秩父温泉 ・満願の湯は紅葉の時期の眺めがおすすめ!

スポンサードリンク

埼玉県秩父観光で、温泉にも入りたいとお考えの方は満願の湯は如何でしょうか。

鉱泉ではありますが、広い内風呂と露天風呂が売りの日帰り温泉施設です。今もやっていたらですが、5時からは割引になるサービスもあります。観光につかれて、お風呂で疲れを癒すというのもいいかもしれません。

駐車場も広く、車での利用がお勧めです。バスも運行しています。入口には提灯が目印の日帰り温泉施設です。宴会場もあり、二階にも休憩所があります。

満願の湯で特におすすめなのは、紅葉の時期の眺めです。

温泉のイラスト

満願の湯とは?

満願の湯はもともと旅館だったのかもしれません。20年くらい前に、内風呂しかなかった温泉施設でしたが、工事をして露天風呂を作りました。

名前を募集してその候補が現在の露天風呂名になっているようです。県道284号線と、下に川が流れています。建物は二階建てで、なんとなく民家みたいなたたずまいです。川の流れる音を聞きながら入る温泉はなかなか格別です。

満願の湯のお風呂は?

内風呂と露天風呂になります。サウナも完備されております。大きな内風呂と、サウナ用の水風呂。シャンプーや石鹸も完備。タオルと着替えだけで入浴が出来ます。

鉱泉の為沸かし湯ですが、室内はやや熱い気がします。やはり露天風呂の方が長く入っていられます。黄金の湯・宝登の湯と二つ露天風呂はあり、これが日替わりで入れ替わる事になっています。

下に鯉が泳いでおり、見下ろすと錦鯉などが見れます。(大雨が降るといなくなっている事があります)かなり高い所からの景色なので、川の流れる音を聞きながら、眺めは最高です。

紅葉の時期の眺めがおすすめ

満願の湯は5時から割引にはなるんですが、木々に囲まれたお風呂なので、紅葉時期には眺めがいいですね。かなり、おすすめです。

夕方遅くになってしまいますが、それなりにライトアップされて紅葉が綺麗です。その分5時からだとしたの鯉が見にくくなります。

秩父なので若干平地よりは、紅葉時期が早いとは思います。11月頃が見ごろではないでしょうか。これからが紅葉シーズンですので、露天風呂に入りながらというのはいいと思います。露天風呂までの通路がやや遠いので、冬場は寒いのですがお湯につかるとほっとします。

スポンサードリンク

満願の湯は食事が充実

黄金めしというのがあるらしいです。情報では以下の通りです。

和銅と黄金めしのいわれ. 今を遡ること1290年前、慶運5年武蔵の国、秩父郡からわが国初の銅が産出され朝廷に献上されました。かなり歴史のある食べ物らしいです。

その他、食堂には秩父の名産や料理があります。売店もありますから、お見上げをここで購入するというのもいいと思います。地元でとれた野菜なども、下駄箱前で販売しています。

かなり安い上に、新鮮なので帰りに購入するのもいいと思います。秩父の郷土料理に堪能し、お見上げも買えるので、行楽地の帰りにはお勧めな場所ではないでしょうか。

満願の湯のその他の情報

【利用料金:営業時間】

  • 大人900円(平日800円)、子供450円(平日400円)
  • 営業時間10:00~21:00(受付20:30)
  • 定休日年中無休

【所在地】

  • 住所埼玉県秩父郡皆野町下日野沢4000

【アクセス方法】

140号沿いに、金崎という交差点手前にセブンイレブンがありますが、ここを秩父方面に向かう側からすると右折します。そこから県道44号線を真っすぐです。

【温泉成分】

単純硫黄泉(水素イオン9.3ph)アルカリ性、冷鉱泉

【効能】

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、消化器病、痔、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病、健康増進、糖尿病、美肌

まとめ

秩父の中でもあまり温泉というのは少ないほうですが、家族連れでもかなり楽しめる施設です。最初はやや解りづらい所に施設がありますが、山の中という事もあって自然が豊かです。

夏には鈴虫の声もありますし、冬場も実はあまり雪が降らないところで利用がしやすいという事で、埼玉北部にいる人はよく利用しやすい施設となっています。秩父の観光という事で一つ参考にして頂ければと思います。日帰り温泉施設として充分活用できます。

ニックネーム:ネオ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする