リッチェル ひんやりしないおふろマットR 使ってみた感想

スポンサードリンク

首の座っていない乳児をひとりでお風呂に入れることになりましたが、自分の体に子供を乗せて子供の体を洗うことが難しく、どのようにすればうまく子供を洗えるかを検討しました。

はじめは生後1か月を過ぎてからもベビーバスを使うことを考えましたが、身長が伸びたためベビーバスから頭がはみ出てしまいうまく洗えなかったことや、体重が増えることによって手首に負担がかかってしまったため、床に置いた状態で子供を洗えるベビーバスマットを探すことにしました。

リッチェル ひんやりしないおふろマットR

この商品を選んだ理由は?

ネット上でいくつかのベビーバスマットを比較した結果、値段が安かった点とネット上で評価も高かったために、「リッチェル ひんやりしないおふろマットR」に決定しました。比較した類似品としては、

  • スポンジタイプ
  • 空気を入れるタイプ

がありましたが、スポンジタイプは安価でよかったのですが、スポンジに水がしみ込んだままというのが衛生的に嫌でやめました。

また、空気を入れるタイプは使わなくなったら空気を抜いてコンパクトに収納できる点が良いと思いましたが、凹凸が多く洗いづらいと考えやめました。

商品を購入したショップは?

大手通販のアマゾン(Amazon)で購入しましたが、割引されていた点と、Amazonプライムで即日発送できる点、また、ほかに同商品を販売しているショップが見当たらなかったため、このショップでの購入を決めました。

取り扱っていたのがアマゾンに出店していたRichellの正規店だと思われるため、特に心配はしていませんでした。商品の発送も迅速で、すぐに使いたかったため大変助かりました。

また梱包に関しても特に問題はありませんでした。こちらのショップで購入してよかったと思います。

リッチェル ひんやりしないおふろマットR

商品を使ってみた感想は?

お風呂にこちらのバスマットを置いて、その上に子供を寝かして使用します。

良い点としては、発泡スチロール製のため、あまり冷たくもならずお湯もある程度保温されますし、寝かせたまま体を洗えるため大変重宝しています。

また1人でお風呂に入れるため、まず自分が入浴を済まし、その後こどもの体を洗うのですが、このバスマットを使用して浴室の前で寝かせておけるためとても便利です。

お風呂上りは自分が着替え等を済ませる間は、このバスマットの上にバスタオルを敷いてしばらくの間待っていてもらうこともできます。お手入れはさっと洗い流し、立てかけておくだけで発泡スチロールのため水切れが良くすぐに乾いてくれます。

リッチェル ひんやりしないおふろマットR

悪いと思う点としては、発泡スチロールのため、子供が動くたびに「キュッキュ」と大きな音が浴室で響き渡るため、その音に子供がびっくりしていることがあります。

機嫌が悪いタイミングでその音がして、子供が泣いてしまったこともありました。また、ある程度の傾斜はありますが、そのまま置いて頭を洗うと耳に水が入ってしまいます。

そのため、頭部分にタオルを敷いて高さを出して使用するか、頭を持ち上げて使用しています。ワンオペで1人でお風呂に入れる必要がある人にはお勧めできる商品かと思います。

まとめ

「リッチェル ひんやりしないおふろマットR」を購入したことによって、お風呂の間子供もご機嫌で暴れることがなくなり、お風呂の時間が憂鬱ではなくなりました。

マイナスポイントもありますが、価格等を考慮するととても良い買い物だったと思っています。

ニックネーム:びり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする