キリスト教式の葬儀で抑えておきたいポイントとは?

スポンサードリンク

訃報連絡を受けて気が動転してしまう中、更にキリスト教式で葬儀を行うと告げられたら何を準備して、どのように振る舞うか整理ができそうですか?

日本では一般的に仏式での葬儀が多い為、キリスト教式の参列が初めてという人もいるでしょう。キリスト教式の中にもカトリックとプロテスタントと宗派が違うと若干の違いもあります。

といっても実はキリスト教式は難しい事はないのですよ。聞き慣れないだけです。キリスト教式に参列する時に覚えておきたい重要なポイントは2点だけです。

御花料と献花についてです。献花?と簡単に言うけれど…と思うかもしれませんが、それも簡単です。ではご紹介します。

教会のイラスト

不祝儀袋は仏式と違う?

キリスト教式の葬儀では仏式のご霊前やご香典にあたる「御花料」と記したものを不祝儀袋に入れて渡します。

キリスト教式では通夜にあたるものが前夜式と呼ばれています。前夜式から参列する場合には御花料を不祝儀袋に入れて渡します。

不祝儀袋は仏式とは違いユリの花が描かれているものを使います

仏式では蓮の花が描かれていますが蓮は仏教に関連している為、キリスト教式では使いません。ユリが描かれている封筒を使います。また、水引も不要です。

しかし、仏式は予備を持っていてもユリの封筒は持っていないこともあります。文具店に行けば不祝儀袋の並びで見つけることが出来ます。でも…そのような時間もない時には

  • 白封筒でも構わない!

ただし郵便番号用のマスが書かれているものはNGです。それでもキリスト教式の袋が準備できない時は…

  • 仏式の不祝儀袋でも構わない!

ただし、ご霊前の印字や蓮の花が描かれていない無地を選びます。そして表書きを御花料と書きます。ここまでがキリスト教式のポイント1です。では、残りの重要なポイントをご説明します。

受付で御花料を渡す時にかける言葉は?

キリスト教式の場合、受付で御花料を渡す時には「安らかなお眠りをお祈りします。」「お知らせくださり、ありがとうございました。」と言います。

キリスト教では亡くなったら魂は既に天国に行ってしまい、体だけがお別れに残っている状態です。故人は既に神様の元に行き安らかに過ごしている為、そばに居なくて悲しいのは事実ですが仏式のようにひどくお悔やみを述べる必要はありません。

キリスト教式は焼香ではなく献花?

キリスト教式は仏式では当然の儀式の焼香はなく、献花を一人ずつ行います。その際の花の向きを間違える人や戸惑う人が多いのでそこをご説明します。

キリスト教式では焼香のように式の途中で並んで一人ずつ順番に献花をする時間があります。仏式と違うのは焼香なのか献花なのか…それだけです。緊張は不要です。流れは次の通りです。

  • 遺族の前で一礼します。
  • 係の人から花を1本渡されます。(花が右手、茎が左手になるように渡してくれます。)
  • その花をもって献花台へ進みます。

さて!ここからが迷う所なので「花が参列者側」と覚えましょう。

  • 右に45度回して花を手前側、茎を奥側に向けてささげます。
  • 信者などは手を組んだり、十字に切ったりしますが無宗教などの人は仏式のように手を合わせてもOKです。そして故人にお祈りや挨拶をします。
  • 牧師と遺族に一礼して戻ります。

これだけなのです。花をささげるときに迷う理由が明確にあります。遺影は献花台より奥に飾ってあるので、つい遺影に向かって花を向けたくなります。

そうなると参列者側には茎側が見えてしまいます。キリスト教式では花が参列者側なので全員の献花が終わると華やかな花のバックに遺影がある、故人を包み込むような景色が出来上がります。

ところが、最初に献花する遺族が間違ってしまうことがあり、そうなると前者同様にするしかなく、頭では理解していても同じ失敗を全員がしなくてはならないこともあります。実際にそういう場面がありました…。

要は心がこもっているかどうか…葬儀は故人を思う気持ちが大切だと思います。

まとめ

いかがでしたか?意外に難しくない!大丈夫かも!と思えてきませんか。自分は仏式の家に嫁ぎましたが里や親戚がキリスト教の為、キリスト教式にも参列する機会が多くあります。キリスト教といってもこんな式もあるのか…と驚いた印象に残る式がありました。

まさに「心温まるお別れ会」だったのです。葬儀場で行われました。キリスト教式ですが既に牧師とはお別れを済ませており、葬儀場に牧師はおらず、賛美歌もありませんでした。

式では故人に親しい人のスピーチやタブレットなどを利用した友人からのメッセージなど面白いエピソードなども語られ少し間違うと結婚式かと思うような、故人が友人たちと過ごした時間が思い浮かぶ温かい葬儀でした。

親しい人がいなくなることは悲しいには違いありませんが、仏式のように細かい決まり事がないキリスト教式です。緊張をほどいて、故人と過ごした時間を思い返す時間になるように心がけていれば大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする