エッセイとコラムの違いを言える?あなたはどっち派?

スポンサードリンク

エッセイ募集などの広告を目にするのですが、エッセイとは正確には何のことだか説明できますか?

コラムとエッセイは似ているような気がするのですが、何か明確な違いがあるのでしょうか?近年、ブログを発信する人が増えましたが、それはエッセイとかコラムのような分類に入るのでしょうか?

明確な違いが分かれば、どちらが自分に向いている文章が書けるのか理解できますし、募集記事を目にしたらすぐに文章が書けます。では、エッセイとコラムの違いについてご説明していきます。

雑誌のイラスト

エッセイとコラムの違いは?

エッセイとコラムについて大きな違いは体験したことの表現に違いがあります。簡単にご説明します。

  • エッセイは体験を自由に表現する
  • コラムは一定のテーマに対し評論文的に書く

となります。詳しく見てみると

エッセイとは…日本語では、かた苦しく言えば随筆とも言います。体験やそれにもとづく思想を文にまとめたものです。個人の体験から書かれるので日記的な要素があります。
コラムとは…新聞雑誌などで短い評論などを書く欄、また、その記事。(新明解国語辞典:三省堂より)

コラムとは新聞などに掲載されるのですが、ニュースとはまた違った個人的な評論を含めた文章です。まったく関係ない日記のような記事であることもあれば、直近のニュースをテーマに自分の知識と深い見解をもとに評論文式になっていることもあります。

それが大きな違いです。といっても、コラムも豊富な体験から得た知識がなければ評論できないので似ていると思われがちなのです。

エッセイとコラムのどっちが書き易い?

エッセイとコラムはどちらが書き易いのでしょうか?違いから見ると自由度の高い体験談風のエッセイの方が良さそうなのですが…。もう少しエッセイとコラムの違いをご説明します。

具体的なエッセイとコラムの例は?

エッセイの例:個人ブログです。ブログには表現方法や内容が色々ある為、個性が発揮されるものです。比較的自由に自分の思うままに好きなことを好きに表現しています。日記のようなものです。

コラムの例:朝日新聞の「天声人語」です。時事問題やことわざなどについて苦笑するような評論を記事にしています。これはCMもやっているので有名ですね。

普段、日記やブログなどに自分の思ったテーマや体験をスラスラと書く習慣がある人はエッセイ向きです。時事問題について人と語り合うことが多い人はコラムの方が向いているでしょう。

しかし、コラムの場合は新聞雑誌など一定の欄に掲載されるため、一般読者が投稿する機会は少ないと思われ、職場の広報などの部門があると適所職務になります。

エッセイ募集の時にどう書けば採用されやすいのか?

エッセイとコラムの違いが分かったので、エッセイ募集の記事を発見したら是非応募してみたいですね。どのようにかけば採用されやすいのか私の体験からご紹介します。

<テーマ>

基本的にテーマは明確にはありませんが「身近なこと」や「環境のこと」など基本テーマが設けられていることがあります。体験談がもとになるので、それほど難しいことではありません。自分が体験した、他人も興味を引くようなものが良いです。

<内容・表現>

テーマになるようなメインの表現や文章をまず最初に持ってきます。何について書きたいのか不思議な体験や感動体験などをまず最初に表現しましょう。何について書きたいのかが分かると読み手の興味につながります。

また、表現方法は単調に詩のように「まるで○○のよう…」のようにイメージをわかせるようなものもあれば、プレゼンのように「どうなったと思いますか?実は…」のような表現もできます。単調に日記のように体験をまとめるのではなく、読者を意識して記事にします。

<締め>

これがエッセイの難しいところです。あくまで個人の体験談なので、結論が出るような終結をすると読者が「いやそうは思わないなあ…」と共感できない文章になったり、結局は人の日記を読んだだけの時間になってしまったりと、残念な文章になります。

個性は発揮しつつも、最後は読者が自分自身で考える機会になることが大切です。結論を必ず入れる必要がないのです。「自分はこうありたい…あなたならどうですか?」と言った具合に読者と共に次へのステップを考える文章になると良いです。

まとめ

エッセイは体験談風、コラムは評論風ということがわかりました。エッセイは体験談をもとに書くので比較的書き易いはずなので「エッセイ 募集」で検索をかけると常時何か発見できます。

応募総数はどれもかなり多いので採用確率は低いかもしれませんが、より身近で自分が書けそうなエッセイに応募してみるのも楽しいですよ。是非、挑戦してみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする