バレンタインデーにチョコレートは日本だけだった!その起源とは?

スポンサードリンク

2月14日のイベントといえば言わずと知れた「バレンタインデー」。

バレンタインデーと言えば、女性が好きな人に気持ちを伝えるためにチョコレートを渡す「本命チョコ」以外にも最近では大切な人・身近な人に「お礼チョコ」を渡す人や友達同士で「友チョコ」を送り合ったり自分へのご褒美に「自分チョコ」を買うという方もとても増えていますね。

バレンタインデーのチョコレート売り場は、普段なら食べられないような高級なチョコレートや限定チョコレートなどがたくさん並んでいるので私もついつい自分用に買ってしまいます。

また、最近ではバレンタインデーの過ごし方は「チョコレートを渡す」だけではなくなってきています。チョコレート以外にもプレゼントを渡すという女性もとても増えていますね。

女性にとっては気が付いたら無意識に毎年の習慣となっている「バレンタインデー」ですが、皆さんは「バレンタインデーの由来」についてご存知でしょうか?

ここではバレンタインデーの由来や意味などについてお伝えしていきます。

チョコレートのイラスト

バレンタインデーの由来について掘り下げてみよう

甘い響きとしてすっかり定着している「バレンタインデー」ですが、実は「バレンタイン」とは死罪となったローマのキリスト教司祭の名前です。

2月14日は「バレンタイン」が刑が執行された日なのです。3世紀のローマでは若者の結婚が禁止されていたのですが、バレンタイン司祭は内密に若者の結婚を取り計らっていたためそのことが皇帝に知れてしまい処罰されることになってしまいました。

ローマでは2月14日に、伝統的なルぺルクス祭というお祭りの期間中くじ引きで引き合わされた男女が一緒に過ごすという習慣がありました。

後に(刑の執行後)このお祭りの「守護人」としてバレンタイン司祭が選ばれ、またバレンタイン司祭のもとで結ばれたキリスト教徒たちが「恋人の日」としてプレゼントを贈り合うようになったと言われています。

これが「バレンタインデー」の由来と言われています。もしかしたらもっとロマンチックなものを想像していたという方も多いかもしれませんね。

バレンタインデーに送るチョコレートの起源

さて、バレンタインデーの由来についてはお伝えしましたが「なぜ送るのはチョコレートなの?」という疑問を多くの方がお持ちのはず。

実は先にお伝えした「バレンタイン司祭」とチョコレートはほとんど関係がなく、「バレンタインデー=チョコレート」というスタイルは日本だけなのだそうです。

戦後の日本で、お菓子の会社の宣伝によって「バレンタインデーにはチョコレートを贈る」というスタイルが次第に広まっていき、当時の小学生から高校生の間で流行っていったことが起源となっているようです。

現在ではすっかりバレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本の文化として定着していますね。

ヨーロッパなどの風習が起源となっているイメージもあるかと思いますが、バレンタインデーにチョコレートを送るというのは意外にも日本独自となっております。

現在のバレンタインデーには様々な意味のチョコレートも!

バレンタインデーといえば好きな人や恋人・パートナーにチョコレートを贈るという方が以前は多かったと思いますが、最近では様々な意味合いの「チョコレート」を贈り合っている方も増えてきています。

本命以外の男性へ贈る「義理チョコ」、女性同士で贈り合う「友チョコ」はすでに行っている方も多いですよね。

その他には、男性が女性へ贈る「逆チョコ」やお世話になっている人へ贈る「世話チョコ」、さらには家族への「ファミチョコ(ファミリーチョコ)」なんていうものもあるようです。

また、自分へのご褒美として自分自身へ贈る「自分チョコ」「ご褒美チョコ」は実はかなり多くの女性が行っているようです。

私も「自分チョコ」として普段は買わないであろうちょっと高級なチョコレートを毎年楽しみにしています。

現在の日本では、バレンタインデーは普段中々伝えることのない気持ちや好意などを伝える一つのきっかけとして存在しているようですね。

まとめ

バレンタインデーの由来やチョコレートを送るのは起源が日本で、日本だけの文化でした。最近では好きな人に想いを伝えるだけでなく、様々が意味があることについても説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

バレンタインデーは普段あまり話せない人へも何か気持ちを伝えるきっかけになりそうですね。

しかし、あまりにもたくさんのチョコレートを贈ることにうんざりしてしまうという声も多いので、一度「バレンタインデー」の由来について考えてみるのも良いかもしれませんね。

大手通販でバレンタインデーチョコを一括検索

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする