おはぎは冷凍するとふっくら食べられる!おすすめの保存方法ご紹介!

スポンサードリンク

おはぎの作りたては、ふっくらとしていてご飯に近いような柔らかさで美味しいのですが、半日も放置すると硬くてお箸を通すのに力が必要です

それもそのはず「米」なので硬くなるのも仕方がないです。食べきれない状況がこれまでに多々あったので、美味しく保存する方法はないか?とたどり着いたのが冷凍保存方法です。

今回は、おはぎを美味しく保存する方法をご紹介します。硬くなって保存するのではなく、食べられない量を判断してさっさと保存する方が得策です。

では、さっそく気になるその方法についてご紹介します。

おはぎのイラスト

おはぎを冷凍保存する方法は?保存のコツは密封!

おはぎは冷凍保存して良い食材ですが保存にはちょっとしたコツが必要です。米からできているのでご飯を冷凍保存する要領を使うと美味しく食べられます。そのコツは何かというと、

  • おはぎを冷凍保存する時にはラップと密閉袋が好ましい!

おはぎは、一般的なご飯の冷凍保存よりは簡単です。理由は粒同士がくっついているから隙間が無いので空気が入りにくく、水分が飛びにくいのです。おはぎをつぶさない程度にしっかりとラップで包みます。そして更に密閉容器や袋などに入れて冷凍庫に入れます。

冷凍保存をしたおはぎの賞味期限はせいぜい2~3週間です。保存状態にもよりますが1ヶ月もするとパサパサ感が出てきますので気をつけてください。

それとおはぎを冷凍保存するコツはもう一つあります。それはといいますと、

  • おはぎを冷凍保存するタイミングは温かいうちがベスト!

おはぎを冷凍保存することは大変おすすめの方法ですが何よりタイミングに注意が必要で、温かいうちに処理することを心掛けてください。

蒸気が残っていてまだ生温かいおはぎのうちに冷凍保存することをおすすめします。蒸気ごとラップに閉じ込めることで、解凍した時に元のおはぎに近い食感にすることが出来ます。

スポンサードリンク

冷凍保存をしたおはぎの解凍方法は?

おはぎをご紹介した方法で冷凍保存をした際の解凍方法をご紹介します。

自然解凍でも問題ないのですが、おすすめするのはレンジで解答する方法です。なぜレンジがおすすめなのか理由をご紹介します。おはぎ特有の理由があります。

その前にレンジでチン(レンチン)する場合も少しコツがあります。「冷凍保存をしたおはぎをレンチンすると中心部に熱が入りすぎて硬くなることがある!」からです。

最近のレンジは食材全体にムラなく熱が通るようになったとはいえ、やはり中心部だけ熱いことがあります。おはぎの場合は中心部の米が硬くなりすぎていることがあるので次の方法をおすすめします。

自然解凍かレンジの解凍機能を使った後に軽くレンチン!

おはぎは自然解凍するだけでも食べられますが、中まで自然解凍するには時間がかかりますし所詮冷たいおはぎのままです。

そこで中心部までムラなく熱を通す為に一旦ある程度まで解凍させておき、仕上げにレンチンをするとふっくら柔らかいおはぎを食べることが出来ます。

ここで少しコツがあります。それは「冷凍保存をしたおはぎはラップをゆるめてレンチン!」することです。

おはぎからラップを外すことが出来れば、外してもう一度ゆるめに包みます。冷凍したままのラップでレンチンすると蒸気を含んでラップがパンパンに広がってしまいます。

危ない上に熱のムラができてしまい硬い場所が出来る可能性があります。その為、自然解凍とラップをゆるめてのレンチンがおすすめなのですがお急ぎの時は少しずつ加熱して様子を見張っていましょう。取り出す際にはやけどをしないようにご注意下さい。

おはぎの解凍にレンジがおすすめなのは米のでんぷんが関係!

米は炭水化物であり、でんぷんで出来ています。でんぷんは水分を加えて加熱すると吸水して膨張する性質があります。その為、水分を含んだうちにラップで巻き、レンチンで熱を加えると元の柔らかいふっくらしたおはぎに戻るという仕組みです。

冷めて硬くなってしまったおはぎも冷凍保存できる?

うっかり残ってしまったおはぎは冷めて硬くなっていますが、それでも冷凍保存は可能です。同様の方法で冷凍保存します。冷凍保存しても硬くなったおはぎを美味しく食べることが出来ます。

硬くなったおはぎでも冷凍保存がおすすめできる理由はでんぷんに関係しております。

ご紹介したでんぷんの性質上、水分と熱があれば膨張して柔らかくなります。食べる際には自然解凍でなるべく水滴などを溜めてレンチンすると良いです。いきなりレンチンすると熱ムラにより硬いままの部分が発生します。

ただし、数日経過したような賞味期限切れのおはぎは、そもそも食べられないものなので冷凍保存せずに捨ててください。

まとめ

おはぎは冷凍保存すると、元のふっくらしたおはぎの状態で食べることができる為、冷凍庫やレンジと相性が良い食べ物です。一気に無理して食べることなく、美味しく食べることを考えて最初から冷凍保存をしておきましょう。

解凍方法は米の性質を理解して水分と熱を上手に利用して食べましょう。この方法が分かれば、おいしいおはぎ屋を通る際には多めに買ってもしばらくは幸せな気分を味わえますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする