軽井沢おもちゃ王国の見どころは?|おもちゃの部屋・アスレチック

スポンサードリンク

家族3名(父、母、長男)で、夏場に思い出に残るところはないかな〜ということで、検索し訪ねてきました。

検索していく中で、候補はたくさんあったのですが、夏場でしたので、外で遊びながらも、ある程度気温が高くない避暑地であればいいな、ということで検索した結果、軽井沢こども王国に行くことになりました。

ジェットコースターや小さい子供でも遊べるトイがたくさん入っているところ、スタンプラリー、などとにかく体を動かし、頭を動かし楽しむところでした。

ジェットコースターのイラスト

軽井沢おもちゃ王国ってどんな場所?

とにかく、たくさんのことを経験できる場所です。乗り物もありますし、川釣り(釣り上げたものはその場で食べます)、アスレチック、小さなボルタリングもあり。

本当にたくさんのアクティビティのあるところです。施設の名前には、おもちゃ、とありますが、おもちゃだけではなく、子供達が頭と体をふんだんに駆使し、楽しめる施設だと思います。

軽井沢おもちゃ王国の見どころは?

上述した通り、たくさんのアクティビティがある場所で、小さい子供から、活発な小学生までが思い出を作れる場所です。

園内は3つのカテゴリーに区分けされており、①おもちゃの部屋。その名の通り、おもちゃがたくさんあって、室内で遊ぶところがメインです。

②アトラクションエリア。遊園地のように乗り物に乗るのがメインの場所になります。

③自然アスレチックエリア。川釣りやアスレチックを体を使って乗り越えていったり、アクティブな場所です。我が家の長男は小学校1年生の時は自然アスレチックエリアがとても楽しく、多くの時間を過ごしていました。

特に、ヘルメットをかぶって、課題を乗り越えていくアスレチックの中で、ボルタリングのようなものがあり、そこが一番時間を使っていました。

過去を振り返れば、小さい頃はおもちゃエリアで過ごすことが多く、保育園幼稚園でアトラクションに憧れを抱き、興味を持ち始め、小学生になると自然アスレチック、といったように、幅広く堪能できる場所だと思います。

おもちゃ王国とありますが、おもちゃだけではなく、都会の人間も田舎の人間も楽しめる空間だと思います。また、全体的に、男の子向けの施設のような気もしますが、周辺にいた女の子でもアスレチック等含め、楽しんでいた様子です。

スポンサードリンク

宿泊について

おもちゃ王国に併設されてあるホテルにお世話になりました。おもちゃ王国で大量に汗をかき、また水遊び場でびしょ濡れになり、そのままホテルに戻りました。徒歩圏内です。

小さな子供がいれば、車で往復することも可能です。日中遊び呆けて、そのまま大浴場でスッキリ、そのあと、ホテルのバイキングで子供達は走り回ってはいけませんが、テンション高くご飯をたくさん食べてました。

ホテルが併設されているので、日中のおもちゃ王国で、何の心配もなく遊ぶことができる、というのがとても良いと思います。日帰りで遊びに来られた方にも、ランチバイキングを開催していたように思います。

軽井沢おもちゃ王国へのアクセス方法は?

軽井沢おもちゃ王国のアクセス方法について紹介しておきます。

車の場合、駐車場は無料

  • 東京方面から:碓氷軽井沢ICから30Km、約60分
  • 長野方面から:上田菅平ICから35.2km、約50分
  • 新潟方面から:沼田ICから68.3km、約90分

電車なら駅から送迎バスあり

  • JRほか軽井沢駅からバスで約60分 ☆送迎バスあり。(予約制)
  • 吾妻線 万座・鹿沢口駅からバスで約10分

まとめ

夏場に家族で思い出を残すならば、非常に良い場所だと思います。

外で遊ぶことも可能、中で遊ぶことも可能、釣りを始めとした川で遊ぶことも可能、アスレチックで汗を掻くことも可能、自然も乗り物も幅広く堪能できます。

なので、必然的に、小さいお子さんから、運動量を求める小学生まで幅広い子供達が笑顔になり、帰りの車では熟睡してくれる場所だと思います。

我々は夏場をメインにお邪魔しているので、冬場や春先はまた違ったものが展開されているのかもしれません。我が家としては、毎年、素晴らしい時間と思い出を頂戴しております。

ニックネーム:KKE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする