歯ブラシを変える頻度ってどれぐらいがいいの?

スポンサードリンク

歯ブラシを頻繁に取り換える人が周囲にいると、この人はどんな磨き方をしているのだろうと思ってじーっと見てみたり、自分の歯ブラシを見てはそろそろ変えるタイミングかなあ?まだあと少し使えるかなと思ったりと正確な替え時を把握していない人がほとんどだと思います。

歯ブラシの毛先が曲がってしまえばあきらめがつくものの、どのようなタイミングが変えるタイミングなのか?

何となく磨けているようでも寿命を超えている歯ブラシだとなぜ良くないのか?についてご紹介します。我が家では家族それぞれ歯ブラシの硬さや幅、大きさの好みが違います。色々な種類の歯ブラシのタイプもご紹介していきます。

歯ブラシのイラスト

メーカーがおすすめする歯ブラシを変える頻度は?

歯ブラシを変える頻度はどれぐらいがよいのでしょうか。歯ブラシメーカーなどがすすめる歯ブラシを変える頻度は1ケ月に1度です。

大手ライオンでは歯ブラシ交換デーを(ハ=8)にちなんで交換促進運動をしています。毎月8日を交換日にしましょうと何かルールがあると交換タイミングがわかりますね。もちろん新しい気分の月初めとして毎月1日と決めても構いません。

ただし、毛先が曲がったら1ケ月を迎えていなくても歯ブラシを変えるタイミングです。

人によって歯ブラシへの力加減が違います。そして、1日に2回使うのか5回なのかなどでも差が出てきます。一般的には1ケ月が目安だということを念頭に置き、ご自分の替え時を見つけてみましょう。

スポンサードリンク

歯ブラシを変える頻度が1ケ月に1度な理由とは?

では、なぜ短い頻度で歯ブラシを変える必要があるのでしょうか?

磨く性能を保てないとか衛生的でいられなくなるという理由があります。

<毛先>

毛先が広がると歯に当たらないし、それどころか「歯間に入る歯ブラシ!」をせっかく使っていても全くそこには入らなくなっています。何となく歯がつるつるになるので磨いた気分になりますが、肝心の汚れはかき出されずに残ってしまいます。

また、虫歯になりやすいくぼみを本来きちんと毛先でかき出す必要があるのに、その部分に丸くなった毛先は入って行かない為、目的を達成できなくなります。

<歯ブラシの雑菌>

食事の時に使うお箸は毎回食器用洗剤で洗うのに、歯ブラシは口の中や口の中の食べかすに触れているものなのに毎回洗剤で洗いません。

その歯ブラシは水で洗っただけでは雑菌が取れないのはもちろん、時間の経過で雑菌が増えていきます。歯ブラシ立てにおいていると乾燥して雑菌がつかないような気持ちになりますが、現実は甘くありません。

<歯や歯ぐきが傷む>

毛先が曲がった歯ブラシでは、目的以外の所に毛先がアタックして歯ぐきなどをこすって傷めてしまうことがあります。

歯ぐきの出血は悪い血を出して引き締めるとも言われますが、この傷んだ歯ブラシを使うことで歯ぐきをこすって血が出ているのであれば、その場合は良くありません。正常な歯ブラシを使う必要があります。

歯ブラシ

歯ブラシを変える時に考えたい次の歯ブラシ

どんな歯ブラシのタイプが好きですか?幅が細いのや毛が細いのなど色々試したいですね。

<毛の硬さ>

ハケのようにやさしいものから、超ハードで曲がりにくいものまであります。柔らかいものの方が歯の隙間に入りそうな気がしましたが、実際は柔らかすぎて磨いた感じがなく汚れも取れなかったことがあります。

そして今度はきちんとみがけそうだからとハード系を選んだことがありますが、硬すぎて歯磨きしたくなくなるほどでした。自分に合った柔らかさを見つけなくてはなりません。

<毛の細さ>

歯の隙間にこれでもか!ってほどに入っていく細いタイプや、昔ながらの太いものなどあります。歯と歯の隙間は人によって違います。歯間が狭い人は細いタイプも良いですが、隙間が広い人には太目でも良いです。

<毛の幅>

最近は極端に細くて子供用かと思うものもあれば、1cmぐらいの幅でこれでは頬と奥歯の間に入らないのでは?と思うようなものまであります。これも顎などの大きさによるのでしょうが、広い幅の歯ブラシでも、きちんと奥まで入って磨いた感じがあるという人がいます。

歯医者からは全体用歯ブラシと奥歯付近用に細い歯ブラシと、2種類の歯ブラシを使い分けると良いと言われたのですが、2種類はさすがに使わないなあと思います。

ご紹介したようにたくさんの歯ブラシの種類があります。専門メーカーが研究開発したものなので、今まで使ったことがないタイプで最初は抵抗があっても、実は自分に合っているということもあります。

まとめ

歯ブラシを変える頻度についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

1ケ月に1度の頻度で変えるときちんと磨けて清潔に保てることがわかりました。自分の会社には年に1度、歯科衛生士さん達がこられクリニックデーがありました。歯の状態や歯石取り、歯磨き、糸ようじの使い方指導など丁寧に行ってくれていました。

その際に衛生士さんがきちんと磨けている歯ブラシは半月ぐらいから1ケ月も使用すると、変え時になっているはずだと言っていました。そう言われても、まさか半月で交換なんてしないでしょと思っていました。

歯ブラシは毛先の摩耗だけにとらわれずに衛生面や磨き具合につながる為、1ケ月で交換…しなくても交換しなくては…と思い始めて、せめて2ケ月以内には変えることができると良いですね。

たくさんの種類の歯ブラシが出ていますので1ケ月に1度の頻度で変えるとしたら、是非、次の歯ブラシはいつもと違うものにチャレンジしてみると良いですね。お気に入りが見つかりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする