卒業式と入学式は同じ服装で良い?ママたちのお悩みにこたえます!

スポンサードリンク

卒業式が終わればすぐに進学先の入学式があります。季節もほぼ同じだし、同じ地区の進学先だと知っている親も多くて同じ服を着ていると思われたくないです。

しかも、正装といえるのは1着だけなのでどのようにすれば良いのか悩むママの声があります。

幼稚園などの卒園式だとこれから先に何度も卒業式と入学式の場面があるので2着準備することをまずはおすすめします。

しかし、転勤族で荷物を増やしたくないとか女性は出産で体形が変わることもあり購入には少し迷う気持ちも理解します。そこで今回は、卒業式と入学式で同じ1着の正装を着こなす際の装飾アイテムや羽織ものなどをご紹介します。

それにより雰囲気が変わればしめたものです。是非参考にしてみてください。

入学する女の子のイラスト

卒業式と入学式の服装の特徴は?同じものを着ている人はいる?

卒業式も入学式も親は正装なのですが、1ケ月程度しか変わらない季節の式なのに何か違いなどの特徴があるのか気になります。同じ服装を着まわしている人はいるのでしょうか?経験上の印象をご紹介します。

卒業式の服装は?

一般的に卒業式が行われる2~3月を想定しております。

  • 比較的ダーク系のスーツが多い
  • 着物を着ている若いママもいるが1人いるかどうかぐらいのレベルなので「かなり」目立つ
  • コートを着ている人が多い

着物も正装ですが、成人式の延長?かと思うような赤い明るい着物などはいくら若いといっても主役になってしまう可能性があります。主役は子供達です。親も「おめでとうございます。」と言われるので準主役ではありますが生徒より目立ってしまわないように気をつけましょう。

ダーク系が多いと感じています。実はこの時期はまだ寒くて風が強い日があります。そうなるとスーツだけで出かけずにコートを着用しています。式典の体育館は広くて十分に暖房が行き渡らない環境や解散式を教室で行った場合、親は廊下などで見学するので寒いのです。

つまりコートを脱ぐ時間はありません。せっかく着飾ってもコートを脱がずに帰宅することも多々経験しています。

入学式の服装は?

一般的な入学式が行われる4月を想定した場合です。

  • 小学校の入学式はピンクや黄色や水色などの薄い色合いのスーツが5割程度
  • ダーク系のスーツも見かけるが装飾品やバッグに明るい色を取り入れている
  • 多少寒くてもコートを着ていない人が多い

卒業式と若干しか時期が変わらないのですが入学式は桜色を念頭に明るいものを身に着けると良いです。子供の年齢が上がると親も年齢を重ねるわけで…明るい色ではなくダーク系のスーツを着る傾向にあります。

スポンサードリンク

卒業式と入学式に同じスーツの時の装飾アイデア

卒業式に着たダーク系のスーツを入学式にも着用するのは問題ないのですが、入学式用に明るい色を取り入れて変化をつけるにはバッグやコサージュやスカーフやネックレスなどの装飾品を利用します。

どんなアイディアを皆さん使っているのでしょうか?これも経験上の変化です。

<カバン>

  • 卒業式:黒系
  • 入学式:スパンコールやラメ入りの綺麗めバッグで!

卒業式で持ち帰るのは紅白餅と卒業証書ぐらいなので折り畳みのバッグをしのばせておきましょう。しかし、入学式となると子供のバッグに入りきれないほどの教科書や資料などをもらいます。大き目のおしゃれなバッグがあると便利です。

<コサージュ>

  • 卒業式:ブルー系
  • 入学式:ピンクや大き目のレースをあしらったもので!

コサージュは上に羽織るものによっては邪魔になることもあります。その際は…

<ネックレス>

  • 卒業式と入学式共にパールのネックレス
  • 入学式:ブレスレットなどもプラス

<羽織もの>

  • 卒業式:コートを着用するので羽織ものに気を使わないでOK
  • 入学式:スカーフやストールなどで首元や肩を華やかに!

入学式はコートを着用するには暖かいといった中途半端な気候です。その為、ストールやスカーフなどだと首元や肩などを暖かくする上に、華やかな見栄えになり重宝します。使わない時はバッグにリボン結びなどをしておけばおしゃれです。

まとめ

経験上の感覚をお伝えしてきましたが卒業式と入園式だけで20回以上経験してきたので、毎回このシーズになると思い返してアイディアを盗んできました。

スーツはグレー系をおすすめします。卒業式にも入学式にも中間色としてお役に立ちます。お子様が1人だとしても高校卒業までには8回は訪れるセレモニーです。

お子様が小さいのであれば、早めのこの機会に2着にするのかどうかを決断すると良いです。

卒業式、入学式おめでとうございます。ハレの日のご馳走の準備もあるので服装に悩んでいる時間はないかもしれません。記念になる良い1日となりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする