迷惑ママ友対策!格安スマホなどを使ってスマホを2台持つことのススメ!

スポンサードリンク

迷惑なママ友対策だなんて失礼な話かもしれません。相手は迷惑をかけているつもりはないのですから。

でも、良かれと毎日電話で情報を提供してくるママやどうでも良いことを電話してくるママなどにうんざりしている毎日のあなたに朗報です。

自分は働いていて学校の情報をあまり知らなかったのですが、そこに良かれと学校の出来事を毎夜定時に電話してくる委員さんがいました。それ以来、連絡網は学校の先生経由として親達へは電話番号を非公開にしました。

そんな中、最近は格安スマホがある他、WIFIルーターを併用すると2台持っても費用を抑えられて、公私を分けて使うことができるようになりました。

これによりプライベートなナンバーなどは教えずに済みます。それに1台でスマホを使いこなすより安くなるかもしれないのです。

スマホのイラスト

格安スマホやルーターを使って2台を持ち合わせるメリットとデメリット

格安スマホを追加して2台を使い分けることで個人情報は知られずに済みますが何より2台持ち歩くデメリットもついてきます。メリットとデメリットをご紹介します。

前提として…

  • 1台目:必要最低限の電話とメールだけが使えるもの
  • 2代目:格安スマホなどネットが使用できるタイプを契約する

格安スマホを2台持つこともOKです。今は部活動ママなどはLINEで連絡網がわりにするのでLINEができる方を外部に教えても良いスマホにすると良いです。

スマホを2台持つメリット

  • 個人携帯電話番号やアドレスを不用意に外部関係者に教えずに済むので、嫌な人などと一生つながっている必要がない
  • 格安スマホを部活動などの外部関係用にすることでママトラブルがある場合には、解約に踏み切れる
  • 勤務先など安心な連絡先に知らせている個人用は電話番号やアドレスを一生変更せずに長くつかえる
  • 部活動ママなど関係が終わった後に格安スマホも解約すれば良い
  • 部活動ママなど連絡を見たくない時や必要が無い時には電源を切っておけば良い

つまり、アドレスが不用意に広がらないことを目的としています。個人アドレスであっても悪意無く知り合いのママ友などに教える人もいるので、個人情報は1度教えたら止まらないと考えた方が良いでしょう。それを防ぐために2台を使い分けると万が一の時にも安心です。

2台持つデメリット

  • 部活動ママ連絡などがある場合は常に2台持ち歩く必要がある
  • 部活動ママなどから仲良しの友人に発展した時には個人用連絡先を連絡する手間が必要
スポンサードリンク

迷惑ママ対策に格安スマホと個人用機種を併用すると安くなる!

実際に格安スマホなどを追加して2台所持する場合にはどのくらい費用がかかると思いますか?意外にも今より安くなることがあります。ご紹介するのは機種代金除く月額です。機種本体は現在持っているスマホにSIMを契約することで継続して使えます。

  • スマホ1台で32GB契約をしていた時:7,000円程度

結構かかりますね。パケ放題で満々使っていました。今は50GBでも同じ料金になっていました。とはいえ、それを格安スマホプランにすることで

  • 自分用:電話とメールのみ(使おうと思えばネット検索機能もあるがあえてしない)0.5GB:980円~など
  • 2台目格安スマホ:データー無制限ドコモ回線低速:1,280円~など

合計2,160円です。2台持ってもこの価格です。

ただし、格安スマホにはWi-Fiルーターを契約しなければ外出先で使用できない会社もあります。月額の安さにつられて思わぬ出費にならないように説明をきちんと聞いておきましょう。

通常のスマホを携帯Wi-Fiルーター契約にすると今よりも安くなることも!

通常のスマホの契約を最低限プランにしてWi-Fiルーターを持ち歩くことで今よりも料金を安くすることも可能なので2台持つことに抵抗が無くなります。どういうことなのでしょうか?

  • Wi-Fiルーター専用の会社と契約すると50GBでも3,490円

持ち運びOKのWi-Fiルーターは7cm四方で厚さ1cm程度の小形なものが多く、電波をつなぐ役目があるので家でも外出先でもスマホとセットでネットにつながるモバイル回線です。

格安スマホの宣伝ではギガが少ない最低の値段を公表しています。ルーターがあれば最低のギガ数の格安スマホで良いのです。

ルーター専用の会社と契約することでルーターを持ち歩く必要はありますが、ルーターを1つ持っていれば家族全員など隣に居る人も使用できるほどにWi-Fiをつなぐ台数は関係がないのです。

つまり…スマホ自体は一番安いプランで2台契約して、ルーター会社に1個分のルーター契約をすることで満足にギガが使えて、しかも費用が抑えられるということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?1台しかないと公私の使い分けができずに自分の連絡先をばらまくことになるのでママとのトラブルがあっても解約ができないなど困ったことになります。

2台もつことを前提に格安スマホやルーターの併用を検討すると今よりも安くなる可能性があります。その上、使い分けができるので願ったりかなったり良い結果になります。迷惑ママのみならず同僚や仕事関係者などと使い分けをしたい時にも役に立ちます。

Wi-Fiルーターの会社も増えていますし、今、契約しているスマホ会社の格安SIM契約ができればアドレスなどの変更をせずに使用できることもあります。是非、このことを頭において次回の契約につなげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする