靴の臭い消しには重曹!靴の臭いを簡単に消す方法はこれだ!

スポンサードリンク

「靴=臭いもの」と靴は臭くて当然だと決めつけていませんか?

濡れた靴をそのまま放置してしまったり、汗ばむ時期は靴内が蒸れてしまったりするともわ~んと独特の臭いになってしまいますよね。

また、旦那様や子供の靴の臭いが気になるという方も多いですよね。「頑張って働いて帰ってくるのは感謝しているけど靴が臭いのが耐えられない!」とイライラしている方も多いはず。

靴が臭いと、靴を脱ぐシチュエーションがあった場合に自分も他人もとても不愉快な思いをしますよね。また、自分の靴が臭いと人前ではとても恥ずかしい思いをするので、思いがけず靴を脱がなければいけない時はヒヤヒヤしてしまいますよね。

でも実はとっても簡単に靴の臭い対策を行う方法があるのです。一日履いた靴にはしっかりとこのケアを行えば明日靴を脱ぐシチュエーションがあったとしても安心して履いて行けますよ。

靴のイラスト

靴の臭いを消したいなら重曹でケア!

靴が臭いなと思ったらすぐに対策をしましょう。

靴が著しく濡れているという場合はまずはしっかりと乾かして水気を取ってくださいね。靴が濡れている状態ではどんどん雑菌が増えていってしまうので、いくら重曹でケアをしても間に合いません。

靴が塗れていたらまず、丸めた新聞紙を詰めたり、布団乾燥機で乾かすなど雑菌が増える「多湿」の環境を一度リセットしましょう。

重曹

では具体的に重曹を使って、臭いを消す方法を説明します。

  1. 用意するものは重曹と重曹を包んで靴の中へ入れるためのハンカチなどの布です。
  2. 茶葉を入れてひっくり返すタイプのお茶パックでもハンカチの代用ができます。
  3. ハンカチやお茶パックなどに重曹を包んだら入り口を輪ゴムやホッチキスなどでしっかりと留めて靴の中へ押し込みます。

重曹が湿気と臭いを吸収してくれるので、帰宅して夜にこの重曹パックを靴の中に入れておけば翌朝にはしっかりと効果が実感できていますよ。毎日同じ靴を履くという人は帰ってきたら重曹パックをいれておく習慣を作ると良いですね。

また、重曹に抗菌効果や消臭効果のある精油を混ぜたものをこの重曹パックに使用すれば、消臭だけではなく抗菌も同時に行うことができますよ。

ちなみに我が家は消臭効果・抗菌効果のある「ペパーミント」や「ローズマリー」「ティートゥリー」などのスッキリとした爽快感のある香りの精油を使用しています。

反対に香り付けするためのフレグランスオイルなど香りの強いオイルの使用はあまりおすすめできません。なぜなら、雑菌の臭いとフレグランスオイルの臭いが混ざってあまり心地の良い臭いではなくなってしまう可能性があるからです。

スポンサードリンク

靴が臭くなる原因って意外と知らない!

ところで、多くの方は「靴は臭いもの」「ある程度履いた靴は臭くても仕方がない」と思い込んでいて、「靴が臭くなる原因」については意外と知らない方が多いのではないでしょうか?

靴の臭いの原因はやはり「雑菌の増殖」によるものがほとんどです。足に汗をかくことで靴の中は高温多湿になります。

雑菌は汗や皮脂などをエサにして、この高温多湿を最適の条件にどんどん増えていきます。また、サイズの合わない小さな靴は足に汗をかく原因となることがあるようです。当然この高温多湿の状態が長く続けば続くほどどんどん雑菌は増えていきます。

靴の中が臭くなるのはより足に汗をかきやすい人や、その高温多湿状態が長く続く=1日中靴を履いている場合、帰ってきて湿った状態の靴をそのまま放置している場合にはより靴の臭い発生の要因があります。

まとめ

重曹を使って靴の臭いを簡単に消す方法はいかがでしたでしょうか。

靴の臭い対策に重曹パックをいくつか作って蓋の付いた瓶などに保存しておけば、帰ってきた際にいつでも使用することができますよ。

重曹は食品グレードのものを使用すれば口に入ってしまっても問題はありませんが、小さなお子様がいる家庭や犬や猫などのペットがいる家庭では靴に入れたはずの重曹パックがうっかりと遊びものになってしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする