シンクの掃除には洗剤よりもクエン酸&重曹ペーストがおすすめ!

スポンサードリンク

結婚してから毎日料理をするようになって、だんだんとキッチンがごちゃごちゃとしてきた私はそうじが苦手でなかなか片付きませんでした。

とくにキッチンのシンクはよく汚れるしそうじもおおざっぱ。シンクは食器を洗ったりフライパンなどの調理器具を洗ったりで毎回すぐに汚れますよね。

見ただけですごく疲れた気分になってあとまわしにしがち。夜寝る前になって一気に洗ったりしていると、よけいに時間がかかって、それからシンクのそうじまではやる気にはなりません。

毎日こまめにそうじしていれば簡単にできると分かっていても、気がつけばなかなかとれない汚れがつきはじめていて、水垢で白っぽくなったり、油汚れでベタベタしていたり…

でも汚いのはもっとイヤだし、子供もいるのでキレイにそうじしようと心に決めて今では毎日少しづつやるようになりかなりピカピカになっていると自負します。

最初は掃除といえば、市販の洗剤を使ってというイメージがありましたが、実はシンクの掃除については洗剤よりもクエン酸や重曹を使ったほうがよかったりします。

そうじがキライで苦手な人でもちょっとはやる気が出てくるシンクそうじの方法を紹介します。

シンク

シンクの水垢にはクエン酸が効果的

シンクはいつも水にぬれたままの状態なので、水垢がすぐについてしまいます。手を洗って毎回水分をふき取ってなんてしていられませんし、放っておくとシンクの表面がうっすら白っぽくなってくもっているように見えてステンレスのピカピカ感がなくなってしまいます。

この水垢は水で流すだけではとれなくて、スポンジで軽くこすってもこびりついているのかあまりキレイにはなりませんよね。

そんな水垢を落としてくれるのがクエン酸です。クエン酸は水垢を落としながら消臭してくれる効果もあり、洗剤のようなきついニオイがないのでキッチンでつかっても安心ですよ。

やり方は、基本的にはクエン酸の粉をシンクの上から全体にふりかけて、ぬらしたスポンジで軽くこするだけ。力をいれなくても水とクエン酸の粉がまざって水垢となじんでくれます。

ただこの方法だと、水平の部分は掃除できますが垂直の部分は掃除をやりにくいという欠点があります。それを解決してくれるのがクエン酸ペーストです。

クエン酸ペーストの作り方はクエン酸の粉を容器に入れて水を少しづつ加えながら、好みの硬さになるまでかき混ぜていきます。

クエン酸ペーストならシンクの垂直部分にもへばりついてくれるし、粉のように飛び散ることもないので、使いやすさ間違いなしです。

全体的にやりおわったら、水で流すと白っぽいくもりがとれてピカピカなシンクが見えてきます!じゃぐちの周辺は水をかけにくいので、コップに水をいれてあまり飛びちらないようにやさしく流しましょう。

ゴム手袋をしてをしてやると手がぬれないので、あとあとらくなのですが、クエン酸は洗剤とちがって肌にやさしい成分なので素手でやっても大丈夫。手袋をするのがめんどくさい人でもそのままできるので簡単。

スポンサードリンク

シンクの油よごれには重曹が効果的

クエン酸は水垢には強いですが油汚れは落とせません。シンクの油よごれには、重曹をつかって落とすのがおすすめです。

やり方はクエン酸のときと同じ感じで、重曹の粉をシンクの上から全体にふりかけて、ぬらしたスポンジで軽くこするだけ。

重曹にはちょっとした研磨効果もありますので、油汚れだけではなく新しくついたカビくらいなら少し力をいれてこすれば取れるので、サビも気になる場合に役立ちます。

やりにくい垂直部分には、やはり重曹ペーストを作ってから掃除をするとスムーズにできます。重曹ペーストの作り方はクエン酸ペーストと同様にできます。

重曹にも消臭効果がありきついニオイもしないのでキッチンでつかっても安心。さらに重曹はさかなの生臭いニオイを消すのにも効果がありますので、さかなの調理をしたときにはついでに、まな板も重曹で洗うとスッキリしますよ。

最後は水できれいに重曹を流してキレイにふきとりましょう。重曹は流し残しがあるとざらざらしたままで、乾くと塩をふったみたいになるので、しっかり流します。

まとめ

キッチンのシンクの掃除には洗剤よりもクエン酸や重曹がおすすめということについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。クエン酸も重曹もペースト状にすれば、より使いやすくなることについても述べてきました。

クエン酸ペーストや重曹ペーストではコストがかかりすぎると思う方は、量を減らしてスプレーにすると経済的になりますよね。スプレーの容器なら100円ショップでも手にはいりますし、他の洗剤などの使い終わって空いたものを使用してもよいですね。

ただ、洗剤などの中には成分が混ざってしまうと危険なものもありますので、その辺は十分に注意してくださいね。

やってみると意外に簡単なシンクのそうじは、毎日のそうじ習慣をつけることが1番大切です。少しづつでもやることで、やらないよりかは断然キレイになりますので、はじめの気合をがんばっていれましょう。

小さい子どもがいる家庭には、肌にやさしいクエン酸と重曹は安心して使えるアイテムなのでどんどん活用できると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする