁当が大変身します。

今回はすぐに使いたくなる100均ショップのお弁当グッズをご紹介します。そしてキャラ弁に力を入れたくない人にオススメできない買わない方がよい100均グッズもご紹介しておきます。

お弁当のイラスト

キャラ弁が苦手でも可愛く見える100均の弁当グッズ定番以外のおすすめ!

キャラ弁にしなくても100均グッズを置くだけで可愛く変身させてしまうおすすめのグッズをご紹介します。

定番はカップやバランですが…

これらはカラフルで絵柄も可愛いのがあるのでそれを使用するのは当たり前すぎるのでそれ以外のおすすめグッズをご紹介します。

型作りに嬉しい100均グッズ

ゆで卵を動物に変身させる卵サイズの型

ゆで卵を普通に作り、殻をむいて熱いうちにこの型入れておくだけで勝手に卵が変形して動物の顔などに変身します。うさぎや寅などがあります。

生卵を花などの形にゆでる(蒸す)型

シリコン製の型に生卵を入れてフライパンなど浅い器具に湯をはって茹でるとゆで卵が型通りに出来ます。花形や星型があります。

スポンサードリンク

包丁いらずの形取り100均グッズ

クッキー型

ハムやチーズや薄焼き卵などをクッキー型で抜くだけです。柄を多数準備するよりは大きさを多数準備すると使い勝手が良いです。

というのも、同じ花びら型でも大中小で揃えて、ハム、チーズ、卵を型抜きして大きいサイズを下にしながら重ねます。すると豪華な花に見えてきます。

ウインナーカッター

買わずに包丁で出来るのなら不要ですが、ウインナーを押したり挟んだりするだけで動物や各種花柄などの形になるのでいつものウインナーに変化が生まれます。ただ、ウインナーのサイズが小さ目でないと型に入らないこともあります。

スポンサードリンク

キャラ弁が苦手な人におすすめできない100均お弁当グッズ

キャラ弁が簡単にできるグッズとうたったお弁当作り用100均グッズもありますがキャラ弁が苦手な人の為に、使い勝手の良くないグッズもお知らせしておきます。

キャラ弁を勉強していきたい人には良いのですが、そもそもキャラ弁など本格的にしたくないけれど豪華さや可愛さを求めている人には知っておきたい内容です。

ノリパンチやハサミ

ノリを可愛く形取りする「押すだけ簡単」と言われているものですがノリがベトベトくっついてきてカッターの切れが悪くなってしまい、すぐに使えなくなるものが多いです。

ノリでパーツが準備できても他にはデコペンなどで絵描きをするなど作業が必要なこともあります。ボリュームにはつながりません。数回は楽しいのですが面倒になり続きません。

細かいアルファベット抜き型や動物抜き型

商品説明には「I LOVE YOUなどでお弁当に愛情を載せましょう。」なんて記載があるのですがお弁当を開ける頃には字がバラバラになっていたり蒸気でしんなりヨレヨレになっていたりして思うほどに可愛くありません。

デコペン

先端がペンのようになっているので容器にケチャップやマヨネーズなどを入れると文字や絵が簡単に描けるという優れものと言われています。お弁当を作った瞬間は可愛いです。

しかし、持ち運ぶうちに具材がぶつかり描いたものはぐちゃぐちゃになってしまいます。絵描きのセンスも必要で、頑張ったわりには見栄えがイマイチになるのでオススメできません。

おにぎりフリフリ

サッカーボールのような丸いおにぎりやうさぎなどを作る型で中にごはんを入れてフリフリします。出来立ては可愛いですが持ち運ぶとごはんが崩れることもあり、可愛くありません。

ん?あくまで個人的な体験談です。上手に使っている人もいるはずなのですがキャラ弁に力を入れていない自分としては不要なグッズでした。

まとめ

キャラ弁が苦手な人でもご紹介したオススメグッズは毎日活用できる優れものだと思っています。オススメしなかった商品はお弁当作りに慣れたころに徐々に挑戦してみると良いと思います。

いきなり頑張るとお弁当作り自体が苦になってしまいます。定番グッズにはピック(うずら卵やウインナーなどを刺すもの)やくまさん型のソース入れや可愛い絵柄の抗菌シートなどを上手に組み合わせて華やかな弁当風に見せてみましょう。

毎日のお弁当作りは無理しないことが長続きの秘訣ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする