完璧主婦はやめた!体を壊して病院代を払う前に手抜き家事に目覚めて!

スポンサードリンク

共働き世帯が増える一方で、はやり女性への家事の負担は重く残っています。男性も家事をしてくれる時代とは言っても、隠れ家事に気づいてくれる男性がどのくらいいるものなのか?

トイレットペーパーの取り替えやシャンプーの詰め替えと言って「そんなの数分で終わるのに家事って言える?」と笑っているご主人様はきっと、本当の家事の重さに気づいていません。

完璧にママをしたい!主婦をしたい!してあげたい!と思っていると手抜きが出来ずに頑張りすぎて、しまいには病院通いをしなければならないほどに体と心がボロボロになってしまう人もいます。

今回は、完璧主義を完全にやめられない主婦でもこれだけはやめてみたら?と思うことをご紹介します。参考にして心と体を休めてみませんか?

イライラする女性

完璧主婦をやめるため!節約を意識しすぎない手抜き家事のススメ!

完璧主婦の裏には節約意識も隠れている為、手抜き家事をする際には節約を少し忘れることをおすすめします。

節約を意識しない手抜き家事

  • 安い買い物にこだわらない→定価品や宅配品への抵抗をなくす!

安く済ませるために、特売のスーパー巡りや特売の時間にスーパーに行く習慣などがあると義務感にとらわれ過ぎて疲れてしまいます。楽しんでいるようで実は心や体の負担になっていることもあります。本当に必要な時にだけ定価で購入することや宅配を時々利用することで買い物の機会が減って安く済むこともあります。

  • 時間帯電気料金を意識しない→好きな時間に家事をする

時間帯別に電気料金が変動する契約をしていると、一番安い時間帯で洗濯やアイロンがけなど家事を集中して行うことがあります。我が家も夜は昼間の3分の1の電気代の為、昼間ではなく22時すぎから家電を動かすようにしていました。

しかし、そうするとその時間に「しなければならない」という心の縛りと家事の集中と夜遅くからの家事の為、就寝時間も遅くなるなど長年行うと良くないなと感じました。自然な流れの中で家事を行うことをおすすめします。

  • 家電の初期投資は遠慮せず

食洗機や衣類乾燥機などは主婦にとっては贅沢品かもしれません。自分でこれまでやってきたことなので費用をかけてまで高い家電を買うなんて…と思いがちですが、長年使う家電なので1日にしてみればほんの数十円ぐらいです。

一時的に高い買い物かもしれませんが心と体の為には、自分が壊れて通院するより安い買い物です。

  • 飲料は手作りしない→たまにはペットボトルも利用

夏場になると麦茶やお茶の消費が激しくて1日に2回も湯を沸かして飲料を作っていることがあります。

あっという間に2Lの飲料がなくなるので、これを毎回買ったペットボトル飲料にしていたらどれだけ費用がかかることか…と思ってしまうのですが、たまにはサボって市販のおいしい麦茶やお茶に頼ってみませんか?

お茶があと少ししかないという現実を目にするだけで「作らなきゃ」と思う心の縛りから解放されるのも必要です。

スポンサードリンク

完璧主婦をやめるため!何もしないそのままで提供する手抜き家事のススメ!

何もしない手抜き家事は完璧主義主婦をやめる大事な作戦です。何もしないとはどのようなことなのかイメージできますか?

  • 衣類はハンガーで干したまま収納

衣類はたたんで引き出しにしまうのではなく、干したハンガーのまま突っ張り棒などに収納するようにします。かなり大きな手抜きになります。

ハンガーで干せない下着などもたたまずに引き出しに並べるだけで何となく整頓されたように見えます。靴下などは個人別に仕分けした後に本人に任せます。

  • お弁当は冷凍食品の日や休日も設けて

手造りにこだわったお弁当主義の人も週1で良いので冷凍食品だけの日を作ってみましょう。食べる人も変化があって楽しいです。

また、週1は休みの日を設けることも大切です。500円を渡して今日は何か買って食べてと伝えます。すると、当人はわざわざ買いに行くわずらわしさと共に毎日、お弁当を準備してくれていることへの感謝も生まれるかも?(人によるかもしれませんが)

  • 掃除は毎日しない!気になった時だけ

掃除は毎日ではなくても、気になった時にサッと済ませるぐらいの気持ちになってみましょう。

  • 寝坊や昼寝もあり!家族に助けを求める!

ご両親と同居などしていると家族に甘えることができないまま心と体が壊れていることもあります。甘えるのではなく助けを求めましょう。

年齢が上がると若いころの様に、がむしゃらに頑張れないことも増えていきます。自分のことは自分でしてもらう。昼寝を悪と考えないなど自分自身を甘えさせてあげることが大切です。

まとめ

完璧主婦をやめようと思っていてもやってあげたい母性本能?が頑張りすぎの状態を作っているような気がします。自分は新婚時代、ワーキングママ時代、専業主婦になりたての時にこの完璧主義により体を壊して入院した経験があります。

やりすぎは良くないと分かっているのに相手の喜ぶ顔見たさや自分への自信につながることから完璧をやめられない主婦でした。手抜き家事は常に自分に言い聞かせなければならないと感じます。

毎日1つでも手抜きをすることを達成目標にするなどして少しでも自身の心を変えられるようにしてみると良いですね。お互い頑張りすぎないようにして健康でいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする