手作りホットケーキは保存方法次第でいつでも食べられる!

スポンサードリンク

ホットケーキは作る手順は簡単ですが、1枚を焼くのに10分程かかります。忙しい朝に焼いていると子供達全員分を焼く時間がありません。

そんな時に思い浮かぶのがホットケーキは手作りしてからどれくらい保存できるのか?それ次第では、忙しい朝に焼かずにすぐ食べられるかもしれないと考えたことがありませんか?

ホットケーキはある方法で冷凍保存すると、いつでもホカホカが食べられます。そして、同じ保存方法でクレープにも応用できます。

クレープも一気にたくさん作っておけば、ほんの1枚食べたいだけ…と言う時に役に立ちます。では、パサパサにならないホットケーキの保存方法をご紹介します。

ホットケーキのイラスト

手作りホットケーキは○○保存がおすすめ!

手作りのホットケーキは卵を使っていてどれくらい保存できるのか気になりますが、フワフワに戻すためには、冷凍保存をおすすめします。

<ホットケーキを冷凍保存する方法>

  1. ホットケーキは1枚ずつ食品ラップに包む
  2. 「1」を数枚ずつ冷凍保存密閉袋に入れる
  3. 冷凍庫に平らになるようにして入れる

<ホットケーキ冷凍保存の注意点>

  1. 余ったホットケーキよりも、焼いて数分後にラップすると良い!
  2. ラップはしっかりと隙間ができないように空気を抜きながらしっかり包む
  3. 「2」の時にホットケーキをつぶさない
  4. 密閉袋に入れる時は、無理にたくさん入れずに余裕を持たせた状態で入れ、入りきれないものは違う密閉袋に分けていれる

ホットケーキ冷凍保存の注意点を見て、それくらい出来る!と思った方が多いと思います。ホットケーキはパサパサに残ったものよりフワフワの状態で包みたいです。

しかし、出来立ては蒸気が多くホットケーキの表面がふやけてしまうことがあります。数分後のまだ温かい…でもまだ冷めていない状態!で素早く行うのが秘訣です。

ラップで包むのは案外難しいです。隙間からホットケーキがはみ出していると、その部分だけ冷凍焼けのように水分がとんでしまい、戻しても柔らかくならず食感が悪いです。ラップを大きめに切って包むと楽にできます。

ホットケーキ冷凍保存ですが1ケ月程度は食べられます。それ以上の時は解凍した時に粘りや酸味やカビなどがないか確認をして食べましょう。

スポンサードリンク

冷凍保存したホットケーキを食べる時は○○で解凍!

冷凍保存したホットケーキは、レンジでチンする方法もありますが冷蔵庫でゆっくり戻すと良いです。

  • もうすぐ食べる時:食べる3時間前ぐらいに必要な枚数を冷蔵庫に置き、食べる時にラップごとレンチン
  • 朝食に必要な時:前の晩から冷蔵庫に必要な枚数を置いて自然解凍し、朝にラップごとレンチン
  • 弁当用に必要な時:朝、冷凍庫から取り出してそのまま持っていく
  • 昼食用に必要な時:出がけに冷凍庫から持ち出すと食べることにちょうど解凍されています。ラップごと持ち出すので、出先でレンチンしても良いですね。

朝、慌てずにレンチンするだけで手作りのホットケーキを食卓に出せるのは大変嬉しいです。何も朝食に出すものが無かった!なんていう慌てる朝も助けられます。

手作りのホットケーキの冷凍保存以外の保存方法は?

ホットケーキを手作りしたけれど冷凍保存するほど大量ではないなあという時もあります。明日中には食べきれそう…そんな時はどのような保存方法が良いのでしょう。

ご紹介した冷凍保存が一番ふっくら戻るのでおすすめ…ですが面倒ならば、冷蔵庫での保存も1日程度ならできます。

これもパサパサにならないうちにラップに包んで冷蔵庫に保管するのが良いです。食べる時はラップごとレンチンします。

または、レンジは20秒程度にとどめて、ラップを外して魚焼きグリルやフライパンやオーブントースターなど焼き目がつく調理器具を利用します。

焼き目をつけたいわけではありません。そのような調理器具だと表面をパリッと復活させてくれるのでレンチンと併用すると良いです。

まとめ

忙しい朝に手作りのホットケーキが提供できそうな気がしてきましたね。余裕のある休日のメニューから一気に朝食のお助けメニューになりました。

クレープも1枚だけ食べたい時にいちいち作る必要がなく便利です。これも1枚ずつラップして冷凍しています。薄いので邪魔になりません。

子供達のパーティーの時なども事前に作って冷凍しておけば当日は大量の人数分を一気に提供して子供達は自分流にデコレーションして食べられます。

朝食でもありお菓子でもあるホットケーキやクレープは冷凍庫に常備しておくと便利ですよ。参考にして、残っても大丈夫!いえ、残ったらラッキーなくらいの気持ちで1枚1枚じっくり時間があるときに作ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする