沖ノ島@千葉県館山市は自然と歴史を感じさせる絶景スポット

スポンサードリンク

関東地方の南部にある千葉県は南側半分が房総半島になっており太平洋と東京湾を分けていますその房総半島には風光明媚な観光名所が数多くあります

中でも房総半島の南端にある館山市には絶景ポイントがいくつもありその一つが沖ノ島です

沖ノ島は館山湾の南側に位置する高さ12.8m面積4.6ha周囲1kmの陸続きの無人島です南房総国定公園の中にあり8000年前の縄文海中遺跡や世界的に注目されている北限域の珊瑚など貴重な自然が残されています

沖ノ島@千葉県館山市

沖ノ島は実は陸続きの島?

実は沖ノ島は明治の頃まで海を隔てたでした

房総半島は有史以来隆起を続けておりその証として海底1000mより深海に生息するシロウリガイの化石の出てくる場所があります

また長い年月をかけて隆起したことで沖ノ島では時間という歴史を感じさせる地層を目の当たりにすることができます沖ノ島が陸続きなった理由はその隆起にあり隆起の起きた主な原因は地震です

実際に1923年(大正12年)関東大震災では2m近く隆起しました長い年月を経て次第に浅くなった海に砂が集まるようになり昭和の時代を迎えて陸地と繋がります白い砂浜には様々な色と形をした貝殻を見ることができます

南房総を代表する陶磁器のような艶やかさと光沢を持つ数種類のタカラガイが色々なところに現れますまた岩場にはイソギンチャクやフジツボカイメンが棲んでおり小さな潮だまりの中には小魚の群れが気持ち良さそうに泳いでいます

さらに岩浜の波打ち際ではヤドカリやイソガニウミウシエビなどが暮らしています

縄文時代の遺跡「沖ノ島遺跡」

沖ノ島には沖ノ島遺跡呼ばれる縄文時代の遺跡があります

時代としては最後の氷河期が終わった今から8000年~10000年前になります沖ノ島に住んでいた縄文人はイルカ獲って暮らしていましたイルカの化石とともに石包丁として使われる黒曜石が発見されており当時の生活がうかがえます

また浜辺を散策しているとイルカの耳の見つけることができ地元の子供にはお宝として喜ばれています

スポンサードリンク

沖ノ島の沼サンゴ

沖ノ島では6000年前の地層から沼サンゴという珊瑚の化石が出てきます6000年前のため沖ノ島遺跡よりは新しい時代のものになります沼サンゴのできた原因は縄文海進です

縄文海進というのは今から19000年前に始まった氷河期の後の温暖化による地層の上昇のことで6000年前がピークになっています

当時は今より海水面が2~3m高くまた気候も今より温暖だったことで100種類の珊瑚が生息し珊瑚礁が形成されます度重なる海水面の低下と地層の隆起によって標高20mのところから珊瑚の化石が見つかっています

その時代の珊瑚化石が沼サンゴ呼ばれその地層が沼サンゴ層名付けられています

沖ノ島の珊瑚

沖ノ島の海は東京湾とは思えない綺麗な水の世界が広がっています沖ノ島は日本の南岸を流れる暖流黒潮影響を受けるためか南の島で見られる生物を観察することができます

例えばキクメイシやニホンアワサンゴエダミドリイシイボサンゴトゲイボサンゴなどが生息しており日本における北限域の珊瑚まで目にすることができます

また夏になると真っ青なソラスズメダイやツノダシクマノミオヤビッチャカゴカキダイなどまるで南洋の海に来たかのようです

沖ノ島はシュノーケリングで珊瑚が観察できる貴重なフィールドになっていますシュノーケリングで珊瑚を観察する体験ツァーを楽しむこともできます

まとめ

沖ノ島は単に景色が美しいだけではなく太古の昔から残された自然の姿が見ることができますそれは海だけではなく島全体に広がる自然の森も同様です

森の中は生い茂る枝葉によって陽の光が遮られており昼でも薄暗く感じますそこではタブノキやシロダモマサキなどの暖温帯の植物を数多く確認できます

ちなみに沖ノ島では多くの洞窟を見ることができます洞窟は自然にできたものではなく戦争の名残です館山は東京湾の入り口に位置するために見張りの場所として使われその時に掘られた洞窟が現在も残っています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする