ニジゲンノモリ 淡路島公園アニメパークでおすすめのアトラクションは?

スポンサードリンク

兵庫県淡路島にあるテーマパーク「ニジゲンノモリ」は夏休み、どこにも行けず、子供たちがどこかに行きたいというので、探し出したところです。

子供たちは、もちろん楽しめますが、大人も童心にかえって遊ぶことができます。ニジゲンノモリは、東京ドーム約28個分といわれるだけあって、とにかく広いです。

入場料は、無料です。緑が広がる、広大な広場で、遊ぶだけでも楽しめますが、やはり、料金をはらっても、アトラクションに挑戦することを、お勧めします。

昼間はアトラクションを楽しみ、夜は、ナイトウォークを楽しむことのできるテーマパークになっています。

アスレチックのイラスト

ニジゲンノモリってどんな場所?

兵庫県立淡路島公園にある、アニメパークです。東京ドーム約28個分の広大な敷地で、自然の中で、おもいっきり体を動かして遊ぶことができます。

無料で遊べるエリアと有料で遊ぶことのできるアトラクションがあります

クレヨンしんちゃんがテーマの「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」、NARUTOナルトがテーマの「NARUTO&BORUTO忍里」、火の鳥がテーマの「ナイトウォーク火の鳥」があります。

ニジゲンノモリにはレストラン、宿泊施設も、ついていますので、一日中、遊ぶことができます。家族連れにおすすめのテーマパークですが、カップルでも楽しめます。

ニジゲンノモリでおすすめのアトラクションは?

ニジゲンノモリでおすすめのアトラクションを紹介したいと思います。

クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク

クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークは、クレヨンしんちゃんのキャラクターが、いたるところで登場します。いろいろな写真を撮って回るのも、楽しいです。

チャレンジ!アクション仮面飛行隊!

「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」は、空中を滑空するジップラインです。

昼間は、225mと140mの往復2本のジップラインで、池の上を水上飛行します。向こう岸では、砲台があって、水が発射されますので、おもしろいです。

池の上を、シューっと滑空するのは、大人も子供もドキドキします。注意点は、

  • 「身長制限:110cm以上」
  • 「体重制限:25kg以上110kg未満」

となっていますので、子供さんの体重に、注意が必要です。

アッパレ!戦国大冒険!

「アッパレ!戦国大冒険!」は、戦国時代の砦のような巨大アスレチックです。難易度別に4つのコースがあって、小さな子供でも遊べる、地上高1mのコースから、地上高3.5m、4.5m、8mとあります。

  • 「童コース:難易度 星1つ:地上高1m 小学生以下 保護者同伴」
  • 「アッパレ!コース:難易度 星2つ:地上高3.5m 身長制限:120cm以上」

ボルタリングなどのアクティビティを楽しめます。

  • 「足軽コース:難易度 星3つ:地上高4.5m 身長制限:120cm以上」

はロープを渡ったりさまざまなアクティビティを楽しめます。

  • 「侍大将コース:難易度 星4つ:地上高8m 身長制限:120cm以上」

になると高さに加え複雑なアクティビティを楽しめます。体験してみると、まず、高さに足がすくみます。子供が、足をプルプルさせながら、一生懸命、進もうとする姿を見るのも、ハラハラしながら、楽しいです。

持っていったほうがよいアイテムは?

ニジゲンノモリには有料のアトラクション以外に、無料で遊べる公園があります。ローラースライダーのすべり台もあって楽しめます。

また、とても、広大な緑の広場で、遊ぶこともできますので、バトミントンや、フリスビーなど、遊ぶ道具を持参してもいいでしょう。

その際は、小さなテントや、レジャーシートがあると便利です。また、せせらぎのような、池もあって、水遊びも楽しめます。

タオルや着替えを持参するといいでしょう。淡路島の食材を使ったレストランもありますが、広場で、お弁当を広げるのも気持ちいいと思います。

ニジゲンノモリの駐車場は?

ニジゲンノモリには有料の場所と無料の場所があります。行きたいアトラクションの近くを調べていくことをお勧めします。

周辺のおすすめスポットは?

ニジゲンノモリのおすすめ周辺スポットに淡路ハイウェイオアシスがあります。神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアから直接、淡路ハイウェイオアシスにアクセスできます。

明石海峡から大阪湾まで見渡せますし、目の前で、明石海峡大橋を見ることができます。海を見渡しながら、食事やショッピングを楽しむことができます。

まとめ

今回私が体験できたのは、クレヨンしんちゃんのゾーンだけでしたが、十分楽しむことができました。子供たちは、アトラクションを満喫した後、無料の公園でも、存分に遊んでいました。

ローラー滑り台は、距離が長いので、楽しかったようです。水辺では、階段状の場所が、滝のように流れていることが、おもしろくて、なかなか帰らせてもらえませんでした。

レストランは、地元の食材を使っているということで、淡路の玉ねぎカレーがありました。お土産は、アニメのものが多いので、外に出て、淡路ハイウェイオアシスで購入しました。

ニックネーム:chibi

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする