ワイシャツを自宅の洗濯で蘇らせる?!気になる黄ばみを落とすアイテムとは?

スポンサードリンク

仕事柄毎日スーツを着る方やかっちりとしたスタイルが求められる職場では、ワイシャツを着用する頻度は非常に多くなりますよね。

でも、もしかしてその毎日着ているあなたのワイシャツは黄ばんでいませんか?

また、黄ばみのついたワイシャツに見慣れてしまってはいませんか?毎日洗濯しているはずなのになぜかどんどん増えていくワイシャツの黄ばみ。クリーニングに出すけどイマイチすっきりとしない・・・。白いワイシャツならなおさらその黄ばみは目立ちますよね。

いつも白くて清潔なワイシャツは気持ちが良いですし、出勤前の気持ちを前向きにもさせてくれます。

「洗っても落ちない」を繰り返していると「そろそろ買い替え時なのかな~」と購入を検討する方はとても多いようですが、黄ばみが原因で買い替えるのはまだ早いですよ!

ワイシャツの黄ばみをなくしてキレイな白いワイシャツを取り戻す方法があるのです!もしワイシャツの黄ばみで買い替えを迷っている方、なんとなく愛着があって捨てるのも・・・とお悩みの方は一度試してくださいね。

綺麗な洗濯物

ワイシャツの黄ばみの原因って?

ところで皆さんはワイシャツに出来る黄ばみの原因はご存知でしょうか?

黄ばみが出来る箇所からだいたい想像が出来るという方も多いとは思いますが、黄ばみの原因は主に「皮脂」です。

皆さんがお悩みの黄ばみは、ワイシャツの襟や袖、脇などの箇所に出来ていませんか?

これらの箇所はワイシャツと肌が触れ合って擦れる箇所であるのに加えて、皮脂や汗の分泌が多い箇所でもあります。

このワイシャツにべったりと付着した皮脂や汗が酸化すると「黄ばみ」が完成してしまうのです。

ほとんどの黄ばみは解決?!まずは固形石鹸でトライ!

まず試していただきたいのが「固形石鹸」での部分洗いです。結構キレイに落とせるんですよ。

まずは固形石鹸と歯ブラシを用意してくださいね。黄ばみが気になる箇所を濡らして固形石鹸を泡立て、歯ブラシで繊維の隙間の汚れを掻き出すように擦ります。

皮脂などの汚れを浮かせるために、ワイシャツをお湯で濡らすのがポイントです。あとはいつも通り洗濯機で洗濯をすると、黄ばみはキレイに落とせているはずです!

この方法でほとんどの黄ばみは落とせるのですが、中には汗ジミや積み重なった皮脂汚れが「薄くなった程度」という結果になることもあります。その場合は次にお伝えする方法で解決できるので、試してみてください!

黄ばみがとれる酸素系漂白剤は色物もOK

固形石鹸でもワイシャツの黄ばみが落ちなかった、という方!酸素系漂白剤なら頑固な黄ばみも落としてくれますよ。

酸素系漂白剤は塩素系漂白剤とは違い、白物だけではなく色物・柄物にも使用できるという点が特徴です。

中にはシルクなどの使用出来ない素材もあるので、大切なお洋服を傷ませないためにも事前にチェックしてくださいね。

  • 洗面器などにお湯をはり、酸素系漂白剤を大さじ1杯ほど溶かします。
  • お湯は40~50度がおすすめです。
  • そこへ黄ばみを落としたい衣類を漬け込みます。
  • 30分ほど放置したところで汚れを確認します。
  • もしまだ黄ばみが気になるという場合は、歯ブラシで擦って汚れを落としてくださいね。
  • お湯を切ったらいつも通り洗濯機で洗濯をして終了です!

これは臭い対策にもなるので、脇の汗ジミなどにもとてもおすすめです。

まとめ

仕事で身に着けるものは、清潔できれいなものの方がやる気もアップして気持ちも前向きになりますよね。

クリーニングに出してもイマイチすっきりとしない、ワイシャツの黄ばみが落ちなくて諦め始めていた、という方はまずは「固形石鹼」を使用してみてくださいね。

それでも落ちないという場合は「酸素系漂白剤」にお任せでばっちりと解決してくれますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする