超簡単!穴が開いた網戸やはずれた網の修繕は100均ショップで解決!

スポンサードリンク

春になるとあまり使っていなかった網戸を使って外の空気を部屋に取り入れることも多くなります。ところが網戸がほつれていたり穴が開いていたりして虫の出入り自由な状態に気づきショックを受けます。

もしも網戸交換を依頼すると最低3,000円からの業者が多く「今年もこのままで行こうかな…」などと考えてしまいます。

しかし、夏になると「やはり交換しておけば良かった」と後悔することになります。そこでやってみたのがダメ元の100均ショップグッズで網交換です。不安ながらもやってみたところ、なんと出来ました!

今回は100均グッズを利用した穴が開いた網戸の修繕方法や網戸の全面交換方法や部分つぎはぎなどについてご紹介します。ではご覧下さい。

網戸

網戸に穴が開いた時には100均の網戸専用シール!

網戸に穴を見つけた時に、網戸の交換はせずに網戸の穴専用シールを貼るだけですぐに修繕が出来てしまいます。はがして貼るだけなので10秒もかかりません。

ダイソーでは4.5cm角のシール8枚入りが100円(税抜)で販売されている!

ただ、これを貼るだけです。

ただし、ダイソーで販売されている網戸関係はグレーしか見当たりません。もしも黒い網戸に貼りたい時は、気にせず上から貼るようにしましょう。

雑?いえいえ、黒い網戸に貼ってもそれほどグレー感が目立たないのでおすすめできます。シールをはがして貼るだけなので10秒もあれば余るほどです。

グレー感は目立たなくても全体的に見ると補強した部分の色が一層濃くなる為、一目で分かります。とはいっても、このシールはとっても簡単なので張り替えを検討するのなら、まずこの方法を試してからでも良いと思います。

「アミ戸なおシート」というのもあります。

網戸のような模様が入っているだけのシールです。つまり風は通りません。しかし、穴あきぐらいならこのシートを貼ると虫が入らずに済むのでこちらも便利です。

スポンサードリンク

網戸の全面交換は100均の網と専用ゴムがあれば15分で解決!

穴だけではなく網戸の四隅などが完全に戸からほつれて開いていることがあり、その時の全面交換でも100均ショップの網が役に立ちます。ただし、全面といってもダイソーは大サイズで90cm×2mの網の為それ以上の場合は2枚以上必要です。

ダイソーの網戸用の網は大きさが2種類で各200円販売品!

残念ながらダイソーにあっても100円ものではなく200円で販売されています。大小2サイズありますが大サイズ:91cm×2mだと必要な大きさにカットして使えます。

網戸の網を戸に押さえ込む溝にはめる網戸専用ゴムは100円で、その押さえ込むヘラも100円で手に入ります。

ただし、わざわざ買わなくても専用ゴムは自宅にヘアゴムがあれば代用できます。溝に少々無理して押し込めるぐらいの紐でも構いません。

ほんの少しだけ足りない!という時はこれで代用しましょう。そしてヘラだって買わずに家にあるスプーンの取っ手側や串(尖ってない方を使用しますが尖っている部分でケガしないようにご注意を)で代用できます。つまり、網さえ買えば何とかなります。

15分でできる網の取り替え

  1. 網を取り外す(網戸ゴムは再利用できればそれでもOK)
  2. 網を溝に合わせ、角の部分から順にゴムをはめて固定する
  3. ゴムから大きくはみでた残りの網部分を余裕をもってカット

これだけですが、コツはハリを気にしながら行うことです。対角線の角に向かってやさしく引っ張りながらゴムをはめていきます。1人で出来ます。2人だとより良いです。また、カットする際は1cm弱程残す方がぶつかった時に網が歪んでもはずれる心配はありません。

網戸の部分交換は100均の網でつぎはぎ可能!継ぎ目にはシール!

網戸が大きい場合は全面張り替えよりは下の部分だけや縦長の部分だけなど部分的につぎはぎで網をはめることもできます。なんと全面でも30分かかりません。

「つぎはぎ」でサイト検索すると「網戸ゴムのつぎはぎ」ばかりが見つかりますが、「網戸の網」を部分的につぎはぎすることも可能です。

つぎはぎの注意点

  • ダイソーの網の色はグレーの為、元々の網の色が黒などだとつぎはぎが明確にわかる
  • 元の網と継ぎ目の境は一直線に隙間がある状態のままでは虫が入りやすい!対策を!

30分でできる網のつぎはぎ

  • ①元の網はそのまま
  • ②つぎはぎしたい部分を決める(ゴムからゴムまでの直線範囲)
  • ③ ②の部分だけゴムをはずす
  • ④新しい網を古い網の上にのせてゴムではめ込む

コレだけです。さて、古い網と新しい網の隙間はどう埋めるかですが、先ほどご紹介した網戸シールを貼る!です。

これが一番手っ取り早いです。シールを貼った跡が分かるのでつぎはぎが一目瞭然ですが人目につかない場所ならこれでOKです。自分は、来客ソファーの横の大きな特注の網戸だったので次のようにしました。

ミシン糸で1穴ずつ縫った場合

ミシンで穴を塞ぐために縫った場合、横に120cmほど縫うのに30分かかりました。つまり網戸のつぎはぎから含めると1時間かかりました。しっかりとつぎはぎできて隙間を埋められたので満足です。1穴ずつなので気が遠くなる…という人はシールで済ませましょう!

まとめ

網戸の張り替えや穴の修理は意外に簡単だと言うことが伝わりましたか?

転居先などで破れた網戸を見かけた時に不動産屋から「修理費は請求します」と言われたら「ちょっと待った!」と言いましょう。

引っ越しで忙しいとは思いますが自力でできることが分かれば、高いお値段を払うのはばかばかしいです。本当に簡単なので是非、100均グッズに挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする