自転車にレインウエア着用で乗るときの問題点とは?選び方のコツ

スポンサードリンク

新入学や就職などで自転車通学や通勤が始まったばかりだというのに、明日は雨になりそうです。昔は何のおとがめも無かった自転車で傘をさす行為は、今では違反です。

レインウエアを買い揃えなくては…と通販サイトを調べると色々な特徴のあるレインウエアが販売されていて、どう選ぶと良いのか最初は分かりません。

今回は、使ってみなければわからない実際の自転車での通学や通勤の時に起きるレインウエアの問題点を7つご説明します。

それにより各自に見合ったレインウエア選びをする大切さが理解できます。ブランドに頼らず、かつ安物で取り急ぎ済まそうとせずにレインウエアの選び方のコツやポイントを確認してみてください。

レインウェアのイラスト

雨の日の自転車通学や通勤!レインウエアの素材で起きる問題とは?

雨の日に自転車でレインウエアを着たら「こんな素材のレインウエアにしておけば良かった…」と色々な問題点が出てきます。初めて自転車用のレインウエアの購入をご検討されている方はご紹介する選び方のコツを確認してみてください。

レインウエアで自転車に乗ると起きる素材の問題2つ

レインウエアといっても素材によって次のような問題が発生することがあります。

  • 撥水が悪くなって服に雨が染みる
  • 湿気がこもりすぎる

撥水し易い防水ものは通気性が悪い? と考えるかも知れませんが、一概には言えず耐水圧で判断すると良いです。

レインウエアを選ぶコツとしては次の2点があります。

  • 撥水や防水は耐水圧が10,000mm以上を選ぶ
  • 透湿機能は10,000g以上を選ぶ

傘はちなみに250mm程度と言われています。営業など通勤の他に日中連続で使用する場合は20,000mm以上などの耐水圧が望ましいです。

また、雨の湿気と体内の汗などでレインウエアの中はしっとりと濡れた感覚になりますが、それは湿度を逃がす透湿機能が関係してきます。

「透湿機能は10,000g以上」は少し基準が高いかも知れませんが、少なくとも5,000gです。それ未満は蒸れやすいと考えましょう。近くて汗をかく前に目的地に到着するような時は、そこまで気にすることはありません。

雨の日の自転車通学や通勤!レインウエアの形状で起きる問題とは?

雨の日は水滴や風で視界が悪い上にレインウエアを着用しての自転車走行はレインウエアの形状によって起きる問題点も理解した上で購入時に下記のチェックをしてみましょう。

  • 視界が悪くならないか?
  • フードが風で脱げるようなことはないか?
  • ズボンが濡れて脱ぎにくくならないか?
  • 背中のリュックが濡れないか?

髪の毛が濡れないように当然のことながらフードをかぶります。透明なフードであっても水滴がついたものが目の前にあれば視界が悪いです。

左右や後ろの確認の際にフードが邪魔なことがあります。フードが飛ばされずに目視確認の際に邪魔にならないものを選ぶ必要があります。

フードは透明で密着のものがよい

フードは全面透明が望ましい(前だけ透明であっても左右確認などが困難)。また、顔の周囲からアゴにかけて絞り袋のように紐やゴムで密着できるものが良い。

これにより、横や後ろを向いてもフードが密着しているので視界を妨げません。しかし顔はずぶ濡れです。顔が濡れない為には、フード面がより長い物を選びましょう。

雨で濡れたビニール製のズボンを脱ぐのは大変ですし、内側も蒸れていたら深呼吸したくなるほどに面倒です。

ズボンはチャック付きがよい

ズボンは足元からふくらはぎ付近までチャック付きが望ましいです。足元付近に脱着用のチャックがあると脱ぎ着が楽です。

リュックを使う人にはリュック用のレインウエア

リュックで通学や通勤する人も増えました。

雨の日にレインウエアを着用してもリュックの為にさらもう1枚のレインウエアを上から着用する人や、リュック用の雨よけ袋をかぶせる人などさまざまですが1枚のレインウエアですべてを解決するには、リュック用のレインウエアを探しましょう。

しかし、その際にサイズが合わないという問題が発生することがあります。選ぶコツとしては、

  • リュック可能なレインウエアは大きめサイズが良い
  • 参考にしているリュックの容量もチェック

着用サイズを参考にいつも通りのレインウエアを選ぶとリュック着用時にウエアがギュウギュウになったり、リュックのマチによりウエアがずれて洋服が濡れたりすることもあります。

リュックといっても容量がさまざまなので商品がどのサイズを元に作っているのか確認しておきましょう。大きいリュックの場合は2サイズほど大きいものが良い事があります。口コミを参考にサイズを決めましょう。

まとめ

使ってみないとわからないレインウエアの問題点は見えてきましたか?取り急ぎ安物を買うのではなく耐水圧や形状など選び方のコツを参考にしてみてください。

少しだけ高価に感じてもそちらの方が長い目で見るとおすすめできます。ちなみにブランドにこだわらなければ楽天などの大手通販サイトでも5,000円前後でリュック機能つきの優れたものが手に入ります。雨の日も快適に過ごせますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする