厄年の女性がやってはいけないことって?厄除けのラッキーアイテムはないの?

スポンサードリンク
  • 厄年が気になって仕方がない人
  • 周りから「あなた今年厄年よ」と言われて重い気持ちになっている人

など様々いらっしゃると思いますが、あえていつが女性の厄年か触れずに進めます。

なぜなら、女性は30代でたくさんの厄年が訪れるのです。知らない方が良い人もいるでしょう。女性の30代といえば多くの場合、結婚、出産、子育ても真っ最中です。

自分のことはさておき子供や家族のために尽くす大変忙しい年代です。心身ともに大変なのです。その状況そのものが厄年であると思います。

厄年は役年と言い換えることもあります。女性にとって大活躍の30代。良いことも悪いことも当たり前のように起きる波乱の期間です。

それを踏まえた上で、どうしても女性が厄年でやってはいけないと言われていることがあるとしたら知っておきたいですね。また厄除けによいと言われているラッキーアイテムなどあると嬉しいと思うので紹介します。

イライラする女性

女性が厄年にやってはいけないこととは?

女性が厄年にやってはいけないと言われていることをいくつか挙げてみます。知らないほうがよかったという人もいるかもしれません。

でも安心してください。現実的には全て避けて通れない内容です。ということはどのように対応していけば良いかがわかれば良いのではないですか。心の準備はよろしいですか。お伝えしますよ。

結婚式のイラスト

やってはいけないと言われていること

女性が厄年にやってはいけないと言われていることは、ずばり次のことです。

①結婚

②引っ越し、家を建てる

③転職、新しいことを始める

おおっ!驚きませんかこの事実に。およその厄年が30代に回ってくる中、これらのことをせずにどうやって過ごせというのでしょうか。

ご主人が転勤になった時について行ってはいけないのでしょうか。出産を機に働きやすい仕事に転職することもあるでしょう。厄年だからって避けて通ることはできないことばかりですね。

スポンサードリンク

厄年だからって避けずに上手にしのぐ方法とは?

厄年だからやってはいけないと言われていることは、現実的には全て避けて通れない内容で、ショックを受けた方もいるのではないでしょうか。

そんな事言われても、もう決まっているし無理だよという方のために、ここでは、そのへんを上手にしのぐ方法についてお伝えしたいと思います。

①結婚

30代での結婚は失礼ながらやや焦りがあるのではないかと考えます。その状況で冷静な判断で彼と出会い、結婚に踏み切る必要があります。男性も仕事が忙しくなる世代です。

女性だけのわがままで生活をして行くことはできません。また結婚後は基本的には出産も伴います。結婚を機に生活が一変することをしっかりと理解し思い描いて、理想的な結婚をしましょう。厄年に結婚したから離婚したというのは言い訳に過ぎません。要はあなたの判断です。

②引っ越し

家族が増え引っ越しや新居を構えることもありえる年代です。引っ越しは荷造りから挨拶回りと大変労力が入ります。

また、それに伴い多額の費用もかかることでしょう。ご主人の転勤で見知らぬ土地に足を踏み入れ孤独になることもあるでしょう。それらトータルでストレスを感じ体調壊すということはあり得ます。

しかし、それらのことは厄年でなくても一大事です。子育てや仕事が忙しい役周りのあるあなたには、余計ともとれる出来事です。快適な新居に入ることで効率的に仕事も育児もできると理想的です。

忙しい中でもしっかりと家族と話し合って良い引っ越しを検討し、怪我などに注意して行いましょう。その先には楽しい生活が待っているでしょう。嬉しいことです。

引っ越す夫婦のイラスト

③転職や新しいことを始める

この時期に転職や新しいことをは始めるのには賛成です。確かに転職をすれば新しい人間関係で面倒なこともあるでしょう。仕事も慣れないことから始めます。しかしその転職は、あなたが決めたことです。

たとえ、ご主人の転勤で仕方なく転職をしたとしても、逃れることはできなかったのですから、いつまでもくよくよしている時間はありません。ポジティブにチャンスだと思って暮らした方が楽しいではありませんか。

女性は家族の状況に応じて、自分の生活の変更を余儀なくされることが多々あります。

あなたのわがままで転職をしたり、家族の意見を無視して新しいことを始めたりするのであれば、ゆくゆくは家庭崩壊を招いてしまうかもしれませんが厄年だから何か起きたわけではありません。

身勝手を起こさなければ何事も上手く行くし助けてくれる人が出るものです。正しい行いをして、不安は取り除いていきましょう。

働く女性のイラスト

厄除けによいとされるラッキーアイテムとは?

そう言われても、やってはいけないことと言われるとなんだか気になってしまうという方は、厄払いをすることをおすすめします。厄払いの仕方については、次の記事を参考にして下さい。

厄払いはいつ・どこで・どんな服装でするものなの?

また、厄払いまではする気はないけど、何か厄除けによさそうなアイテムはないかなと考える方もいるかも知れません。参考までに、厄年の女性が身に着けると良いとされるものもご紹介します。

そもそも厄年といういわれが古い時代からのものである中、厄除けに良いとされるものも迷信に近いのかもしれませんが、ラッキーアイテムとして身につけるのはいかがでしょうか。

  • 長いもの
  • 七色の物
  • うろこ模様のもの

なんだか古文にでてくる女性が身に着けていそうなものですね。現代風に応用するならばうろこ模様のスカーフやマフラーやネックレスが良いですね。

七色のものといえば真珠も光加減からそう言われており、真珠のネックレスもいいですね。厄除けだと言って慣れないものを身につけるより、そのようなアクセサリー感覚で身につけて楽しい気分で過ごしましょう。

ところで、長いものといえば、長財布、マフラーなど思い浮かぶと思いますが、七色やうろこ模様については、あまりピンとこないかもしれませんね。

七色のアイテムを一括検索

うろこ模様のアイテムを一括検索

まとめ

厄年の女性がやってはいけないと言われていることについてはいかがでしたでしょうか。思わずぞっとしてしまった方もいるのではないでしょうか。

現実的には避けるのは無理なようなことばかりで、厄年だからやってはいけないのではなく、注意をしなさいということだと思います。それぞれに意味があって作られたのでありがたい忠告だと思って、いつも以上に冷静に進めていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする