水道代を節約する裏技とは?家族に内緒で実行できる!

スポンサードリンク

水道代を節約しようとすると、水量などの変化に家族から不満の声が出てしまい、結局は元に戻すということがあります。

家族に水を流すことがどれだけお金を流していることになっているか理解してほしいものです。そんな中、家族にバレずに節約できる裏技があります。とぼけることができますよ。

水道代は無駄に排水する量を減らすことがカギです。必要なことには使って良いのです。ですから気持ちよくお風呂にも入り、シャワーも使い…その上で節水できたら嬉しいですよね。そんな水道代を節約する裏技をご紹介します。即!実践できますから、是非最後までご覧下さい。

蛇口のイラスト

蛇口の水量を少なくして水道代を節約する裏技?どういうこと?

そもそも蛇口から出てくる水を調整できます。手元のレバーをたとえ全開にしても、今までのように出てこない為、普段ジャージャーと流しっぱなしや、いつも蛇口全開の家族がいる場合には節約につながります。

<裏技1:蛇口それぞれの水道栓を少し締める>

実は、蛇口の下側にあるカバーなどを開くと、水道管が見えて水道栓があることがわかります。えーっ工事屋じゃあるまいし、水道栓なんて探せない!と思っているのでは?台所、洗面台、そして自動の場所でさえ見える所にあります。

この水道栓を締めてしまえば水は一切出てこない仕組みです。その為、これを少し締めると蛇口から出る水が減ります。

この方法には注意点があり、一度に思いっきり栓を締めると急な水量変化に家族が気づき、不満の声があがります。ほんとに微量ずつ調整して慣れさせていきます。

そうするとバレません。もし気づかれそうになったら「蛇口が詰まってるのかなあ?」なんて言ってごまかします。家族が蛇口を全開にしても出て来る量は減っていますし、量に関わらず顔を洗う時間や手を洗う時間はいつもと変わらないはずです。ならば出て来る水の量を減らすことが小さくても節約につながります。

<裏技2:節水コマ>

蛇口に取り付けると水量を減らす為、節約につながります。システムキッチンのようなシャワーヘッド式の場合には、取り付けられないので節約式のシャワーヘッドを選ぶしかないです。

…と言っても、水道栓を締めれば節水コマは不要なので蛇口の下のドアなどを開けて水道栓の場所を確認する方法がやはり手っ取り早いです。

スポンサードリンク

水道代がどこにどれだけかかっているか理解して節約

日頃使う水道代が、どれくらいなのか理解することで、節約意識が高まります。その場所にカラフルな図解や絵を置いてみましょう。なんだかオフィス内の節約標識みたいですが、まずは家族に現実を知ってもらわなければ、節約できません。

1ケ月間だけでも良いし、水道代が上がってしまった翌月などだけでも視覚に訴えましょう。この行為そのものが水道代節約の有効的な裏技です。1人や1回当たりの計算での水道代目安をご紹介します。

トイレの大レバーは小レバーの1.4倍の水が必要

大レバー8Lの水に対し小レバーは6Lです。使い分けて、全て小レバーで済む場合には月60Lの節約ができます。月20円程節約できます。

風呂は再利用で1日90L節約

洗濯機に1日1回使用するだけで60L節約できます。それに庭木の水やりなどに再利用して1日90L節約すると月900円程節約できます。

歯磨きの水の流しっぱなしはコップの時の10倍の水が必要

水を流しっぱなしで歯磨きをしていませんか?その時は2L程水を使っています。コップを使って流しっぱなしにしない時は0.2Lです。コップにするだけで月20円程節約できます。

ホースの洗車はバケツの3倍の水が必要

洗車時に、ホースで流すと90L程度の水が必要です。バケツで細かく行うと30Lの為、60L節約できます。

これだけ?と思いましたか。いえいえ、1人とか1回という前提ですから、これを家族の人数分や回数分で掛け算をしていくと1ケ月だけでもかなりの節約になります。

まとめ

水道代を節約する裏技についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。今すぐできること!それは

  • 蛇口の下の水道栓を少しだけ締める。
  • 水道代の目安をそれぞれの場所に可愛く視覚に訴える。

でした。蛇口の水道栓は、水を出しながら少しだけ締めるのですが子供に「ねえ!何かした?出る量少ない!」とバレたことがあり、その後は一旦、元に戻して、毎日ほんの少しずつ締めていきました。

視覚に訴える目安は1人分や1回分では大したことがないと思うかもしれないので家族分や1ケ月や1年間などの大きな単位で表しましょう。家族を巻き込む裏技は水道代に成果が表れ始めたら、それも家族にもグラフなどで見せてあげましょう!楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする