レインウエアの洗い方間違ってない?洗剤選びや乾燥や保存方法も!

スポンサードリンク

レインウエアは撥水コートがある為、洗うことに抵抗がある人も多いでしょう。

実は撥水などの機能を復活させる為には汚れを落とすことが大事で、毎回洗濯する方が良いのをご存知でしょうか。

  • 洗濯機に入れて洗ってもよいのかしら?
  • 洗濯ネットは必要?
  • 使う洗剤は?

など疑問だらけです。何より乾燥が終わった後に専用袋に入れて準備万端にしている人は要注意です。自己流でレインウエアを洗っていた人など自分の洗い方が間違っていないか今一度確認してみませんか?

今回は、レインウエアの洗濯方法や保存の仕方や撥水性をよみがえらせる方法などをご紹介します。

レインウェアのイラスト

レインウエアは洗濯機で洗える?

レインウエアは基本的には家庭の洗濯機で洗う際の洗濯ネット使用については賛否両論です。両方の意見を見た上で判断しても良いし洗濯ネット使う方から試してみてその効果を見るのも良いです。私の経験としては

  • レインウエアは洗濯機で洗える!ただし注意有(後述)
  • レインウエアは必ずしも洗濯ネットにいれる必要はない!

レインウエアをネットに入れるかどうか両論が存在します。それぞれの理由を見てみましょう。

ネットに入れる派の理由

  • チャックなどが洗濯槽にぶつかりウエアや洗濯槽が壊れる
  • 撥水コートをしたウエアが洗濯槽にたたきつけられると生地を傷める
  • フードなどがひっかかり生地が破れそう

ネットに入れない派の理由

  • 汚れ落ちによって撥水性が弱まるぐらいならしっかり全面をのびのびと洗う方が良い
  • 洗剤残りがあると同じく撥水性に影響するのでしっかりすすぎたい
  • 脱水コースは行わない為、傷みを気にする必要はない
スポンサードリンク

自分はネットに入れない派です。大きいネットに入れてみたところ、取り出した時に折り目などからジャバジャバと水が残って落ちてきました。汚れや洗剤も同様にその部分に残っているのだろうと思い、ネットを使わないようになりました。

ただし、チャックなどが洗濯槽にひっかからないようにチャックは締めています。それでもネットに入れる!という場合は外気に触れていた部分が表になるように入れてください。

洗濯については自宅洗濯が可能なのかレインウエアについている温度や手洗いやネット使用などの表示ラベルを確認するようにしてください。気になる撥水についてはこれからご説明する内容を行うことでクリアできます。

洗濯機でレインウエアを洗う際に注意すること

基本的にはレインウエアは洗濯機で洗うことができるのですが、海外では次のような事件も起こっておりますので注意して下さい。

新型スマートフォンのバッテリー欠陥問題で揺れる韓国のサムスン電子で、今度は米国で洗濯機が破裂する事故が相次いでいることが分かった。

(中略)

サムスン側は「一部の洗濯機で寝具や、かさばったり防水加工をした衣服などを洗う際に異常な振動が発生し、けがや物的損害のリスクをもたらす可能性がある」とする声明を発表。

(夕刊フジ 2016.10.03)

サムスンと言えば韓国のメーカーですが、このニュースを聞くと海外製の洗濯機でレインウエアを洗うときは注意したほうがよさそうです。

日本製も大丈夫とは言い切れるかわからないので、とにかく洗濯機でレインウエアを洗う場合は、最初の何回かは付きっきりで様子を見たほうがよさそうです。

レインウエアの洗い方には洗剤選びがポイント!その洗剤は間違いかも?

レインウエアの撥水性を損なわない為には洗剤選びがポイントになります。蛍光剤入りなど通常の衣類用洗剤はNGです。

洗剤は汚れを落とすことだけを考えてください。蛍光剤や漂白剤や柔軟剤入りは撥水性能を損なう可能性があります。

レインウエアの洗濯には中性洗剤かアウトドアウエア(汚れ落とし)専用洗剤を使うようにしましょう。

石鹸カスが残っていると撥水性の低下につながります。衣類用の一般的な洗剤を使いたくなりますが撥水性に影響を及ぼすので表面の汚れを落とすことだけを考えます。洗剤は無くても良いぐらいです。

レインウエアは脱水コースNG!撥水性の為には乾燥機も利用!

レインウエアは脱水コースを使用せずに熱が加わる乾燥機の利用が撥水性保持につながるというのです。どういうことなのでしょうか。

レインウエアは

  1. 防水仕様の為、すすぎコースの効果が得にくい!すすぎを1回分プラスして!
  2. 脱水コースを行わずに取り出して!
  3. 取りだしたらタオルなどで表面の水気を吸い取って!

レインウエアに洗剤が残ると撥水性が弱くなるとご説明しましたが生地の特徴からすすぎをしても生地に浸透しない為、なかなか洗剤が落ちにくいです。

その為すすぎを1回分多めに行います。そして脱水をすると防水のレインウエアは水が抜けないまま洗濯槽に予想以上の圧力でたたきつけられ、レインウエアも洗濯槽も負担が大きくなり好ましくありません。

すすぎの後に取り出し、タオルで押さえるようにして表面の水分を取り去ります。

乾燥機は適度の熱が加わり、撥水性を回復させやすいです。傘などの撥水性を取り戻す為にドライヤーを当てる裏技があるようにレインウエアと乾燥機は相性が良いです。

ただし、洗濯表示でNGならば乾燥機は使用せずにレインウエアに当て布をし、アイロンを浮かせながら熱だけを与えると良いです。(くれぐれもアイロンを生地にあてないように)

レインウエアの保存は必ず吊り下げで!専用の袋に入れるのはNG!

レインウエアは完全に乾いたら専用の袋に入れて収納したいところですがNGで必ず吊り下げたままにしておいてください。

レインウエアを洗濯後に専用袋にコンパクトに入れると折り目がついて痛みます。

経験すると分かるのですが入れっぱなしのレインウエアはどんなにしなやかな素材でも折り目ができてヒドイ時にはその折り目部分が裂けてしまい小さな穴になっていることもあります。乾燥が上手くいった後は、ハンガーに下げたまま保管しましょう。

まとめ

レインウエアの特徴を考えずに間違った洗い方をすると、性能に影響するということが理解できたと思います。

レインウエアは洗剤選びが重要で脱水コースはNGで乾燥は熱の力で撥水性の復活が期待できることや保存する際には吊り下げておくことが分かりました。次回の雨の日に気持ちよくレインウエアを着用する為に正しい洗濯をしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする