長期連休にカフェ巡りのすすめ!徹底的にテーマを絞るのが秘訣!

スポンサードリンク

GWやシルバーウィークなど最近は何かと長期連休が取りやすくなってきました。

この機会に遠方まで旅行をしたいところですが、飛び石で仕事があったり子供の部活動がある為に宿泊を伴う移動は出来なかったり、一人で過ごすので長期連休であっても普通に終わっていきそうな人など皆それぞれお悩みの様子が伺えます。

長期連休の楽しい過ごし方としては、旅行に行くことができないような方でもテーマを決めることで有意義な連休にすることが出来ます。今回は長期連休中に近場でできるカフェ巡りにふさわしいテーマのご提案をします。是非、参考になさってみてください。

コーヒーのイラスト

長期連休のカフェ巡りのおすすめのテーマ5つ!

長期休暇にカフェ巡りする際のおすすめのテーマを5つご紹介します。近場であっても初めて行くカフェで新発見することも多くあります。

口コミ情報の上位にランクインしているカフェに絞って制覇することやパンケーキやパフェなど一定の商品に絞ってさまざまな店に行ってみるなど楽しみ方は色々です。

この方法だとカップルや一人でも、そして部活動に子供が行っている間の夫婦のちょっとした行動につながります。

テーマ1:カフェ巡りは口コミ上位ランクを狙って!

口コミが良い店は行列を作っていることもあり得ますが、長期連休中なので時間がかかっても心に余裕があります。そして、並び疲れたとしても翌日も休み!だと思うと並んだことなど問題になりません。

テーマ2:パンケーキやパフェやなど1つの商品だけで店巡り

たとえば普段は近場のいつものパンケーキを食べている人は、是非パンケーキに絞って色々な店を楽しんでみませんか?トッピングや焼き加減や厚さなど店により全く異なる為、毎回感動が生まれます。おいしいかどうかもチェックして、今後の参考にしましょう。

テーマ3:高いコーヒー巡りに挑戦する

コーヒーはピンキリで安いものはカフェでは200円などで飲むこともできますが、驚きの桁違いで一杯2,000円などのコーヒーもあります。おなじみのスターバックスでも以前にパナマ アウロマール ゲイシャが一杯2,000円程度で販売されていました。

普段なら手を出すことがない一番高いコーヒーを飲んでみませんか?旅行に行ったと思えば安いものです。テーマがあることで高いコーヒーを飲んだことが楽しい体験談に変わります。

テーマ4:お気に入りのコーヒーカップをリクエストしてみる

カフェなどでは共通のコーヒーカップであることが多いのですが、コーヒー専門店などではコーヒーカップがキッチンに並べられており、お客に合ったコーヒーカップを選んで出しています。

そこでせっかくなのでカップのリクエストをしてみましょう。ブランドものやカップの飲み口の厚さなどの違いもなかなか楽しめます。

まれに頑固で無口な店主などだとリクエストに応じてくれないところもあります。様子を見て頼んでみましょう。カップの由来などに花が咲くと楽しいです。

テーマ5:金額設定をしてカフェ巡り!コスパが分かる!

高いコーヒー巡りも楽しいですが、テーマ5では金額を設定して楽しみます。たとえば1店あたり1,000円と決めます。その予算内でどの程度、飲食物を得ることができるのか?それによりコスパの良さがハッキリと分かります。

長期連休中のカフェ巡りは日本栽培コーヒー豆探し!

長期連休中のカフェ巡りで日本栽培のコーヒー豆を追いかけて旅行してみるのはいかがでしょうか?

やはり旅行は…という場合は通販でコーヒー豆や紅茶や抹茶などを探してみましょう。通販だからこそ手軽に珍しいフレーバーなどが手に入り、連休が終わってからも到着を待つ楽しみが出来ます。通販の国産コーヒーやフレーバーティーは次の店などがあります。

国産コーヒー豆が買える通販

  • 琉球本舗:名護コーヒーは無農薬の沖縄県産のコーヒー
  • ノアコーヒー:100%沖永良部島コーヒー

通販だと日本産を既存のコーヒーの味と飲み比べられるので自宅で楽しめます。紅茶はフォション(gあたり2,000円前後)やルピシエ(フレーバーティーg8,000円!も)などが有名ですが、この機会に飲んでみたいブランドは次のものです。

  • マックウッズ
  • テイラーズオブハロゲイト
  • ロンネフェルト

それぞれgあたり1,700円程度です。

まとめ

近場のカフェ巡りだと時間調整ができるので家族や仲間に気兼ねなく動くことができますね。徹底的にテーマを決めることでより楽しくカフェ巡りができることが伝わりましたでしょうか?テーマを絞った方が、だらだら過ごした感がありません。長期連休をやり遂げた感を得ることでしょう。是非、有意義な長期連休をお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする