子育て中のママのストレス発散法!限界までためないことが大切!

スポンサードリンク

子供がうまれると、育児に家事にママは大忙しでなかなか自分の時間がとれなくなりますよね。妊娠中から覚悟はできていたはずなのに、やっぱり毎日の育児と家事のくりかえしにストレスを感じてしまうママはたくさんいると思います。

「ママになったんだから自分の時間がないのは当たり前だし、もっとがんばらないと!」と自分を追い込んだり、ストレスをためたままでいると、産後うつになってしまうケースも最近ではとても多いです。

産後うつになってしまうと、赤ちゃんのお世話どころか自分のこともできなくなってしまい、元気な自分をとりもどすのもとても時間がかかります。かわいい赤ちゃんのお世話ができなくなるなんて、ママにとっては悲しいですよね…。

そうならないためにも!ママがストレスを限界までためないで発散することはとても大切だと思います。私がやったストレス発散方法についてお伝えします。

夜泣きする赤ちゃん

簡単にできるストレス発散方法!

まだ小さい赤ちゃんがいると、時間がかかったり大荷物になってしまい大変なので、外出の数はすごく減りますよね。

男性は仕事に出てしまうため赤ちゃんとママが家で2人でいる時間がとても長いと思います。

赤ちゃんとの生活は幸せなはずなのに、毎日毎日同じことのくりかえしで、赤ちゃんが何を考えているのかも、どうして泣いているのかもわからない…とストレスを抱えてしまうママもとても多いです。

育児の悩みを自分1人で考えていると、どうしても世界がせまくなり「どうして私ばかりしんどいの…」と良い方向にはなかなか考えられないものです!

簡単で効果的なストレス発散方法は、だれかと話すことです。話し相手がいないという方は電話でもよいと思います。

たとえ悩みは解決できなくても、人に話すことで心が軽くなったり、ストレス発散になることはたくさんあります。

また、ただ意味なくしゃべるだけでも、結構ストレス発散になったりします。声を出すことは人間にとって結構大切だと思うんですよね。これは特に女性はそうなのではないでしょうか。貴方も思い当たるフシはありませんか?

しんどかったり、悩んでいるときこそ、家族や友達とたくさん話をしましょう!

家族や友達にも悩みを話にくいというかたは、「市町村の育児相談室に電話してみる」のもおすすめですよ!

スポンサードリンク

家にこもってばかりいるのもよくない!

家にこもってばかりいると次第に憂鬱な気分になりませんか?

だからって赤ちゃんがいると簡単に出かけることはできませんよね。でも、赤ちゃん連れでもいける場所は結構あったりします。

最近はママの産後のサポートもとても大切にされていて、育児サークルもとても多いです。

私も1歳の子供がいるママですが、周りに同じくらいに出産したママが1人もいなくて、あまり育児の悩みなどを言える場所がありませんでした。

独身の友達からランチに誘われても、赤ちゃんとの外出は大変なので断ってしまったりして、外出するきかいも少なくストレスに感じていました。

そんなときに、市の広報でベビーマッサージのサークルが紹介されているのを見て、ベビーマッサージなら子供と楽しめそうだしいいかも!と1度参加してみることに!

人見知りの私は最初はとても緊張しましたが、同じ時期に出産しているママたちばかりで、子供の話も盛り上がり、私と同じ悩みをかかえているママもたくさんいるんだ!とわかると、とても安心しました。

育児サークルだと子供が泣いても泣き止ませないと!と焦ることもなくマイペースに参加できて、今では月に1度ベビーマッサージにいくことがとても楽しみになっていて、私のストレス発散の大切な場所になっています!

赤ちゃんと一緒にたのしめる場所だと、外出するのもウキウキできていいですよね!

まとめ

私が実践してる子育て中のストレス発散方法はいかがでしたでしょうか。

はじめての子育て中のママはとくに、「赤ちゃんのためなんだから、こんなことでしんどいと思っちゃだめ!」と子育ての悩みを1人でかかえてしまったり、ストレスを積み重ねてしまいがちです。

しかし子供を育てることは本当に大変で、ママ1人で頑張ってしまうと、ママが倒れてしまいます。ママが倒れてしまったほうが、子供は悲しい気持ちになりますよね…

ママが元気に楽しく子育てしていくためにも!ママがストレス発散することはとっても大切なことなんですよ!

誰かに子育てのしんどいこと、不安、悩みなどを話しストレスをためないようにしたり、同じような悩みを抱えているママたちとの出会いの場に参加するのも、ママにはすごく大事だと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする