正しく御社や貴社を使い分けてる?弊社や当社の使い方も!

スポンサードリンク

学生のうちは使い慣れなくて、形式ばったように聞こえる御社や貴社という言葉ですが、社会人になったら毎日のように使う現場もあります。

しかし、実際に御社と貴社の明確な違いは何かと問われて答えられますか?就職活動の際に「ん?」どっちだっけ?と迷った子供が親に聞くことも良くある話です。答えられますか?

今回は、御社と貴社の使い分け方についてご説明します。それが学校や病院だったらなんといえば良いのか?また弊社や当社なども社会人では良く使う言葉ですが、どのような状況で使うと正しいのかなどについて解説していきます。ご覧下さい。

履歴書を書く男性

御社と貴社の使い方の違いは話し言葉か書き言葉かの違いだけ!

御社と貴社の使い方の違いは、それが話し言葉なのか書き言葉なのかだけだなんてご存知でしたか?では、具体的に使うシーンを見ていきます。

大きく言えば御社も貴社も相手の会社をさしている。そしてとの使い分けとしては御社は話し言葉の時で、貴社は文章などの書き言葉に使う。

<御社>を使う時

  • 商談中や電話などで相手の会社のことを「御社」と表現
  • 「御社のご希望は…」など

<貴社>を使う時

  • 文書で相手の会社をさす時に御社ではなく「貴社」と表現
  • 「貴社がご提案の…」など

就職試験の場合

  • <面接>御社を志望した理由は…
  • <履歴書など>貴社のサービスに大変共感し…など

話しで使うのか書き物かの違いだけなので御社と貴社の使い分けは難しくありません。メールも文章の分類になります。緊張しがちな就職試験ですが、しっかりと使い分けをしましょう。

御社や貴社などが使えない会社ではない学校や病院などは何と表現する?

御社や貴社は会社などに対して使う言葉なので学校や病院などには使えません。それでは何と表現すべきなのか?次のようになります。

※御○は話し言葉で貴○は書き言葉ということを理解した上で、次の使い方を見てください。

  • 学校:御校・貴校
  • 病院:御院・貴院
  • 役所:御庁・貴庁
  • 銀行:御行・貴行

迷い易いのが学校の場合です。学校といっても校名が「○○学園や○○学院」の場合があります。その際には御校でも誤りではありませんが、御学園や御学院などと使うこともあります。では、○○スクールだとどうなるでしょう?この場合には「御学」となります。

相手が使う弊社は御社や貴社とは違う?知ってて当然だけど学生には難しい?

面接試験でせっかく相手の会社を御社と表現していても相手は「弊社」と言っているので少々戸惑ってしまったという学生さんはいませんか?どれも相手の会社のことをさしているのに使い分けが必要です。

弊社も当社も自社について表現しているとはいえ使う状況が違い、次のようになります。

  • 弊社はへりくだった表現=社外の人に使う
  • 当社は基本的には社内向けに使う

当社についてはもう1つ使い方があります。

  • 当社は報告書などにも使われる

企業業績発表などに弊社はあまり使われずに「当社の業績は近年…」などと表現します。その為、社内向けだけではないと言うことを理解しておきましょう。

では、転職する際の面接で現在就業中の会社をどう表現するのでしょうか?弊社と言っても良いのでしょうか?

転職希望先の面接で現在の会社については「現職」と表現

現職については弊社と表現したいところですが会社を代表して面接を受けている訳ではありませんので、現在の会社をへりくだって弊社というのは間違いです。

使い慣れない言葉がたくさん出て来るので、間違っても無理はありません。しかし、頭の中で正しい使い方を整理しておけば、言い直しが出来ます。しっかりと整理しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

就職を控えた方やそれを見守る親や社会人の方はきちんと使い分けができていましたか?御社や弊社など使い慣れない言葉以外にも社会人になると尊敬語や丁寧語や謙譲語など毎日使い分けていく言葉があって、しどろもどろと言う人もいるでしょう。

それでも慣れしか解決はありません。急がなくて結構です。本当に慣れていくものです。使い方が分かっているだけで今後使い分けができるようになるので、間違うことがあっても積極的に使っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする