海外旅行は赤ちゃんでもパスポートが必要!申請方法や写真撮影の注意点!

スポンサードリンク

赤ちゃんと一緒に海外に行くことになりました。赤ちゃんは飛行機の座席やホテルのベッドを必要としないのでパスポートまで作る必要はないかも…なんて思っていませんか。

現在は1人に1つのパスポートが必要です。その為、もしも出生後早いうちに海外に行かなくてはならない場合には、役所への住民登録を終えた後にパスポート申請が必要なので思うほど早くパスポートが手に入らないということもあります。

今回は、赤ちゃんのパスポートを申請する時の必要書類についてと、大人でも難しいと言われているさまざまな制約があるパスポート用写真撮影の注意点などをご説明します。

パスポートのイラスト

赤ちゃんのパスポート申請の有効期限や手数料について

赤ちゃんのパスポート申請をする際に、赤ちゃん顔から幼児顔に変化が激しい時期なのでどのくらいの旅券有効期限があるのか、また手数料は大人よりも安いのかなどについてご説明します。

赤ちゃんのパスポートの有効期限は5年

赤ちゃんに限らず20歳未満の場合は5年の旅券申請しかできません。ただし、赤ちゃんの申請だと同じ5年旅券申請でも費用が違います。

5年旅券の0歳から12歳未満の申請手数料6,000円

参考までに5年旅券申請をする12歳以上の人は11,000円、20歳以上で申請可能な10年旅券は14,000円です。

子供は顔が変わっていくので5年申請であることは納得できますね。また、手数料は11歳までなら安い設定なので助かります。

赤ちゃんのパスポート申請時の準備書類と赤ちゃんの本人署名欄の書き方

赤ちゃんのパスポート申請ではまだ大人のように運転免許証などが無いため、どのような書類を準備したら良いのか気になります。しかもパスポート申請には本人自筆のサインが必要ですが、赤ちゃんの場合はどのようにサインをさせるのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんがパスポート申請する時に必要な準備書類

  • 一般旅券発給申請書1通

5年用と10年用の申請書があるので赤ちゃんの場合は5年用に記入します。パスポートセンターや一部の区役所など申請書用紙をもらうことができます。

  • 戸籍(抄)謄本原本1通

発行から6ケ月以内である必要があります。

  • 写真1枚

規格が細かい為、後ほど詳しくご説明します。

  • 本人確認書類

氏名、性別、生年月日、住所が申請書と同一であるか確認する書類です。写真付きのマイナンバーカードがあれば問題ありませんが通常はまだ作成していないと思われます。その為、赤ちゃんの場合は2つ組み合わせる必要があります。

  • 健康保険証
  • 母子手帳

事前にもよりのパスポートセンターに確認することをオススメします。

  • 親権者の本人確認書類

赤ちゃんはまだ字が読めない上に書くことが出来ないので法定代理人=父母などが申請することになります。その為、代理申請者の本人確認書類も必要です。

運転免許証や写真付きのマイナンバーカードならば1点のみで確認書類にできます。他にも確認書類にできるものがあります。パスポートセンターHPでご確認ください。

パスポート申請書の「所持人自署」欄は親が書いて良い!

本来パスポートの署名は当人が行うものですが、字を書けない幼児などは法定代理人が代筆できます。署名欄は点線で上下に区切られています。欄の上段に子供の名前を記入し下段に親のフルネームと続き柄と代筆であることと記入します。例えば

「山田 太郎(父)代筆」

といった具合です。

赤ちゃんのパスポート申請時の写真撮影!規格通りに撮れない時どうする?

大人でもパスポート用の写真撮影は規格が細かい為、素人で撮影するのはなかなか難しいのに赤ちゃんの写真撮影だなんて不安なこともあるでしょう。赤ちゃんの場合はパスポートセンター内などで撮影することをオススメします。

パスポート写真の規格は次の通りです。

  • 正面向き、無帽、無背景、ふちなし
  • 申請前6ケ月以内のもの
  • 縦4.5cm、横3.5cm、さらに顔部分が縦3.4cm、横は顔の左右が中心よりそれぞれ1.7cm

これだけなら何とかクリアしそうですが、NG規定が多いから面倒です。

中でも赤ちゃんの写真でNGになりがちな項目

  • 表情が平常と著しく異なるもの
  • 正面向きでないもの

つまり、笑っても泣いていてもNGです。さらにはまだ首が座らない赤ちゃんの正面写真を撮影するのはタイミングが難しいです。視線にも気をつけなくてはなりません。

そこでオススメなのがパスポートセンター内の写真撮影店に「パスポート用です。」と伝えて撮影してもらうことです。

パスポートセンター内の写真撮影機が無人の場合は近隣の写真店が良いです。万が一申請時に「この写真では申請できない。」と言われた場合には、すぐにその写真店に行って撮り直しをお願いしましょう。恐らく無料で撮り直しをしてもらえます。

まとめ

赤ちゃんであっても大人と変わらない申請方法なので安心されたことと思います。その当時にしか見られない赤ちゃん顔で作られたパスポートは大変可愛いです。

我が子は0歳の時と12歳の時にパスポートを持ちました。高校生になり修学旅行でパスポートが必要になったのですが小学生顔から高校生顔に大きく変化していたので「このパスポートで大丈夫だろうか?」と心配していました。

子供が5年申請しかできないのは面倒ですが、そういう点では5年更新できるのはありがたい制度です。海外でのお子様の御世話は一層大変かと思いますが良い体験が出来ますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする