日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先だと上手くいく?

スポンサードリンク

女性にとって一年中敵となる存在が紫外線ですよね。

日焼けをしてしまった後に後悔をしてももう手遅れなので「なんとなくいつもの習慣として日焼け止めは塗っている」という方は多いのではないでしょうか?

紫外線対策に日焼け止めは欠かせないという方は多いと思いますが、メイクをする際にその順番に疑問を持ったことはありませんか?

また、顔はメイクをしているから日焼け止めはいらないんじゃない?と思っている方もいますよね。でも、日焼け止めや化粧下地は正しく使わないとそれぞれの役割も上手く発揮されません!

そこで、ここでは化粧下地と日焼け止めを使う際のポイントについてお伝えしていきます。

顔を気にする女性のイラスト

日焼け止めと化粧下地はどちらが先だとメイクが上手くいくの?

さて、多くの方が「日焼け止めと化粧下地ってどちらが先に塗るのが良いの?」「2つも塗るのは面倒くさいからどちらか一つじゃダメ?」と一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

まず、化粧下地はその上にのせるファンデーションのためのものだという事を覚えておきましょう。つまり、日焼け止めと化粧下地の両方を使う場合は化粧下地とファンデーションの間には日焼け止めは挟まない、が正解と考えられているようです。

つまり、最後はファンデーションになりますから、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの順が基本ということになります。

日焼け止め効果がある化粧下地

しかし、日焼け止めと化粧下地のタイプが合わないと皮脂と混ざって化粧崩れに繋がったり、メイクの仕上がりがイマイチ、ということもあるので日焼け止めと化粧下地の両方を使う場合はこの二つをセットで使う事を前提に選ぶのが重要です。

化粧下地の中には日焼け止め効果があるものや、逆に化粧下地の効果がある日焼け止めもあります。日焼け止めと化粧下地の2つを使うのが面倒くさいなぁ、という方は1つで2つの役割があるこれらの商品を選ぶと良いですね。

また、お肌は摩擦の工程が少なければ少ないほど負担も減るので時短+お肌の負担軽減になるのもポイントです。

ちなみに、私も「日焼け止め兼化粧下地」を使用しています。汗ばむ時期などには何重にもお肌に塗り重ねなくて良いのでお肌がとても軽くてラクチンです。

化粧下地の役割と日焼け止めの役割は違うの?

ところで、化粧下地の役割と日焼け止めの役割って全く違うのでしょうか?

ファンデーションの前に化粧下地を塗っておくと、ファンデーションのノリがよくなりますよね。お肌のくすみやシミなど気になる悩みをカバーしてくれるので多くの女性がメイクに欠かせないアイテムです。

また、ファンデーションのフィット感や仕上がりも変わってきます。化粧下地はお肌の凹凸をなくして滑らかにしたり、化粧崩れを防ぐ、お肌の乾燥を防いで潤いを保つなどの肌補正の役割があります。

また、カラーコントロールの働きもある化粧下地なら肌色の補正も可能です。最近では美容液のように美容成分がたっぷりと配合された優秀な化粧下地もありますよね。

お化粧をしながらスキンケアも同時にできるようなもので、化粧下地の役割は幅広くなってきていますね。

一方、日焼け止めの役割は紫外線の刺激からお肌を守ることです。日焼け止めにも美容液成分が配合されたものがありますね。

化粧下地は「メイクの一環」ですが日焼け止めは「お肌のケア・保護」という役割になりますね。

顔にぬる日焼け止めはどんなタイプ?

ところで、顔に使用する日焼け止めはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

日焼け止めの商品で多いのが「クリームタイプ」ですが、私の個人的な経験ではこのタイプは化粧下地と同時に使用する際にはコツが必要だと感じています。

油分が多いので汗ばんできたらメイクが崩れてきてしまったり、顔が全体的に白っぽくなってしまうことがあります。

顔に使用する日焼け止めでおすすめなのは「ジェルタイプ・ローションタイプ・ミルク(乳液)タイプ」です。

これらは伸びが良く油分が少ないものも多いため、化粧下地の前に使用してもその後のメイクの仕上がりほとんど影響はありません。

スキンケアの感覚で日焼け止めを使用できるという点がメリットですね。また、パウダータイプの日焼け止めは出先でメイクの上からパタパタと塗りなおすことができるのでこちらも便利ですね。

まとめ

日焼け止めと化粧下地のどちらを先に塗るのか説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

私は日焼け止め効果もある化粧下地を使用するのがよいと思いますが、どうしても使い分けたいという方は日焼け止めと化粧下地の両方を使用する場合は「化粧下地の前に日焼け止め」が基本だと思います。

日焼け止めと化粧下地を上手に使って、キレイなお肌を保ちながらメイクも楽しめると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする