顔の日焼け止め|塗り直しはできない?メイクの上からできる方法はコレ!

スポンサードリンク

紫外線対策に1年中日焼け止めを使っているという女性は多いですよね。

冬は春~夏に比べると日照時間も短く日差しも強くないように感じますが、実際は冬でもかなり紫外線の影響をお肌は受けているのです。

特に季節の変わり目はお肌のコンディションも変わり目なので、乾燥などによって紫外線の影響を受けやすくなっているようです。

顔に日焼け止めを使用する場合には下地と一体化した日焼け止めや美容液と日焼け止めが一緒になったものを使用したり、日焼け止めの上からメイクをするという方が多いですよね。

体の日焼け止めの塗り直しは簡単に行うことができますが、顔の日焼け止めの塗り直しは皆さんは行っていますか?恐らく多くの方が「朝塗ったきり」ではないでしょうか?

もちろんメイクにも日差しを跳ね返すような効果もあるので日焼け止め効果が期待できないわけではありませんが、メイクをなおすのと同じように日焼け止めも塗りなおした方が良いと言われています。

しかし、問題は日焼け止めはメイクの下にするのが基本ですが、それでは日焼け止めを塗り直しするには一度メイクを落とさないといけないの?ということです。

ここでは日焼け止めの塗りなおすタイミングや回数、メイクの上からでも塗り直しができる方法などについてお伝えしていきます。

顔を気にする女性のイラスト

メイクの上から日焼け止めを塗り直す方法とは?

日焼け止めをメイクの過程で仕込む場合は「日焼け止め→下地→ファンデーション」「日焼け止め→ファンデーション」という順番の方が多いですよね。

また、下地や美容液と日焼け止めが一緒になったタイプのものを使う場合でもメイクの前に使用しますよね。

日中に日焼け止めを塗りなおす場合はメイクの上から塗ることになるので、朝使っているような液体タイプの日焼け止めではせっかくのメイクがヨレてしまいます。

そこで私が使用しているのはパウダータイプの日焼け止めです。また、日焼け止め効果のあるフェイスパウダーもおすすめです。

メイクなおしをするのと同じように皮脂をおさえた後満遍なくパウダータイプの日焼け止めをはたきます。パウダーならメイク直し感覚で塗ることができるのでとてもラクチンです。

日焼け止めを塗り直した方が良い理由はなんで?

日焼け止めを塗りなおした方が良いと言われている理由は実はしらずしらずのうちに日焼け止めが剥がれているからです。

SPFの強い日焼け止めを塗れば塗り直しがいらないのでは?と思うかもしれませんが、SPFの強い日焼け止めを朝塗ったとしたらその日焼け止めはいつまでお肌にのっているのでしょうか?

実際は、汗や皮脂などで気が付かない内にどんどん落ちていっていることがあります。また、飲み物を飲んだ際やお食事の際に口元をぬぐったり、鼻をかむなど思わぬ時に思わぬところを触っていることもあります。

日焼け止めを塗りなおす理由は、SPFの強い日焼け止めを塗ってもその効果が減っていくわけではなく皮脂や汗、顔を触るなどの行為が原因で日焼け止めがはげていってしまうからです。

特に発汗の多い夏は要注意といえます。

日焼け止めを塗り直すタイミングや回数を知りたい!

さて、日焼け止めを塗りなおすにはいつが一番効果的なのでしょうか?

日焼け止めは2~3時間ごとに1度塗りなおすのが良いと言われています。また、汗をかいたり顔やおでこなどをぬぐったりすることがあればその都度塗りなおす必要があるようです。

日が高い時間帯に外に出る場合はそのタイミングで日焼け止めを塗ると安心ですね。1日中外出しているという日は朝日焼け止めを塗った後、1日2~3回ほど塗り直したほうがよいでしょう。

まとめ

顔の日焼け止めを塗り直す方法やタイミングなどについてはいかがでしたでしょうか。

季節によって多少異なって来るでしょうが、日焼け止めの効果を持続させるには1日に2~3回ほどは塗りなおした方がよさそうですね。

もう一度メイクを落としてからやり直しというのは多くの方はできないでしょうが、塗り直し用の日焼け止めにはパウダータイプを持ち歩いていると便利です。

今まで日焼け止めは朝塗ったきりだったという人は用心に越したことはありません。塗り直し用の日焼け止めパウダーを揃えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする