粉洗剤と液体洗剤とジェルボールの効果的な使い分け方とは?

スポンサードリンク

衣類洗剤には粉洗剤や液体洗剤が販売されていますが、好みの問題で選んでいるのでしょうか?そして今やジェルボールという洗剤まで出てきました。

それぞれにメリットとデメリットがあります。洗浄力で選ぶのか、すすぎが少ないタイプを選ぶのか、それとも手が汚れないおしゃれ感のある洗剤を選ぶのか、お財布事情なのか家庭の洗濯状況に応じて選んでみませんか?

今回はまずは効果的な使い分け方法をご紹介します。それから洗剤の特徴をご説明します。普段は1種類しか洗剤を使っていなかった人もこの機会に洗剤を使い分けてみませんか?では、ご説明していきます。

粉洗剤と液体洗剤のイラスト

粉洗剤と液体洗剤とジェルボール!目的別にコレを選べば効果的!

使いやすや特売品だからと同じ洗剤を使うことも多いと思いますが目的別に粉洗剤や液体洗剤やジェルボールを使い分けると効果的に洗濯ができます。あなたの洗濯事情に近いのはどれですか?

洗浄力で選ぶなら粉洗剤が断然おすすめ!

洗浄力:粉洗剤>ジェルボール>液体洗剤

ジェルボールは液体洗剤を固めただけ?のような気がするのですが泡立ち成分も配合されている為、洗浄力が高い粉洗剤の洗浄力に近い力を発揮できます。

溶けやすさで選ぶなら液体洗剤

水への溶けやすさ:液体洗剤>ジェルボール>粉洗剤

水でも布に洗剤成分が浸透するのは液体洗剤の得意とするところです。反対に粉洗剤は水には溶けにくく、ダマになることもあり使いにくいです。

使いやすさで選ぶならジェルボール

使いやすさ:ジェルボール>液体洗剤>粉洗剤

言わずと知れたジェルボールの良さは手を汚さずに片手でポンッと洗濯機に洗剤を入れられることです。粉洗剤を使う際には水に溶けにくいため、効果を発揮させるに一度お湯で溶くのが良いとされています。その手間は面倒です。

安さで選ぶなら粉・液体洗剤

コスト安い順:粉洗剤>液体洗剤>ジェルボール

手軽で手が汚れずにおしゃれに使えるジェルボールはまだまだコスト高い上に、液体や粉のように分量調整ができないので不便です。

すすぎ水量が少ないのは液体洗剤

すすぎ水量少ない順:液体洗剤>ジェルボール>粉洗剤

粉洗剤はすすぎをしっかり行わないといけません。液体洗剤は布に浸透する上に、すすぎも早くでき便利です。

スポンサードリンク

このようにメリットとデメリットを持っています。その時の洗濯物によって使い分けると効果的です。では、それぞれの洗剤について細かく特徴を見ていきましょう。

粉洗剤の特徴は泡立ちによる汚れ落としは完璧! ユニフォームに!

粉洗剤は他の2つの洗剤とは大きく違う成分がある為、泡立ちが良く、頑固な汚れにも働きかける運動部ママの味方と言えます。しかし、忙しい家事をこなす中で溶けにくいことが使いにくさや敬遠に結びついているのではないでしょうか?

<特徴>

  • 粉洗剤はアルカリ性=泥などの頑固汚れを落とす!
  • 洗剤がダマになって溶け残ることがあり、湯で溶くと良いものの…手間がかかる!
  • すすぎで洗剤が抜けにくい

つまり、幼児や屋外運動部のユニフォームなどの泥汚れを洗濯する時に役立つ洗剤だと言えます。また、お湯を使うと粉洗剤が溶けやすい上に皮脂汚れも適温で落としやすい傾向にあります。

液体洗剤の特徴は溶けやすく布に浸透し易い!衣類全般に!

今や一般的に使用されている液体洗剤は溶けやすく汚れもほぼ取ってくれて、手軽でコスパが良いことが使い続けている要因になっているようです。

<特徴>

  • 界面活性剤
  • すすぎが少なくても洗剤残りの心配無用

界面活性剤は簡単に言えば繊維に浸透し易くする成分で普段の洗濯は可もなく不可もなく汚れが落ちて無難に使われているといった感じです。シミ汚れにはそのまま洗う前に、ポイント漬け置きなどすると良いです。

ジェルボールはおしゃれで簡単に使える!でも高い!

ジェルボールは液体洗剤とほぼ同じ特徴ですが、さらに手軽に簡単に使うことができて一度使うと他の洗剤に戻れないという噂も聞きます。価格さえ問題がなければリピート間違いないしです。

ただしジェルボールを使う際に注意してほしいことがあります。小さいお子様がいる家庭では絶対に子供の手が届くところに置かないことです。ゼリーのような感覚で口にする可能性があります。

まとめ

粉洗剤と液体洗剤とジェルボールの特徴やメリットとデメリットが分かり、洗剤を使い分けした方が良さそうだと思えてきませんでしたか?

一般的な衣類には液体洗剤で十分ですが泥んこ汚れが気になる衣類が多いご家庭には粉洗剤が強い味方になります。少々高くても構わないご家庭には便利なジェルボールが良いです。特売を狙ってジェルボールを一度使ってみるのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする