バレンタインデーでチョコレート以外のお菓子をプレゼントするならコレ!

スポンサードリンク

日本ではバレンタインデーには女性から男性へ好意を伝えるのにチョコレートを贈るのが定着していますね。

でも最近ではバレンタインデーにチョコレート以外のものを贈っているという女性もとても増えてきています。

他国では「バレンタインデーにはチョコレートを贈る」というスタイルは一般的ではなくチョコレートは重要ではないようです。

バレンタインデーにチョコレートを贈るというスタイルは、戦後日本でお菓子の会社が広め始めたスタイルが小学生から高校生の間で流行り定着してきたものなので、「好きな異性に気持ちを伝える」ならチョコレート以外のものでも良いかもしれません。

甘いものが苦手な彼や彼が喜びそうなものが他にあるのならもっと気持ちが伝わりそうですよね。

また、バレンタインデーを一つのきっかけとして日ごろの感謝の気持ちや愛情が伝わるような贈り物をするのも良いですね。

ここでは、

「バレンタインデーにチョコレート以外のものを贈りたい!」

「チョコレートにプラスαでプレゼントをしたい」

「チョコレート作りが苦手だからプレゼントが良いかも!」

「バレンタインデーに喜ばれる贈り物が知りたい!」

という方におすすめのプレゼントや予算などについてお伝えしていきます。

仲の良い新婚夫婦のイラスト

チョコレート以外のお菓子で気持ちも伝えたい!

さて、バレンタインデーには贈られる側もやっぱりチョコレートが定番だと思っている方も多いと思いますが、「実はチョコレートがあまり好きじゃないんだよな・・・」「チョコレートは何個か貰うから飽きてしまって食べきれない!」という男性も実は多いようです。

バレンタインデーには「チョコレート」の甘い響きが贈る側も贈られる側にも定着していますよね。

でも「普段は食べないけど」と無理をさせてしまいたくないですよね。そこで、チョコレート以外のもので気持ちが伝わるお菓子を贈るのはどうでしょうか?

私の夫も「嫌いではないけどチョコレートが特別好きなわけでもない!」と、甘いものは大好きだけどチョコレートよりも他のスイーツの方が好きなようなので、生クリームたっぷりのケーキやチーズケーキなどを贈っています。

手作りをするならシュークリームやプリン、クッキーに文字を書いたり可愛いアイシングも作っている女性の気持ちが表れやすくて良いですね。

チョコレートにプラスαでプレゼントがしたい場合は?

バレンタインデーは「告白する日」という意味だけではなく、カップル間や夫婦間なら日ごろの気持ちや感謝を伝えるきっかけにもなりますよね。

そこで、ちょっとしたプレゼントで相手を喜ばせたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

チョコレートにプラスαでプレゼントをする場合は、あまり仰々しいものではなく「ちょっとしたもの」が負担にならず喜ばれるようです。

ちょっとしたものでもその「ちょっとした気持ち」が嬉しいものですよね。また、甘いものがあまり得意ではないという男性ならチョコレートやお菓子は少しだけにしてプレゼントの方に予算をかけるのも良いかもしれませんね。

チョコレートやお菓子に添えるなら紅茶、ハーブティーなどの飲み物がおすすめです。ハーブティーとちょっとした癒し系のケアグッズ、アロマなども添えれば「お疲れ様」「ゆっくり休んでね」という気持ちが伝わりますね。

事前に男性の好みや生活スタイルなどをリサーチして、チョコレートだけではなくちょっとしたプレゼントを添えるとなんだか会話も弾みそうですよね。

甘い物が苦手な男性へ贈るプレゼント・予算は?

甘いものがそもそも苦手だと事前に分かっている男性へのバレンタインデーにはお菓子以外のプレゼントを贈るのが良いですね。お菓子以外でバレンタインデーで人気のプレゼントは「ちょっとした小物」のようです。

普段使えるようなちょっと良いボールペンや会社で使うマグカップ、ネクタイ、マフラーや手袋などのあったかグッズ、これらの小物が人気のようです。

また、二人で過ごす時間が長いというカップルは着心地の良いパジャマや下着類のプレゼントもおすすめです。男性が自分では中々選ばないものをプレゼントするのも意外性があって良いかもしれません。

私も普段よりもちょっと良い下着やパジャマを贈ったことがありますが、普段あまり気にしていないようなものだからこそ嬉しそうでしたよ。

バレンタインデーにプレゼントをする場合の予算は5千円~1万円という方が多いようです。バースデーではないので、もらう側の男性がホワイトデーでの負担をあまり感じないように選ぶのがポイントですね。

まとめ

バレンタインデーはチョコレートをプレゼントするのが日本では風習になっておりますが、実はチョコレートがあまり好きでない男性もいるということで、それ以外のお菓子もいくつか提案してみましたが、いかがでしたでしょうか。

中には甘いもの自体が好きでない男性もいるので、その辺は事前にリサーチしておいて、お菓子以外の小物などをプレゼントすることについてもお伝えしてきました。折角、プレゼントするのに相手が喜んでくれないのでは悲しいですからね。

バレンタインデーはこれから気持ちを伝える方、すでにカップルの方や夫婦の方が相手と向き合う良いきっかけになる日ですね。

チョコレートを贈る方もチョコレート以外のものを贈る方も、ラブレターを付けることもおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする