新婚夫婦は休みの過ごし方でお互いの理解も深まる?!おすすめの休みの過ごし方を紹介

スポンサードリンク

新婚の皆さんはお休みの日の過ごし方は決まっていますか?

新しい生活がスタートしたばかりの皆さんは、お休みの日の過ごし方も相手に合わせすぎてしまったり、またその逆に自分の意見を押し通してしまっていませんか?

片方がお勤めをして片方が家庭の仕事を担う場合は、お勤めに出ている方のお休みの日が夫婦そろってのお休みの日になりますよね。

また、共働きの家庭では週末に二人ともがお休みの家庭もあればシフト制勤務などによりお休みの日が同じではない場合もありますよね。

共働きではお休みの日にまとめて家事を行うという方も多いので、「休みであって休みではない!」と新婚生活を満喫できていない場合もあるのではないでしょうか。

また、我が家はいつも顔を合わせているのでお休みの日もなんとなく朝からダラーンと過ごすのが定着してしまう、という時期もありました。

でもせっかく想い合って結婚して二人での生活をスタートしたのですから、良いお休みの日を過ごすことで二人の時間ももっと充実させたいですよね。

ここでは新婚夫婦のお休みの日の過ごし方についてお伝えしたいと思います。

仲の良い新婚夫婦のイラスト

相手の休みの過ごし方についての考えを知る

ところで、自分のパートナーが「理想のお休みの過ごし方」についてどのように考えているのか知っていますか?

もしかしたらもっと一緒に出掛けたり趣味を共有したいのかもしれませんし、その逆に実は一人でやりたいことがあるのにあなたに合わせているのかもしれません。

結婚前は自分のペースで過ごしていたお休みが、結婚後から突然変わるのは最初の内は上手くいっても後々どちらにとっても負担になっていってしまいます。

「お休み=ストレス」なんてお互いにとってマイナスです。

まずは相手のお休みの過ごし方についてきちんと耳を傾け、その上で自分はどうしたいかを伝えお互いが無理のないお休みを過ごせるようにしましょう。

新婚夫婦の休みの日におすすめの過ごし方を紹介!

さて、それでは新婚夫婦におすすめのお休みの日の過ごし方を少し紹介したいと思います。

新婚の頃は「休日はお出かけしたい!」「もっと色んな思い出を作りたい!」と張り切りすぎてしまう方ってとても多いのではないでしょうか。

でもお互い働いている夫婦なら当然お休みの日には疲れを癒したいという思いがあるはずです。

また、片方だけがお勤めの場合は「普段は外で働いていて疲れているから休日はゆっくりしたい」と、お互いのお休みに対する意識の違いも生まれてくるかもしれません。

「発散」と「休息」のバランスを取る

そこで、我が家は土日休みのように二日間お休みがある場合は土曜日はうんと楽しいお出かけをして日曜日はゆったり過ごす、という風に「発散」と「休息」のバランスを取るという方法を取り入れました。

これなら無理なく、また日曜日には翌週のために休息をとって準備など時間を使うことができます。

普段夫婦二人とも忙しくてお休みの日はゆっくり寝たいという気持ちがあるなら、夜だけ外食をするというのもおすすめです。

「料理」という家事の楽が出来ますし、美味しいものって一人で食べている時と二人で食べている時では気持ちも変わりますよね。

二人で部屋の模様替え

また、二人で部屋の模様替えを行うのもおすすめです。

自宅は二人で過ごす場所ですから、お互いが家の中に興味を持つと自然と会話がはずみますし、相手の好みや意見を聞いている内に「家の中ではこんな風に過ごしたい」という本音も引き出すことが出来るかもしれません。

模様替えを行ってインテリアにこだわり始めたらインテリアショップへ出かけるのも楽しいですね。

「次はこれを揃えよう!」「将来はこんなリビングにしてこんな家具が欲しいね!」など楽しい会話が生まれて次のお休みの日にもお出かけをしたくなりますよ。

お休みの日を二人で楽しむには「家事」についても二人の協力が不可欠

お出かけは楽しかったけど、自宅に帰ってきたら途端に現実に引き戻されて一方はリビングのソファでダラダラ、自分だけがせっせと片付けやお料理・・・これってなんだか不平等だな、と一度感じるとお休みの日の不満が溜まる一方ですよね。

でもお休みの日を二人が充実して過ごすことが出来れば、色んな会話の中から相手の本音を引き出すことができます。

家事についての話し合いも穏やかに提案でき、家事について「二人が楽しくすごせるため」と考えられるようになりますよ。

まとめ

新婚夫婦のおすすめの休みの過ごし方について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

新婚時代はお休みを充実して過ごすことで、まだまだお互いの知らなかったところを発見できるチャンスです。

夫婦はこれからもずっと一緒に過ごしていくのですから、お休みの日こそ協力し合いお互いを尊重しながら楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする