りんごを切った後のおすすめ保存方法は?え、変色しても戻せる?

スポンサードリンク

りんごは成分の影響で、切った後はどうしても変色してしまうので何か良い保存方法がないか気になります。以前は塩水につけるのが主流でしたが最近は良い方法が発見されています。

1年を通して食べることができるりんごの変色の悩みは尽きませんね。りんごは医者いらずと言われるほどに健康的に口にする方も多く、かといって1個丸ごと食べるには一人ではきついでしょう。

では、りんごの保存方法や切った後に変色しない便利な方法をご紹介します。

りんごのイラスト

りんごを切った後の変色を防止する方法とは?

りんごを自分が食べる分だけカットしたとしても、必ず切った断面は放置しておくと変色します。変色しないための一番おすすめの保存方法はすばり・・・

りんごは切った後、オレンジジュースにつけておくと変色せずに保存できる!

そして、この方法を実践すると変色しないどころか変色してしまったりんごの色を元に戻すこともできるのです。

なんだか、とても不思議ですね。これは「あのニュースで得する人損する人」日本テレビ2015年5月28日放送の情報です。アレを見て以来、これしかない!と私が思えるりんごの変色防止方法です。

他には塩水につける方法がありますが、この方法だと、食べた時に何となく塩味を感じるので良いと分かっていても個人的にはなかなかやりたくない方法だと思っていました。

オレンジジュースに漬けたからといって、りんごを食べた時にオレンジの味がする感じは特にしません。本当に素晴らしい方法としか言えません。

オレンジのイラスト

オレンジジュースに漬けると何で変色を撃退できるの?

りんごを変色させずに保存するのは理解できても、変色したりんごをオレンジジュースに漬けると元の色に戻るのは不思議です。なぜなのでしょうか?

その理由はと言うと、

  • りんごにはポリフェノールがたくさん含まれている
  • ポリフェノールは時間と共に酸化
  • オレンジジュースはビタミンCが含まれている

ビタミンCは酸素と仲良しで、すぐに結びつきます。その為、酸化を始めたりんごでもオレンジジュースが酸素と結びつき、りんごから離れていきます。そして、りんごの色が戻に戻るというわけです。

スポンサードリンク

りんごを切った後でも変色させない他の保存方法は?

りんごを切った後に変色させないためにはオレンジジュースが何と言ってもおすすめですがオレンジジュースが手元にないとか苦手と言う方の為に、他の方法をご紹介します。

塩水を使った保存方法

昔ながらの知恵として知られている塩水を使う方法です。

りんご1個に対し塩小さじ1程度用意します。

そして、水をりんごがかぶるくらいに入れます。変色してしまったりんごの色は元に戻せないので、りんごを切った後すぐに漬けます。食べる時は水を切ってそのまま盛り付けます。塩味が少し残ります。

レモンを使った保存方法

レモンを使う方法もあります。オレンジジュースと同じく、レモンに含まれているビタミンCが活躍してくれます。

りんご1個に対しレモン汁小さじ1程度用意します。そして、塩水同様に水をかぶるくらいに入れます。

レモンのイラスト

その他の保存方法

はちみつ水やラップという手段がありますが、先にご紹介した方法に比べると断然劣る方法です。しかし、しないよりは良いです。ラップはりんごをみずみずしく新鮮な状態にしておくのには期待できますが、さすがに酸化には力が足りません。

りんごを切った後に酸化の原因となる成分とは?

りんごの保存で問題になる切った後の酸化は厄介ですが、酸化を起こすポリフェノールは健康的な面で人気があります。

りんごのポリフェノールは特に皮の部分に多く含まれているので、可能な限り皮も一緒に食べると良いですよ。

「いやいや、だってりんごの皮をむく時に手からツルリとすべり落ちるほどにピカピカとワックスが見えるから皮なんて食べたくないわ。」と言っている人はいませんか?

あのワックスみたいな正体は、自然にりんごから生まれるものなのです。

ワックスがかかっているのではないのです。りんごが作り出す天然ワックス(ろう物質)で、パラフィンやアルコールや飽和脂肪酸でできていて体に害はありません。その天然ワックスによりりんごをより鮮度よく保つ役割があります。

また、ツルリと滑るどころかベタベタとしたりんごに出会ったことがありませんか?あれも不思議です。

こちらのベタベタの正体は、りんごのリノール酸やオレイン酸による現象なのでこれも問題なく食べることが出来ます。むしろ、このベタベタは「食べごろのサイン」と考えられます。

まとめ

りんごを切った後の変色を防ぐ保存方法は、断然オレンジジュースがおすすめです。そのままコンポート風に器に入れたまま食卓に置いても鮮やかな色でおしゃれです。

ワックス?など気になることがあったりんごですが、むしろ新鮮な証拠だとわかり安心しました。とはいえ、全くワックスの気配を感じないザラザラの皮のりんごもあります。それもそのはず日本だけでもりんごの品種は2,000種(情報:JAあおもり)と言われているのです。

自分は甘味優先の王林が好きです。お菓子にも合います。酸味と甘みの両方を感じたい方や酸味がないりんごが好きな方など好みは色々です。自分の大好きな品種を覚えておくと購入の時に迷いません。医者いらずといわれるりんごをしっかり食べて元気に暮らしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする