ゴールド免許の4つのメリットとは?10年で差がつく時間とお金について

スポンサードリンク

ゴールド免許を持っているとメリットも知っていて、他の人に比べて「これってラッキー」と思うことがあります。

しかし、持っていない人はどれくらいゴールド免許が魅力的なのか知らずに、ちょっとした違反ぐらい…と思っていませんか?

ゴールド免許は免許更新期間が違うことは周知ですが、それ以外に経済的にも時間的にも民間の特典までも大きな違いがあり、これを知ると何が何でもゴールド免許を維持したいと思うようになることでしょう。

ゴールド免許のメリットについて、またどんな特典があるのかをご紹介します。

車のイラスト

ゴールド免許の代表的なメリットまず4つ!

ゴールド免許を取得するとメリットがたくさんありますが、まずは免許更新で差がつく4つのメリットをご紹介します。

<ゴールド免許のメリット1>免許更新の期間が5年

道路交通法92条の2によると各色による免許の有効期間は下記の通りで、更新年の誕生日の41日前を起算日とした過去5年間の違反や事故の有無で区分されます。

  • ゴールド免許:5年
  • 青色免許(一般運転者):5年
  • 青色免許(違反運転者):3年
  • 初心者や初回更新者は別規定

仮に10年間で見てみると、違反ありの青色免許は3回も更新に行く必要がありますがゴールド免許だと2回の更新で済むのです。

<ゴールド免許のメリット2>免許更新の時間が短いから嬉しい!

各色の免許での更新講習時間の目安に差があります。

  • ゴールド免許:30分
  • 青色免許(一般運転者):1時間
  • 青色免許(違反運転者):2時間

違反があるとゴールド免許に比べて1時間半も時間が多くかかります。

スポンサードリンク
<ゴールド免許のメリット3>免許更新の費用が節約できる!

更新手数料と講習手数料(福岡県警HPによると)

  • 優良講習者:3,000円
  • 一般講習者:3,300円
  • 違反講習者:3,850円

1回の更新でゴールド=優良講習者と違反講習者では最大850円の差がつきます。

<ゴールド免許のメリット4>専用更新センターなどを利用できる

通常の免許更新試験場以外にも都心部などに開設されているゴールド免許更新者専用のゴールド免許センターを利用できます。

また、一般的な試験場では日曜日は特定日にしか開設されていませんがゴールド免許センターは日曜日も開設されていることが多く、仕事を休まずにショッピングのついでに立ち寄れます。

全員がゴールド免許所持者なので一連の流れ作業でスムーズに更新項目をクリアして行けます。

ゴールド免許で節約できる金額は?

つまり仮に10年間の様子を見てみると…

  • ゴールド免許:2回更新・30分講習×2回=1時間・3,000円×2回=6,000円
  • 青色免許:3回更新・2時間講習×3回=6時間・3,850円×3回=11,550円

違反をして青色免許になってしまうとゴールド免許に比べて更新時間は5時間も多いし、費用は5,550円も多くかかります。無駄とは言いませんが節約できる部分は節約したいと思いませんか?

ゴールド免許のその他のメリットとは?

まだまだ、ゴールド免許にはメリットがあります。

メリット1:自動車任意保険が割引になることが!

ゴールド免許で5%の割引を受けました。会社によっては3~10%引きなど差はありますが、各種特典を民間保険会社が準備しています。

毎回お任せで保険を更新している人は、次回に割引をおたずねしてみてはいかがでしょうか?たとえ3%でも保険料の割引金額は大きいですよ。

メリット2:レンタカーが安くなることも

バジェットやトヨタレンタリース他「ゴールド免許 割引 レンタカー」で検索すると500円引きや20%引きなどさまざまな特典が出てきます。安全運転の証であるゴールド免許は「安全にレンタカーを運転します!」と宣言しているようなものです。

メリット3:安全運転の証明に

身分証明が必要な時に顔写真つきの運転免許証を提示することがありますが、ゴールド免許であると違反などを犯さない人であることがわかります。運転免許が必要な転職先などに提示すると、まずは安心をしてもらえる力になるでしょう。

まとめ

ゴールド免許を一度取得すると、これだけの時間と費用のメリットが頭をよぎり、軽度の違反でもしたくないと思うようになります。

更新手数料などが安い上に、5年間の自動車保険も安くなるのでゴールド免許がいかにメリットがあるのかわかりますね。ご家族や周囲にもこのことを伝えてあげましょう。知らなきゃ損ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする