関門海峡花火大会は駐車場の確保が困難!おすすめの対策は?

スポンサードリンク

関門海峡花火大会は毎年8月13日に開催されいる花火大会です

山口県下関市と福岡県北九州市門司区の両サイドから花火が打ち上げる毎年たくさんの観覧客が来場しています

昭和63年にふるさと関門は元気です合言葉に下関と門司で同時開催され2018年に31回目を迎えましたじゃらんネットニュースでの国内人気花火大会ランキングでは7位に入賞しました下関側はあるかぽーと地区および22号岸壁周辺から花火が打ち上げられます

関門海峡花火大会

関門海峡花火大会に車で行くなら、まずは駐車場の確保が最優先

関門海峡花火大会に行かれる際に注意してほしいポイントが駐車場の確保です

比較的花火の観覧場所は確保できるのですが花火の打ち上げ場所であるあるかぽーと周辺で駐車場を確保することが難しく毎年多くの方が駐車場の確保に奮闘しています

とは言っても下関市内の駐車場って予約制でないものがほとんどです私のおすすめは前日もしくは前々日から下関市内にお越しになられるという作戦です下関市内のホテルを予約して花火大会だけでなく他の下関観光スポットも楽しんでしまいましょう

関門海峡花火大会が始まる前はここで楽しむ

関門海峡花火大会の本番は夜なのですが先程記述したように駐車場の確保の為に早い時間から会場付近を訪れる人がたくさんいますそんな方の為にあるかぽーと付近で楽しめる場所をご紹介いたします

まずは海響館こちらは下関市の水族館ですペンギン村というコーナーを設立し日本一のペンギン飼育数を誇っています5月に赤ちゃんペンギンが生まれたばかりなのでぜひ会いに行ってみてください

花火大会当日はもちろん来場者が増えて混雑することが予想されますが素敵な思い出になること間違いなしですまたその海響館から少しだけ離れた場所にあるはいからっと横丁もおすすめです

大観覧車やコースターなどお子様連れで楽しむことができる遊園地ですこの遊園地は入場料は無料となっていて1つの乗り物に乗るごとに料金がかかる仕組みになっています大観覧車から下関市の風景を見下ろしてみませんか

食事をするならここがおすすめ

関門海峡花火大会に行くなら食事におすすめな場所が、あります打ち上げ場所であるあるかぽーと地区のカモンワーフという場所にいくつか飲食店が連なっています

中でも中華料理屋の敦煌は海側からガラス張りになっていて店内から海を眺めることができるのはもちろんその窓ガラスの向こう側にテラス席もあるんです

また先程ご紹介したはいからっと横丁付近にもチェーン店にはなってしまうのですがジョリーパスタやココス生そばあずまがあります

反対側の赤間神宮方面になりますと少しお高めのお店でイタリアンレストランRistoranteFeliceあります

上質なイタリアンをお求めの方はこちらを検討してみてください当日はどのお店も混み合うと思いますので予約可能であればしておいた方がいいでしょう

急にピンチに関門海峡花火大会のトイレ事情

こういった野外イベントの際に気になるのってやはりトイレについてではないでしょうか関門海峡花火大会で利用できるトイレの場所をいくつかお話しておきましょうまず飲食店内のトイレを利用するというのも1つの手です

混雑してしまうでしょうがトイレのみ借りたいということを一言伝えれば貸してくれるお店がほとんどです

そしてスーパーやコンビニ内のトイレです打ち上げ場所から近いスーパーとしてはサンリブがあります唐戸の商店街内にあるので打ち上げ場所からは少し離れていますがこちらのトイレを利用するといいでしょう

コンビニで1番打ち上げ場所から近いのはファミリーマートですグランドホテル下関付近にあります

まとめ

関門海峡花火大会は2019年で32回目を迎える長い歴史を持った花火大会です
その噂を聞きつけ年々来場者も増えているようです下関市民としては嬉しいことですがそうなると当日の交通渋滞や打ち上げ場所付近の混雑は避けることができません
花火大会が始まる前はもちろん実は帰宅時にも凄い渋滞が起きます車でお越しの方は交通規制や渋滞によって引き起こされる事故にくれぐれも注意してください来場された皆様が気持ちよく花火大会を楽しめることを願っています
ニックネーム:wayu
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする